はじめに


・このブログの方針につきまして
・自己紹介 
・Twilog
・訂正記事 ・反論記事

単著ほか最近の仕事

・岡和田晃の最新の仕事はこちらから見られます!

※最新の評論『反ヘイト・反新自由主義の批評精神』が出ました。2008年から18年まで書いてきた、「純文学」とポストコロニアルなテーマを精選した批評集です。
エクリプス・フェイズ (Role&Roll RPG)

エクリプス・フェイズ (Role&Roll RPG)

※『エクリプス・フェイズ』日本語版ルールブックが、発売となりました。岡和田晃は翻訳チームに参加しています。スペースオペラサイバーパンクが融合した本格SF-RPGの世界を日本語でご堪能下さい。A4変形フルカラー400ページです。圧倒的情報量にも関わらずプレイアブル。日本語版の公式サイトで、サマリー形式の簡易ルール&シナリオ「ヘリオンズ・エッグ」、サンプルキャラクター等を無料でダウンロードできます
ガンドッグゼロ リプレイ アゲインスト・ジェノサイド (Role&Roll Books) (Role & RollBooks)

ガンドッグゼロ リプレイ アゲインスト・ジェノサイド (Role&Roll Books) (Role & RollBooks)

※『アゲインスト・ジェノサイド』は初の単著、自信作です。ロールプレイングゲームの可能性を引き出すべくつとめました。
「世界内戦」とわずかな希望〜伊藤計劃・SF・現代文学 (TH Series ADVANCED)

「世界内戦」とわずかな希望〜伊藤計劃・SF・現代文学 (TH Series ADVANCED)

※『「世界内戦」とわずかな希望』は、第二単著です(日本図書館協会選定図書になりました)。詳しくはこちらのエントリをご覧ください。また、収録記事「二十一世紀の実存」に脱落がありますが、版元のサイトで完全版をPDF形式でダウンロードできます。
※『向井豊昭の闘争』は第三単著。未來社のPR誌「未来」の連載を大幅に加筆改稿したもので、書き下ろしの第三章、詳細な作品リストもついています。帯は笙野頼子さん。
※『向井豊昭傑作集』は、編集、解説、年譜作成を担当しました(こちらも日本図書館協会選定図書になりました)。
北の想像力 《北海道文学》と《北海道SF》をめぐる思索の旅

北の想像力 《北海道文学》と《北海道SF》をめぐる思索の旅

※『北の想像力』は、統括と編集を担当いたしました。特設サイトはこちら! 日本SF大賞最終候補&星雲賞参考候補となりました。
アイヌ民族否定論に抗する

アイヌ民族否定論に抗する

アイヌ現代思想史研究者のマーク・ウィンチェスターさんとの共編で、レイシズムヘイトスピーチ歴史修正主義に反対する本を作りました。『アイヌ民族否定論に抗する』です。全国学図書館協議会選定図書となりました。
※『「世界内戦」とわずかな希望』は、第四単著です。2013年から2017年に書いた批評を集成しています。
ベア・ダンジョン+ベア・カルトの地下墓地+運命の審判 (T&Tアドベンチャー・シリーズ4)

ベア・ダンジョン+ベア・カルトの地下墓地+運命の審判 (T&Tアドベンチャー・シリーズ4)

※J・ピーターズ『ベア・カルトの地下墓地』レベル1を全訳し、レベル2を杉本=ヨハネさんと共同制作しました。
※『ブラマタリの供物』の設定協力と解説を担当いたしました。
※『こころ揺らす』に、岡和田晃のインタビューが掲載されています。
トンネルズ&トロールズ完全版BOOK

トンネルズ&トロールズ完全版BOOK

※『トンネルズ&トロールズ完全版BOOK』に翻訳を担当した『アンクル・アグリーの地下迷宮』が同梱されています。
ナイトランド・クォータリーvol.17 ケルト幻想〜昏い森への誘い〜

ナイトランド・クォータリーvol.17 ケルト幻想〜昏い森への誘い〜

ナイトランド・クォータリーvol.18 想像界の生物相

ナイトランド・クォータリーvol.18 想像界の生物相

※「ナイトランド・クォータリー」Vol.16から編集に参画し、このVol.17から編集長になりました。
傭兵剣士 (T&Tアドベンチャー・シリーズ7)

傭兵剣士 (T&Tアドベンチャー・シリーズ7)

※ジェームズ・ウィルソン「傭兵剣士」「青蛙亭ふたたび」の翻訳チェック・多人数シナリオ寄稿、続編の「無敵の万太郎とシックス・パックの珍道中」と「〈黒のモンゴ―〉の塔ふたたび」が掲載されています。心意気としては第六単著のつもりです。

献本について

 このブログやTwitterにて、アトランダムに献本いただいた作品を紹介しています(原則として商業媒体の新作。すべてを紹介できているわけではありません)。文芸時評をやっている関係上、文芸誌の献本については原則、ウェブログでの紹介はいたしません。時評や書評に間に合った場合、そちらに替えさせていただくこともあります。

第18回小熊秀雄朗読会での朗読の動画が公開

詩誌「フラジャイル」主宰の柴田望さんのご尽力により、第18回小熊秀雄朗読会(2019年8月24日 旭川市ときわ市民ホール)での岡和田晃の朗読の動画が公開されました。

