はじめに


・このブログの方針につきまして
・自己紹介 
・Twilog
・訂正記事 ・反論記事

単著ほか最近の仕事

・岡和田晃の最新の仕事はこちらから見られます!

※最新の評論『反ヘイト・反新自由主義の批評精神』が出ました。2008年から18年まで書いてきた、「純文学」とポストコロニアルなテーマを精選した批評集です。
エクリプス・フェイズ (Role&Roll RPG)

エクリプス・フェイズ (Role&Roll RPG)

※『エクリプス・フェイズ』日本語版ルールブックが、発売となりました。岡和田晃は翻訳チームに参加しています。スペースオペラサイバーパンクが融合した本格SF-RPGの世界を日本語でご堪能下さい。A4変形フルカラー400ページです。圧倒的情報量にも関わらずプレイアブル。日本語版の公式サイトで、サマリー形式の簡易ルール&シナリオ「ヘリオンズ・エッグ」、サンプルキャラクター等を無料でダウンロードできます
ガンドッグゼロ リプレイ アゲインスト・ジェノサイド (Role&Roll Books) (Role & RollBooks)

ガンドッグゼロ リプレイ アゲインスト・ジェノサイド (Role&Roll Books) (Role & RollBooks)

※『アゲインスト・ジェノサイド』は初の単著、自信作です。ロールプレイングゲームの可能性を引き出すべくつとめました。
「世界内戦」とわずかな希望〜伊藤計劃・SF・現代文学 (TH Series ADVANCED)

「世界内戦」とわずかな希望〜伊藤計劃・SF・現代文学 (TH Series ADVANCED)

※『「世界内戦」とわずかな希望』は、第二単著です(日本図書館協会選定図書になりました)。詳しくはこちらのエントリをご覧ください。また、収録記事「二十一世紀の実存」に脱落がありますが、版元のサイトで完全版をPDF形式でダウンロードできます。
※『向井豊昭の闘争』は第三単著。未來社のPR誌「未来」の連載を大幅に加筆改稿したもので、書き下ろしの第三章、詳細な作品リストもついています。帯は笙野頼子さん。
※『向井豊昭傑作集』は、編集、解説、年譜作成を担当しました(こちらも日本図書館協会選定図書になりました)。
北の想像力 《北海道文学》と《北海道SF》をめぐる思索の旅

北の想像力 《北海道文学》と《北海道SF》をめぐる思索の旅

※『北の想像力』は、統括と編集を担当いたしました。特設サイトはこちら! 日本SF大賞最終候補&星雲賞参考候補となりました。
アイヌ民族否定論に抗する

アイヌ民族否定論に抗する

アイヌ現代思想史研究者のマーク・ウィンチェスターさんとの共編で、レイシズムヘイトスピーチ歴史修正主義に反対する本を作りました。『アイヌ民族否定論に抗する』です。全国学図書館協議会選定図書となりました。
※『「世界内戦」とわずかな希望』は、第四単著です。2013年から2017年に書いた批評を集成しています。
ベア・ダンジョン+ベア・カルトの地下墓地+運命の審判 (T&Tアドベンチャー・シリーズ4)

ベア・ダンジョン+ベア・カルトの地下墓地+運命の審判 (T&Tアドベンチャー・シリーズ4)

※J・ピーターズ『ベア・カルトの地下墓地』レベル1を全訳し、レベル2を杉本=ヨハネさんと共同制作しました。
※『ブラマタリの供物』の設定協力と解説を担当いたしました。
※『こころ揺らす』に、岡和田晃のインタビューが掲載されています。
トンネルズ&トロールズ完全版BOOK

トンネルズ&トロールズ完全版BOOK

※『トンネルズ&トロールズ完全版BOOK』に翻訳を担当した『アンクル・アグリーの地下迷宮』が同梱されています。
ナイトランド・クォータリーvol.17 ケルト幻想〜昏い森への誘い〜

ナイトランド・クォータリーvol.17 ケルト幻想〜昏い森への誘い〜

ナイトランド・クォータリーvol.18 想像界の生物相

ナイトランド・クォータリーvol.18 想像界の生物相

※「ナイトランド・クォータリー」Vol.16から編集に参画し、このVol.17から編集長になりました。
傭兵剣士 (T&Tアドベンチャー・シリーズ7)

傭兵剣士 (T&Tアドベンチャー・シリーズ7)

※ジェームズ・ウィルソン「傭兵剣士」「青蛙亭ふたたび」の翻訳チェック・多人数シナリオ寄稿、続編の「無敵の万太郎とシックス・パックの珍道中」と「〈黒のモンゴ―〉の塔ふたたび」が掲載されています。心意気としては第六単著のつもりです。

