はじめに


・このブログの方針につきまして
・自己紹介 
・Twilog
・訂正記事 ・反論記事

単著ほか最近の仕事

・岡和田晃の最新の仕事はこちらから見られます!

※最新の評論『反ヘイト・反新自由主義の批評精神』が出ました。2008年から18年まで書いてきた、「純文学」とポストコロニアルなテーマを精選した批評集です。
エクリプス・フェイズ (Role&Roll RPG)

エクリプス・フェイズ (Role&Roll RPG)

※『エクリプス・フェイズ』日本語版ルールブックが、発売となりました。岡和田晃は翻訳チームに参加しています。スペースオペラサイバーパンクが融合した本格SF-RPGの世界を日本語でご堪能下さい。A4変形フルカラー400ページです。圧倒的情報量にも関わらずプレイアブル。日本語版の公式サイトで、サマリー形式の簡易ルール&シナリオ「ヘリオンズ・エッグ」、サンプルキャラクター等を無料でダウンロードできます
ガンドッグゼロ リプレイ アゲインスト・ジェノサイド (Role&Roll Books) (Role & RollBooks)

ガンドッグゼロ リプレイ アゲインスト・ジェノサイド (Role&Roll Books) (Role & RollBooks)

※『アゲインスト・ジェノサイド』は初の単著、自信作です。ロールプレイングゲームの可能性を引き出すべくつとめました。
「世界内戦」とわずかな希望〜伊藤計劃・SF・現代文学 (TH Series ADVANCED)

「世界内戦」とわずかな希望〜伊藤計劃・SF・現代文学 (TH Series ADVANCED)

※『「世界内戦」とわずかな希望』は、第二単著です(日本図書館協会選定図書になりました)。詳しくはこちらのエントリをご覧ください。また、収録記事「二十一世紀の実存」に脱落がありますが、版元のサイトで完全版をPDF形式でダウンロードできます。
※『向井豊昭の闘争』は第三単著。未來社のPR誌「未来」の連載を大幅に加筆改稿したもので、書き下ろしの第三章、詳細な作品リストもついています。帯は笙野頼子さんが書いてくださいました。
※『向井豊昭傑作集』は、編集、解説、年譜作成を担当しました(こちらも日本図書館協会選定図書になりました)。
北の想像力 《北海道文学》と《北海道SF》をめぐる思索の旅

北の想像力 《北海道文学》と《北海道SF》をめぐる思索の旅

※『北の想像力』は、統括と編集を担当いたしました。特設サイトはこちら! 日本SF大賞最終候補&星雲賞参考候補となりました。
アイヌ民族否定論に抗する

アイヌ民族否定論に抗する

アイヌ現代思想史研究者のマーク・ウィンチェスターさんとの共編で、レイシズムヘイトスピーチ歴史修正主義に反対する本を作りました。『アイヌ民族否定論に抗する』です。全国学図書館協議会選定図書となりました。
※『「世界内戦」とわずかな希望』は、第四単著です。2013年から2017年に書いた批評を集成しています。特にRPG論を入れられたのは、苦労しただけに感慨深いものがあります。
ベア・ダンジョン+ベア・カルトの地下墓地+運命の審判 (T&Tアドベンチャー・シリーズ4)

ベア・ダンジョン+ベア・カルトの地下墓地+運命の審判 (T&Tアドベンチャー・シリーズ4)

※J・ピーターズ『ベア・カルトの地下墓地』レベル1を全訳し、レベル2を杉本=ヨハネさんと共同制作しました。自信作です。
※『ブラマタリの供物』の設定協力と解説を担当いたしました。
※『こころ揺らす』に、岡和田晃のインタビューが掲載されています。
トンネルズ&トロールズ完全版BOOK

トンネルズ&トロールズ完全版BOOK

※『トンネルズ&トロールズ完全版BOOK』に翻訳を担当した『アンクル・アグリーの地下迷宮』が同梱されています。
傭兵剣士 (T&Tアドベンチャー・シリーズ7)