朗読 岡和田晃(文芸評論家)
2019年8月24日 旭川市ときわ市民ホール

 

youtu.be

・「イシスのヴェエルをめくって」
・「恍惚のベアータ」
・「海賊コンラッドの出奔」(「フラジャイル」6号)
  ~詩集『掠れた曙光』(著・岡和田晃 幻視社)より

以上3作品の朗読に、簡単な解説を添えました。

岡和田晃の第一詩集『掠れた曙光』については初版が完売しており、増刷を検討中です。akiraokawada@gmail.comにまでご連絡いただければ、増刷時にお送りいたします。

 

「図書新聞」2019年10月19日号に、大川純彦『暁鐘 「五・四運動」の炎を点けし者 ―革命家 李大釗の物語―』(藤田印刷エクセレントブックス)

 発売中の「図書新聞」2019年10月19日号に、大川純彦『暁鐘 「五・四運動」の炎を点けし者 ―革命家 李大釗の物語―』(藤田印刷エクセレントブックス)の書評「五・四運動より百年、革命の源流と内実を読みやすく紹介 日本会議的なものが否定する反植民地主義の源流を知るために」が掲載されました。

暁鐘「五・四運動」の炎を点けし者―革命家李大釗の物語

暁鐘「五・四運動」の炎を点けし者―革命家李大釗の物語

 

 

 

 今回も並びが面白く、上にウェイリー版『源氏物語』(毬矢まりえ+森山恵訳)の書評(藤井貞和)も載っています。

f:id:Thorn:20191012175438p:plain

 

「図書新聞」2019年10月12日号に、高橋志行さんによる『傭兵剣士』書評が掲載

本日発売の学術書評紙「図書新聞」2019年10月12日号に、立命館大学衣笠総合研究機構研究員の高橋志行さんによる「古典ダンジョンは何度でも甦る」と題した、ジェームズ・ウィルソン、岡和田晃著、安田均清松みゆき訳『傭兵剣士』(グループSNE、書苑新社)の書評が掲載されています。ぜひお読みを!

 

「図書新聞」2019年10月12日号に、「〈世界内戦〉下の文芸時評」第五六回 敗北主義を瀰漫させる鈍感さと、振り上げるべき剣のかたち」が掲載

 本日発売の「図書新聞」2019年10月12日号に、「〈世界内戦〉下の文芸時評」第五六回 敗北主義を瀰漫させる鈍感さと、振り上げるべき剣のかたち」が掲載されています。
 今号は台風一五号によって千葉県南部が甚大な被害に遭ったにもかかわらず、対応よりも組閣人事とその発表を優先させた政府を批判しつつ、以下の作品に触れています。

 

今野晴貴/藤田孝典編『闘わなければ社会は壊れる 〈対決と創造〉の労働・福祉運動論』(岩波書店
・渡辺寛人「ソーシャルビジネスは反貧困運動のオルタナティブか?」(『闘わなければ社会は壊れる』)
・宮田惟史「経済システムの停滞と転換」(『闘わなければ社会は壊れる』)
山本貴光「お金のつくり方」(「すばる」)
・前澤ゆう子「医療・福祉労働の実践を通して『事件』を考える」(労働者文学賞
・宮内義富「一人ひとりを大切にする~日本の精神科医療・障害者福祉を通して考えてきたこと」(「逍遥通信」)
・白川一「日当五百円」(労働者文学賞佳作)
・篠田佳希「彩子の朝」(「民主文学」)
磯部涼の新連載「令和元年のテロリズム」(「新潮」)
古川日出男曼陀羅華X 1994-2003」(「新潮」)
玖村敦彦『日本の歩みを強く危惧する 93歳の原爆体験者からの訴え』(寿郎社
・水出みどり『泰子』(思潮社
紅野謙介編『どうする? どうなる? これからの「国語」教育』(幻戯書房
・川口隆行「国語教育と日本語教育」(『どうする? どうなる? これからの「国語」教育』)
・姜信子「極私的在日文学論」(「文藝」)
・北村紗衣『お砂糖とスパイスと爆発的な何か』(書肆侃侃房)
・倉数茂「百の剣」(「群像」)
陣野俊史「鶴鳴(かくめい)」(「文藝」)
神谷光信「井上光晴と二つの東京オリンピック」(「季報 唯物論研究」一四六~一四八号)
・八重樫克羅「原発ゴルゴン」(「白亜紀」)
・遠藤ヒツジ「暗がりの父性――エンデあるいは火の霊へ」(「白亜紀」)
・小岡明裕「閾をまたいで」(「「未定」)
・ジョリス=カルル・ユイスマンス「赤の淡彩画(カマユー)」(小岡明裕訳、「未定」)
・「テオドール・ヘルツル――ウィーンの反ユダヤ主義」(「「未定」)
・「ジーン・ウルフ一問一答」(中野善夫訳、「SFマガジン」)

 なお、今号では文化庁の「あいちトリエンナーレ」関連保護金撤回を、広く文科省の問題と捉えています。

『熱源』の書評、「北國新聞」2019年9月28日号に掲載確認

 共同通信に書いた『熱源』の書評ですが、「北國新聞」2019年9月28日号に掲載確認がとれました。購読されている方、ぜひお読みになってみてください。

熱源

熱源

 

 

2019年9月26日の共同通信配信記事に、川越宗一『熱源』(文藝春秋)の書評を寄稿

 本日2019年9月26日の共同通信配信記事で、川越宗一『熱源』(文藝春秋)の書評を書きました。週末から全国の地方紙に掲載されていきます。

 サハリン(樺太アイヌの対雁への強制移住、昨年没後100年だった人類学者ピウスツキが等が扱われ、アイヌ、北方(文学)史入門にも最適な小説です。

 書評では、より現代的な課題にまで、さらに踏み込みました。

熱源

熱源