献本について

 このブログやTwitterにて、アトランダムに献本いただいた作品を紹介しています(原則として商業媒体の新作。すべてを紹介できているわけではありません)。文芸時評をやっている関係上、文芸誌の献本については原則、ウェブログでの紹介はいたしません。時評や書評に間に合った場合、そちらに替えさせていただくこともあります。

岡和田晃×倉数茂「新自由主義社会下における 〈文学〉の役割とは」第2回が公開

 岡和田晃×倉数茂「新自由主義社会下における 〈文学〉の役割とは」、さっそく第2回を公開いたしました。2018年11月10日にジュンク堂書店池袋本店で行ったトークショー採録です。

 倉数さんがツィートで補足されていますが、私は便宜的にジャンル分けをすることはあるものの、「純文学」と「エンタメ」の棲み分けは有害無益で、一刻も早く撤廃すべきだと考えています。また、「周縁」の立場から「知識人」として社会を語って、何も問題ないじゃない、とも。
 私は文芸時評を長く続けている偽らざる感想として、制度としての「純文学」にも「エンタメ」にも期待をしていません。黴の生えた古臭いカースト制。そういった枠組みを批判的に捉えるのが大前提として、質の高いものを〈文学〉として受け止めています。私のやっていることも〈文学〉を目指しています。

 なお、相模原事件を文芸誌がほぼ黙殺した、というのは、単に時事ネタを拾えていない、ということを言っているのではありません。荒井祐樹さんとの対談では、70年代からの障害者の権利獲得運動の全てをちゃぶ台返しするような事件だったという話が出ました。そこに言葉が届いていない、ということです。

shimirubon.jp

『骨踊り 向井豊昭小説選』商業媒体での書評一覧

『骨踊り 向井豊昭小説選』(幻戯書房、2019年)ですが、商業媒体での書評があらかた出揃った感がありますので、以下にまとめておきます。その他、ご存知のものがあれば、お手数ですがお知らせください。なお、私や山城むつみさんが書いてきた関連原稿は除いてあります。

骨踊り

骨踊り

 

・「日本経済新聞」2019年2月21日夕刊(評者:陣野俊史
・「朝日新聞」2019年3月23日日曜版(評者:サンキュータツオ
・「東奥日報」2019年3月30日朝刊(評者:山田勝仁)
・「POPEYE」864号(2019年4月号、マガジンハウス)
・「週刊新潮」2019年4月4日号(十行本棚)
・「北海道新聞」2019年4月14日日曜版(評者:中舘寛隆)
・「週刊金曜日」2019年5月17日号(評者:永田希)
・「図書新聞」2019年6月15日号(評者:川﨑秋子)
・「季報 唯物論研究」148号(2019年8月号、評者:奥間埜乃)

「SF Prologue Wave」2019年9月20日号で「Role & Roll」Vol.179「『エクリプス・フェイズ』シナリオ・ソース トランスヒューマンは知性化イルカの夢を見るか?」が紹介

「SF Prologue Wave」2019年9月20日号で紹介されました。

『月刊アナログゲーム情報書籍「Role & Roll」Vol.179「『エクリプス・フェイズ』シナリオ・ソース トランスヒューマンは知性化イルカの夢を見るか?」

prologuewave.com

 

岡和田晃×倉数茂「新自由主義社会下における 〈文学〉の役割とは」イベント採録第1回が掲載

昨年(2018年11月10日)、ジュンク堂書店池袋本店で開催したトークイベント岡和田晃×倉数茂「新自由主義社会下における 〈文学〉の役割とは」を公開開始します。全4回。『反ヘイト・反新自由主義の批評精神』電子化&「百の剣」掲載記念です。

 

【シミルボン】1:「サブカル批評」のバスには乗らない

shimirubon.jp

 

「Role&Roll」Vol.180に、『エクリプス・フェイズ』の入門シナリオ「スペース人形浄瑠璃怪談——阿古屋の琴責(ことぜめ)」が掲載

発売中の「Role&Roll」Vol.180に、『エクリプス・フェイズ』の入門シナリオ「スペース人形浄瑠璃怪談——阿古屋の琴責(ことぜめ)」が掲載されています。さあ、ポストヒューマン社会での文楽はどうなっているのか、その恐怖を体感しましょう! サイパーパンクならではのジャパネスク路線の作品です。

 

 

 

東海大学文芸創作学科2019年秋学期シラバス(幻想文学・SF論)

2019年度 秋学期  
授業科目名 サブカルチャーと文学
曜日 時限 水-4
テーマ 幻想文学とSFの講読と批評を介した“反”サブカルチャー
キーワード 幻想文学 SF 批評