傭兵剣士 (T&Tアドベンチャー・シリーズ7)

※ジェームズ・ウィルソン「傭兵剣士」「青蛙亭ふたたび」の翻訳チェック・多人数シナリオ寄稿、続編の「無敵の万太郎とシックス・パックの珍道中」と「〈黒のモンゴ―〉の塔ふたたび」が掲載されています。心意気としては第六単著のつもりです。

献本について

 このブログやTwitterにて、アトランダムに献本いただいた作品を紹介しています(原則として商業媒体の新作。すべてを紹介できているわけではありません)。文芸時評をやっている関係上、文芸誌の献本については原則、ウェブログでの紹介はいたしません。時評や書評に間に合った場合、そちらに替えさせていただくこともあります。

「TH(トーキング・ヘッズ叢書)No.79 人形たちの哀歌」でジェフリー・フォード論、図子慧インタビュー、山野浩一連載等が掲載

 「TH(トーキング・ヘッズ叢書)No.79 人形たちの哀歌」が、2019.7.30頃に発売。私は特集レビューで、ジェフリー・フォード「言葉人形」を論じました。「「図子慧×岡和田晃ミニトーク」レポート〜冒頭の1ページで小説の主体や状況をわかりやすく提示する図子慧流」も寄稿!
 連載「山野浩一とその時代(8)」では、「メロドラマと「大人の事情」への抵抗」と題し、新発見資料「復刊第一号 関映連ニュース」を中心に、五社協定で閉塞する1960年前後の映画シーンでの、山野浩一の奮闘を論じてます。ヌーヴェルヴァーグ! 特選街レビューは第12回TRPG文華祭について書きました。

 また、以下の各氏による論考とレビューを監修しています。
■幕屋の偶像(アイドル) ――物そのもの(フェティッシュ)への眼差し●仁木稔
■ロボット・アンドロイド演劇の一〇年――「人形」が「感情」を語る時●高槻真樹
■言葉を奪われた人形に浄瑠璃が命吹き込む「文楽」の世界●待兼音二郎
ストップモーションが叶えうる〝永遠の少年〟――『犬ヶ島』から●関根一華
■あなたの知らない人形怪談の世界●阿澄森羅
■七夕人形――殺戮と捕囚の記憶●宮野由梨香
グレッグ・イーガン不気味の谷」●放克犬
◎セルヒオ・G・サンチェス監督「マローボーン家の掟」、アリ・アスター監督「へレディタリー/継承」●松本寛大
 加えて、特選街レビューでは、『巨星 ピーター・ワッツ傑作選』について放克犬さんが書いています。

人形たちの哀歌 (トーキングヘッズ叢書 No.79)

人形たちの哀歌 (トーキングヘッズ叢書 No.79)

 

 

 

athird.cart.fc2.com

詩誌「壘(るい)」創刊号に現代詩「黄昏の丘へ」、「大理石像の瘢痕」を寄稿

荒巻義雄さんが立ち上げた詩誌「壘(るい)」の創刊同人として、現代詩「黄昏の丘へ」、「大理石像の瘢痕」の二編を寄稿しました。どちらも別個のロマン派文学を下敷きにした形而上詩です。

こちらはデジタルベースドな発刊スタイルなので、お読みになりたい方はakiraokawada@gmail.comにまでご連絡ください。

なお、創刊同人とはいえ、他の書き手の原稿は事前に見ておりませんので、特に意見を同じくするというわけではございません。

追記:個別に連絡を取るのに抵抗があるという人がいるようで、また現代詩人の多くはnoteを発表の場としているため、拙作に関してはnoteでも公開しています。

https://note.mu/orionaveugle/n/n145dc14eb0f5

「Role&Roll」Vol178に『エクリプス・フェイズ』シナリオ「因縁のダークキャスティング」が掲載

 発売されたばかりの「Role&Roll」Vol.178に、『エクリプス・フェイズ』の拙作シナリオ「因縁のダークキャスティング」が掲載されています。

 非合法のエゴキャスティング(精神を送信し、後から義体を確保する移動法)の「闇通信(ダークキャスティング)、および“代理人(ファクター)”という異星人とのファースト・コンタクトがテーマで、イメージ・ソースは劉慈欣『三体』。
 未訳のサプリメントFirewall』から、「オペレーション・ビネガー」および「アルファ=オメガ」の設定を抄訳しています。

