はじめに


・このブログの方針につきまして
・自己紹介 
・おすすめ無料記事
・Twilog
・訂正記事 ・反論記事

単著ほか最近の仕事

・岡和田晃の最新の仕事はこちらから見られます!

※最新の評論『反ヘイト・反新自由主義の批評精神』が出ました。2008年から18年まで書いてきた、「純文学」とポストコロニアルなテーマを精選した批評集です。
エクリプス・フェイズ (Role&Roll RPG)

エクリプス・フェイズ (Role&Roll RPG)

※『エクリプス・フェイズ』日本語版ルールブックが、発売となりました。岡和田晃は翻訳チームに参加しています。スペースオペラサイバーパンクが融合した本格SF-RPGの世界を日本語でご堪能下さい。A4変形フルカラー400ページです。圧倒的情報量にも関わらずプレイアブル。日本語版の公式サイトで、サマリー形式の簡易ルール&シナリオ「ヘリオンズ・エッグ」、サンプルキャラクター等を無料でダウンロードできます
ガンドッグゼロ リプレイ アゲインスト・ジェノサイド (Role&Roll Books) (Role & RollBooks)

ガンドッグゼロ リプレイ アゲインスト・ジェノサイド (Role&Roll Books) (Role & RollBooks)

※『アゲインスト・ジェノサイド』は初の単著、自信作です。ロールプレイングゲームの可能性を引き出すべくつとめました。
「世界内戦」とわずかな希望〜伊藤計劃・SF・現代文学 (TH Series ADVANCED)

「世界内戦」とわずかな希望〜伊藤計劃・SF・現代文学 (TH Series ADVANCED)

※『「世界内戦」とわずかな希望』は、第二単著です(日本図書館協会選定図書になりました)。詳しくはこちらのエントリをご覧ください。また、収録記事「二十一世紀の実存」に脱落がありますが、版元のサイトで完全版をPDF形式でダウンロードできます。
※『向井豊昭の闘争』は第三単著。未來社のPR誌「未来」の連載を大幅に加筆改稿したもので、書き下ろしの第三章、詳細な作品リストもついています。帯は笙野頼子さんが書いてくださいました。
※『向井豊昭傑作集』は、編集、解説、年譜作成を担当しました(こちらも日本図書館協会選定図書になりました)。
北の想像力 《北海道文学》と《北海道SF》をめぐる思索の旅

北の想像力 《北海道文学》と《北海道SF》をめぐる思索の旅

※『北の想像力』は、統括と編集を担当いたしました。特設サイトはこちら! 日本SF大賞最終候補&星雲賞参考候補となりました。
アイヌ民族否定論に抗する

アイヌ民族否定論に抗する

アイヌ現代思想史研究者のマーク・ウィンチェスターさんとの共編で、レイシズムヘイトスピーチ歴史修正主義に反対する本を作りました。『アイヌ民族否定論に抗する』です。全国学図書館協議会選定図書となりました。
※『「世界内戦」とわずかな希望』は、第四単著です。2013年から2017年に書いた批評を集成しています。特にRPG論を入れられたのは、苦労しただけに感慨深いものがあります。
ベア・ダンジョン+ベア・カルトの地下墓地+運命の審判 (T&Tアドベンチャー・シリーズ4)

ベア・ダンジョン+ベア・カルトの地下墓地+運命の審判 (T&Tアドベンチャー・シリーズ4)

※J・ピーターズ『ベア・カルトの地下墓地』レベル1を全訳し、レベル2を杉本=ヨハネさんと共同制作しました。自信作です。
※『ブラマタリの供物』の設定協力と解説を担当いたしました。
※『こころ揺らす』に、岡和田晃のインタビューが掲載されています。
トンネルズ&トロールズ完全版BOOK

トンネルズ&トロールズ完全版BOOK

※『トンネルズ&トロールズ完全版BOOK』に翻訳を担当した『アンクル・アグリーの地下迷宮』が同梱されています。
ウォーロックマガジンvol.3

ウォーロックマガジンvol.3

※「無敵の万太郎とシックス・パックの珍道中(ワンダリング・アドベンチャー)“~そして、恐怖の街へ~”」および「FFによる遊戯史学のススメ」が掲載されています。

献本について

 このブログやTwitterにて、アトランダムに献本いただいた作品を紹介しています(原則として商業媒体の新作。すべてを紹介できているわけではありません)。文芸時評をやっている関係上、文芸誌の献本については原則、ウェブログでの紹介はいたしません。時評や書評に間に合った場合、そちらに替えさせていただくこともあります。

 3月24日の文学フリマ前橋で、「THaNATOS6 小さなお茶会 図子慧✕岡和田晃ミニトーク~愛はこぼれるqの音色を聞いてみよう」が開催

 3月24日の文学フリマ前橋で、「THaNATOS6 小さなお茶会 図子慧✕岡和田晃ミニトーク~愛はこぼれるqの音色を聞いてみよう」が開催されます。
新刊の先行発売を記念したイベントで、図子慧さんをゲストに、聞き手を私が務めさせていただきます。
・13時~(参加無料)
文学フリマ前橋会場内特設コーナー

愛は、こぼれるqの音色 (TH Literature Series)

愛は、こぼれるqの音色 (TH Literature Series)

 

 

 

「ウォーロック・マガジン」Vol.3に「無敵の万太郎とシックス・パックの珍道中(ワンダリング・アドベンチャー)“~そして、恐怖の街へ~”」および「FFによる遊戯史学のススメ」が掲載