【授業要旨または授業概要】

 シラバス編成の都合上、本講義タイトルには「サブカルチャー」と掲げられていますが、講師はこの水曜4限の講義を「幻想文学・SF論」と呼ぶことにしています。
 本講義(幻想文学・SF論)では、古典と現在の幻想文学、とりわけ英語圏からの翻訳作品を徹底的に読み込むことを重視します。課題のテクストを、時には声を出して精読していきながら、その表現されている細部を身体レベルで自家薬籠中の物としていきます。
 というのも、いま、創作や批評を試みるにあたって、もっともネックになるのが、絶対的な読書量の不足なのです。ただ、やみくもに数をこなせばよいというわけではありません。プロの作家や書評家でも、作品の読み込み、全体的なパースペクティヴの提示、状況への批評意識の三つを兼ね備えている人は少ないのが現実です。
 しかしながら、複雑化する現実を、既存のリアリズムでは捉えきれなくなっている現状は確かに存在します。幻想文学やSFの講座は英語圏では普通に存在しますが、日本では限られた大学でしか講じられていません。それゆえ、これらの方法を身に着けていれば、並み居る(広義の)作家志望者たちから、一歩抜きん出ることが可能になるでしょう。実際、過去の受講生のなかには、講師の監修のもと、商業芸術批評誌においてデビューを果たした者もいます。
 大学で講じられる文学の多くは、戦前から戦後まもない時期に確立されたカノン(規範的作品)に基づいており、それ以外は「サブカルチャー」として周縁に追いやられがちなのですが、本講義はそのような立場を採りません。
 大学生ならば知っていて当然である世界文学の古典と連関させながら、古典とみなされていないテクストをも貪欲かつ批評的に解釈していきます。その意味で、本講義は「幻想文学やSFを媒介とした“反”サブカルチャー論」と言うのが正確でしょう。このことは、講義内でも絶えず強調していくので、忘れずにいてほしいと思います。

 

 

 同名の講座が水曜3限・水曜4限で展開されます。意欲のある受講者は、両方の受講も歓迎します(ただし、単位は片方しか出ません)。既習者の受講も歓迎します(自由聴講扱いとなります)。

※より詳しくは、続けて【授業計画】の項目をご参照ください。


【学修の到達目標】

 

◆授業で育成するスキル
自ら考える力・文章情報を読み解く力・批評的な思考力

◆学習の到達目標
・日常的に接する文化環境に対しての批判的な視座を持ち、そのルーツを探り新たな表現を産むために必要な(最低限の)知識と好奇心を涵養します。
・文学を中心にしつつ、哲学・歴史学・美学といった人文科学についての基本的な知識をも習得します。
現代文学とSF・ミステリ・幻想文学の各「ジャンル」で蓄積されてきた批評理論の基礎を習得します。
・カルチュラルスタディーズ、ジェンダーポストコロニアル理論といった、文化批評の基礎を習得します。
・批評の執筆の基礎をも学ぶことで、学術的な視座の批評や創作への応用を目指します。

 

【授業計画】

 

◆スケジュール
<注意:水曜4限では、幻想文学・SFの講読と批評を中心に学習します。水曜3限と4限では、授業内容が異なります>

映像資料の分析も交えますが、基本的には小説・批評を講読していきます。
 本気でプロの物書きになりたい人は、大いに歓迎します。前期履修者の継続出席、他学部・他学科からの聴講も歓迎しますが、途中で離脱するケースが多いので、いちどやると決めたら、最後まで受講することを推奨します。さもなければ、身につきません。
 しばしば誤解されるのであらかじめお断りしておきますが、「サブカルチャー」と授業名に冠されているからといって「ラク」というわけではありません!

 

※2019年前期(春学期)の内容を、参考までに以下に示します。受講生の関心や状況に応じ、随時変更を加えていきます。教室での指示を聞き逃さないようにして下さい。

 

1:ガイダンスおよび自己紹介
 批評的読解の訓練として、アーサー・マッケン「変身」(阿部主計訳)を講読する。

 

2:批評文の基礎
 感想文や小論文と、レポートの違いを解説する。

 

3:ゴースト・ストーリーとモダン・ホラー
 アンジェラ・スラッター「心は罪人の鏡」(植草昌実訳)および「すべての肉体の道」(友成純一訳)を講読し、19世紀のホラーと20世紀のホラーの違いを考える。

 

4:ロマン主義と「語り=騙り」
 アーサー・マッケン「翡翠の飾り」(南條竹則訳)より、「薔薇園」「妖術」「儀式」を講読する。

 

5:「ケルト文学」と再話の仕組み
 ピーター・トレメインの『アイルランド幻想』(甲斐万里江訳)より「石柱」を講読し、マッケンとの違いを考察する。

 