Role&Roll Vol.178

Role&Roll Vol.178

 

 テストプレイの様子と、テーブルゲームファンフェスタ2019でのお披露目の様子を、Twitterの引用にてご紹介いたします。

「図書新聞」2019年7月19日号の、019年上半期の読書アンケートに回答

本日発売の「図書新聞」2019年7月19日号は、2019年上半期の読書アンケート特集の号ですね。岡和田晃は、以下を選定しています。
 

東千尋編訳・茂木政敏解説『ヤニス・リッツォス詩集』(土曜美術社出版販売
ビアンカ・ベロヴァー『湖』(阿部賢一訳、河出書房新社
・ギョルゲ・ササルマン『方形の円 偽説・都市生成論』(住谷春也訳、東京創元社
・籾山庸爾・日下知『デス・オア・グローリー』(ハーミットイン)

あまり知られていないかもしれませんが、「図書新聞」はコンビニから有償プリントアウトできます。今号は明日から。

https://www.e-shinbun.net/cp/toshoshimbun

新刊、『傭兵剣士+青蛙亭ふたたび+無敵の万太郎とシックスパックの珍道中』(グループSNE/書苑新社)

 新刊、著:ジェームズ・ウィルソン、岡和田晃、訳:安田均清松みゆき『傭兵剣士+青蛙亭ふたたび+無敵の万太郎とシックスパックの珍道中』(グループSNE/書苑新社)が、7月12日に刊行されます。


 簡易ルールが付属しており、これ1冊で5本のソロアドベンチャー、3本の多人数用シナリオ、1本のコミックを堪能することができます。自信をもってお勧めできる逸品ですので、ぜひお求めいただければ幸いです。 

傭兵剣士 (T&Tアドベンチャー・シリーズ7)

傭兵剣士 (T&Tアドベンチャー・シリーズ7)

 

 

 ……と、これだけでは寂しいので、もう少し詳しい説明を。

 『傭兵剣士』は『トンネルズ&トロールズ』第5版の関連製品として、1988年、最初に日本語版が出たソロ・アドベンチャーです。ゲームブック形式の一人用冒険シナリオということです。2006年には、『トンネルズ&トロールズ』第7版対応のソロアドベンチャーとして、グループSNEのサイトに連載されていたリプレイを第7版対応にする形で再刊されています。

 そう、2019年に出る『トンネルズ&トロールズ』完全版対応の『傭兵剣士』は、三度、出版されるソロアドベンチャーになるのです。おそらく、本邦初の偉業です。

 グループSNEさんのサイトで、安田均さんのあとがきが公開されていますが、そちらが簡潔明快。
「なぜ3度も? それはずばり、このソロアドベンチャーが‘名作’だからです。」

www.groupsne.co.jp

 そう、「傭兵剣士」と「青蛙亭ふたたび」は、紛うことなき名作です。詳しくは、T&Tファンの「かあかばど」さんの分析をご覧ください。

togetter.com

 ストーリーも語りも面白いです。双方向移動ができるのもポイントですね。唯一の難点はマッピングが必須のところですが、それは、私が素案を作った地図(中山将平さんヴィジュアル化)と、注釈的なシナリオ案があれば完遂できるようにしました。システム面は、先のかあかばあどさんのほか、ヒム、たまねぎ須永、吉里川べおさんによるT&T研究も参照しております!
 それに加えて、両方のソロアドベンチャーの多人数用シナリオ版をデザインしました。テストプレイの模様をご紹介。