ウォーロック・マガジン」Vol.3に、『トンネルズ&トロールズ完全版』のソロ・アドベンチャー「無敵の万太郎とシックス・パックの珍道中(ワンダリング・アドベンチャー)“~そして、恐怖の街へ~”」および「FFによる遊戯史学のススメ」が掲載されています。万太郎も、3レベルまで成長。キャンペーンゲームのクライマックス! “恐怖の街”ガルをとりまく陰謀とは?!
 中山将平さんの漫画「はじめてのアンクル・アグリーズ・アンダーグラウンド」のゲームマスターもさせていただきました。
 「FFによる遊戯史学のススメ」も掲載。こちらでは、〈ファイティング・ファンタジー〉シリーズからの広がりとして、『混沌の渦』、フランスでのFFやゲームブック受容、そして、児童文学ファンタジーゲームブックの連動について触れています!

ウォーロックマガジンvol.3

ウォーロックマガジンvol.3

 

 

4Gamer.netに、『ゴブリンスレイヤーTRPG』の先行リプレイを書きました。

 4Gamer.netに、『ゴブリンスレイヤーTRPG』の先行リプレイを書いています。豪華コンポーネントで発売への期待が高まるオールドスクールファンタジーRPGゴブリンスレイヤーTRPG』の先行リプレイを4Gamerに寄稿しました。ゲームマスターは原作の蝸牛くもさん。プレイヤーはマフィア梶田さん、岡田篤宏さんと豪華メンバー、ボリューム満点の内容です!

 今回は、私にとって久しぶりの商業リプレイとなりました(監修はたくさんしてますが、メインとしては)。編集さんの親身なアドバイスを受けながら、「システムの醍醐味を伝えること」、「会話の自然な流れで臨場感を出すこと」、「実セッションで起きた意外な展開の面白さを書くこと」を意識しました。
 『ゴブリンスレイヤーTRPG』は「GMマガジン」で製作日誌が連載されています。特に『D&D』、『ソード・ワールド』、『ファイティング・ファンタジー』などが好きな方、この作品は響くはず。www.4gamer.net

幻戯書房noteに向井豊昭「竜天閣」が掲載

 『骨踊り 向井豊昭小説選』(幻戯書房)の発売を記念し、向井豊昭「竜天閣」(1966、「手」4号)が幻戯書房noteに全文掲載されました。

note.mu

  この作品については『北の想像力』で詳しく論じています。

北の想像力 《北海道文学》と《北海道SF》をめぐる思索の旅

北の想像力 《北海道文学》と《北海道SF》をめぐる思索の旅

 

 

図子慧『愛は、こぼれるqの音色』の解説を書きました

 実力派のSF・ミステリ作家、図子慧さんの久々の新刊『愛は、こぼれるqの音色』(アトリエサード)の解説を担当させていただきました。いまのSFシーンに最も欠けている、ジェンダーの問題の思弁を扱い、深く切り込んだ傑作です。3月24日の文学フリマ前橋で先行販売されるとのこと。

愛は、こぼれるqの音色 (TH Literature Series)

愛は、こぼれるqの音色 (TH Literature Series)

 

 

「図書新聞」2019年3月16日号に、「〈世界内戦〉の文芸時評 第四九回 抒情へと頽落せず、「空白をコントロール」せよ!」が掲載

 発売中の「図書新聞」2019年3月16日号に、「〈世界内戦〉下の文芸時評 第四九回 抒情へと頽落せず、「空白をコントロール」せよ!」が掲載されています。今回は連載5年め突入の抱負とでも言うべき号。以下の作品に言及しています。

山本貴光「季評 文態百版」(「文藝」)
・宮下遼「青痣」(「群像」)
加藤秀行「バルコニー」(「新潮」)
横田創「わたしの娘」(「しししし」)
横田創×山城むつみ「『落しもの』をめぐって」(「しししし」)
・川上亜紀『チャイナ・カシミア』(七月堂)および表題作と「北ホテル」
笙野頼子「知らなかった」(『チャイナ・カシミア』)
小山田浩子「ねこねこ」(「群像」)
・「三田文學」の特集「現代詩の明日へ」
鈴木一平「詩と実在と感覚――言語表現におけるオブジェクトの制作過程」(「三田文學」)
宗近真一郎「Xと抒情詩の闘いでは、抒情詩を支援せよ――(ポスト)戦後詩における反復強迫の解除をめぐって」(「三田文學」)
藤沢周「渺々」(「三田文學」)
・奥間埜乃『さよなら、ほう、アウルわたしの水』(書肆山田)および同書より「ガーダ」、「抒情の花」
スーザン・ソンタグ『ラディカルな意志のスタイルズ [完全版]』(管啓次郎波戸岡景太訳、河出書房新社
・研生英午「瑞花 第四章 芍薬」(「鹿首」)
・水下暢也『忘失について』(思潮社
時里二郎『名井島』(思潮社
古川日出男「三たび文学に着陸する――古事記銀河鉄道の夜豊饒の海」(「新潮」)
山尾三省『新版 狭い道 家族と仕事と愛すること』(野草社)
・天草季紅「日まはり」(「鹿首」)

 その他、村上春樹横田創『埋葬』、後藤明生ゴーゴリ『外套』、スーザン・ソンタグ『反解釈』などにも触れています。