6:スペキュレイティヴ・フィクション入門
 ヴォンダ・マッキンタイア「火の河」(室伏信子訳)を講読し、テクノロジカル・ランドスケープ(科学によって変容する風景)を20世紀以降の文学がどう捉えるのかを考察する。

 

7:中間レポートとフィードバック
 レポート作成のために、予備訓練としてミニ・レポートを執筆し、その講評。参考として、OGの仕事(「TH」No.78に掲載された『海蛇と珊瑚』評(関根一華))の構造を分析。続いて、小中英之の歌集『翼鏡』より二首を精読し、短詩系文学としての幻想文学を考察する。

 

8:ドイツ表現主義本格ミステリ
 ハイミート・フォン・ドーデラー「ヨハン・ペーター・へーベル(1760-1826)の主題による七つの変奏」(垂野創一郎訳)」(垂野創一郎訳)を講読し、モダニズムと、モダニズムから文化した「ジャンル」のあり方を考察する。

9:民話の構造と「語り=騙り」
 ジェレマイア・カーティン「聖マーティン祭前夜」(下楠昌哉訳)、アンジェラ・スラッター「赫い森」(岡和田晃訳)を講読し、土俗的な要素がどのように把握されているのかを分析する。

 

10:アクション描写と身体感覚
 ジェフ・C・カーター「かかる警句のなきがゆえに」(待兼音二郎訳)を講読し、文字での表現が難しい、建築物、身体、アクションを通した両者の連関を考察する。

 

11:先行テクストの変奏
 ピエール・コムトワ「幻の巻狩」(大和田始訳)を、これまで読んできたアーサー・マッケンの文脈から分析する。

 

12:世界内戦とテロル
 松本寛大「ケルトの馬」を軸に、幻想文学が現代の社会状況を、どのように表象できるのかを考察する。

 

13:時間と予言、そして未来
 内田百けん(※けんは門構えに月)「件」、小熊秀雄「ある夫婦牛の話」、小松左京「牛の首」を軸に、幻想文学は時間をどう捉えるのか、過去と未来とはどのように表象されうるのかを考察する。

 

14:追憶と反復
 デヴィッド・テラーマン「木の葉のさだめ」(待兼音二郎訳)を講読し、文学が表象する記憶のメカニズムを考察する。

 

◆予習・復習

 毎回、前回の講義で課題に指定されてきたテクストを読んできて下さい。
 毎回のフィードバックと、途中で行う小レポートのために、相応にハードな予習復習が必要となります。
 また、最終的には書評SNSに登録して批評を書くのですが(匿名登録可能)、講義を離れても一般読者の評価に堪えるだけの作品を書けるようになるため、各種コンテストへの積極的な応募も推奨します。

 

◆集中授業の期間

 

【履修上の注意点】
 講義の際には、相当分量の論文や小説を読み進めていくことになります。関連して文献も紹介しますが、少々難解かもしれない理論も含まれます。講義へのフィードバックを毎回記入してもらい、それを講師が講義内容へ反映させていきます。その他、双方向的な講義になりますので、積極的な協力・参加が求められます。期末レポートのほかに、中間レポートがあります。

 

【成績評価の基準および方法】
 評価のポイントは、以下の4点です。

1)取り扱った作家・作品の内在的特性が理解できているか(約20%)
2)作品の周辺に存在する文脈が理解できているか(約20%)
3)テクストへ積極的に取り組み、読解・創作ができているか(約40%)
4)批評的であることの意義が理解できているか(約20%)

 毎回、フィードバックシートへの記入を行ってもらい、それを小テストの代わりとします。それとは別に、期末レポートを課します。なお、レポート執筆の際にWikipediaを参考資料に用いることを禁止します。代返等・コピペ等の不正行為に関しては厳正に対処します。各種文章がしっかり書けていることは、評価の前提条件とします。
 上記の学習目標が達せられているかどうかを、フィードバックを含む出席点(40点)、レポート(60点)、のウエイトで評価して総合的に判定します。具体例として、その合計が90点以上をS評価、80点以上90点未満をS評価、70点以上80点未満をB評価、60点以上70点未満をC評価とします。
 ただし、出席回数が7割未満の場合、この限りではありません。


【教科書・参考書】

区分 書名 著者名 発行元 定価
教科書 「ナイトランド・クォータリーVol.18 想像界の生物相」/岡和田晃ほか/アトリエサード/1700


【その他の教材】

 「TH(トーキング・ヘッズ叢書)No.79 人形たちの哀歌」、関根一華「ストップモーションが叶えうる〝永遠の少年〟――『犬ヶ島』から」が掲載。本講義のOGによる商業誌での批評です。参考にしてください。
 その他、随時、講義内で教示します。