 これらに加え、「ウォーロック・マガジン」Vol.1~3に連載された「無敵の万太郎とシックス・パックの珍道中」と、「ウォーロック・マガジン」Vol.4に収録された中山将平さんの漫画「はじめての無敵の万太郎とシックス・パック」が収められ、さらには、同シナリオの原作で、「Role&Roll」Vol.177のソロアドベンチャー「魔法の酒樽を取り戻せ!」の多人数用シナリオ版「〈黒のモンゴー〉の塔ふたたび」を、この単行本のために書き下ろしました。

akiraokawada.hatenablog.com

 以前「Lead&Read」掲載のD&D3.5版エベロン・リプレイ3部作(2008)を書いた際に、もっとも意識していたのはオリジナル・デザイナーのキース・ベイカーの小説でした。「無敵の万太郎とシックス・パック」が意識したのはJ・ウィルソンの雰囲気づくりです。例えば、ウィルソンは小汚いドワーフの描写がすごく巧いのです。

D&Dノベル 夜の門 (ドリーミング・ダーク第三部 完結編) (HJ文庫G)

D&Dノベル 夜の門 (ドリーミング・ダーク第三部 完結編) (HJ文庫G)

 

akiraokawada.hatenablog.com

 それだけではなく、旧版へのオマージュを捧げながら、キャンペーンゲームのエッセンスをふんだんに盛り込みました。

 ちなみに私が初めて買ったゲームブックは『傭兵剣士』なんですよ。1994年、富貴堂書店本店でのことでした。それ以降、素晴らしい雰囲気に魅せられて何度も読み直してきましたが、それから四半世紀が経過し、まさかこんな形で関われるとは感無量です。

 今年は私の『アゲインスト・ジェノサイド』(2009)の刊行十周年です。同書は高評価してくださる方が多く、幸せな本でした。

akiraokawada.hatenablog.com

 今度出る『傭兵剣士+青蛙亭ふたたび+無敵の万太郎とシックス・パックの珍道中』(2019)も気に入っていただけるかなと思います。

 

【付録のルール考察】

 「傭兵剣士」に出てくる〈黒のモンゴー〉の《これでもくらえ!》は46点ダメージ。つまり、知性度は46。『T&T完全版』では14レベル呪文までしか使えません。21レベルの魔術師ならではのウリは、魔力度が210点を超えるほどに豊穣、ということでしょうか。15レベル以上の呪文は《杖折り》、《能力値変換》、《召喚》、《魂隠し》、《生まれ変わり》の6つ。これらが使えないのが、おそらくモンゴーの弱点でコンプレックスだと思われます(笑)。

2019年7月14日のテーブルゲームファンフェスタ2019(於:京セラドーム大阪)にゲスト参加

2019年7月14日のテーブルゲームファンフェスタ2019(於:京セラドーム大阪)にゲスト参加します。12:45より安田均さんとのトークショーに出演し、16:30から『エクリプス・フェイズ』卓のGMをさせていただきます。関西圏の人、この機会にお目にかかれましたら幸いです。

tgff.info

卓紹介は以下となります。

クローズド・ハビタットの囚人

システム : エクリプス・フェイズ

時間枠 : 3時間卓

開始時間 : 16:30

 

卓No.:4

年齢制限:なし
プレイヤー数:最低3名~最高5名
ジャンル:トランスヒューマン・ホラー
使用ダイス:D10

GM名:岡和田晃
GMからのコメント:TGFF2018での安田均先生との「日本のゲーム史」が、『日本現代卓上遊戯史紀聞[1b]』として発売中です!
シナリオコメント::「Role&Roll」Vol.174掲載の拙作をプレイします。既読の方はご遠慮ください。記憶を失い、見知らぬ「街」の住民として番号で呼ばれるPCたち。脱出は執拗に阻まれる。「街」は何のためにあるのか?黒幕のNo.666とは何者か?脱出ゲーム風に始まり意外な展開を見せる入門用シナリオ!初心者でもプレイしやすいことと思います。

エクリプス・フェイズ (Role&Roll RPG)

エクリプス・フェイズ (Role&Roll RPG)

 
日本現代卓上遊戯史紀聞 [1b]安田均/補遺

日本現代卓上遊戯史紀聞 [1b]安田均/補遺