はじめに


・このブログの方針につきまして
・自己紹介 
・おすすめ無料記事
・Twilog
・訂正記事 ・反論記事

単著ほか最近の仕事

・岡和田晃の最新の仕事はこちらから見られます!

※最新の評論『反ヘイト・反新自由主義の批評精神』が出ました。2008年から18年まで書いてきた、「純文学」とポストコロニアルなテーマを精選した批評集です。
エクリプス・フェイズ (Role&Roll RPG)

エクリプス・フェイズ (Role&Roll RPG)

※『エクリプス・フェイズ』日本語版ルールブックが、発売となりました。岡和田晃は翻訳チームに参加しています。スペースオペラサイバーパンクが融合した本格SF-RPGの世界を日本語でご堪能下さい。A4変形フルカラー400ページです。圧倒的情報量にも関わらずプレイアブル。日本語版の公式サイトで、サマリー形式の簡易ルール&シナリオ「ヘリオンズ・エッグ」、サンプルキャラクター等を無料でダウンロードできます
ガンドッグゼロ リプレイ アゲインスト・ジェノサイド (Role&Roll Books) (Role & RollBooks)

ガンドッグゼロ リプレイ アゲインスト・ジェノサイド (Role&Roll Books) (Role & RollBooks)

※『アゲインスト・ジェノサイド』は初の単著、自信作です。ロールプレイングゲームの可能性を引き出すべくつとめました。
「世界内戦」とわずかな希望〜伊藤計劃・SF・現代文学 (TH Series ADVANCED)

「世界内戦」とわずかな希望〜伊藤計劃・SF・現代文学 (TH Series ADVANCED)

※『「世界内戦」とわずかな希望』は、第二単著です(日本図書館協会選定図書になりました)。詳しくはこちらのエントリをご覧ください。また、収録記事「二十一世紀の実存」に脱落がありますが、版元のサイトで完全版をPDF形式でダウンロードできます。
※『向井豊昭の闘争』は第三単著。未來社のPR誌「未来」の連載を大幅に加筆改稿したもので、書き下ろしの第三章、詳細な作品リストもついています。帯は笙野頼子さんが書いてくださいました。
※『向井豊昭傑作集』は、編集、解説、年譜作成を担当しました(こちらも日本図書館協会選定図書になりました)。
北の想像力 《北海道文学》と《北海道SF》をめぐる思索の旅

北の想像力 《北海道文学》と《北海道SF》をめぐる思索の旅

※『北の想像力』は、統括と編集を担当いたしました。特設サイトはこちら! 日本SF大賞最終候補&星雲賞参考候補となりました。
アイヌ民族否定論に抗する

アイヌ民族否定論に抗する

アイヌ現代思想史研究者のマーク・ウィンチェスターさんとの共編で、レイシズムヘイトスピーチ歴史修正主義に反対する本を作りました。『アイヌ民族否定論に抗する』です。全国学図書館協議会選定図書となりました。
※『「世界内戦」とわずかな希望』は、第四単著です。2013年から2017年に書いた批評を集成しています。特にRPG論を入れられたのは、苦労しただけに感慨深いものがあります。
ベア・ダンジョン+ベア・カルトの地下墓地+運命の審判 (T&Tアドベンチャー・シリーズ4)

ベア・ダンジョン+ベア・カルトの地下墓地+運命の審判 (T&Tアドベンチャー・シリーズ4)

※J・ピーターズ『ベア・カルトの地下墓地』レベル1を全訳し、レベル2を杉本=ヨハネさんと共同制作しました。自信作です。
※『ブラマタリの供物』の設定協力と解説を担当いたしました。
※『こころ揺らす』に、岡和田晃のインタビューが掲載されています。
トンネルズ&トロールズ完全版BOOK

トンネルズ&トロールズ完全版BOOK

※『トンネルズ&トロールズ完全版BOOK』に翻訳を担当した『アンクル・アグリーの地下迷宮』が同梱されています。
ウォーロックマガジンvol.3

ウォーロックマガジンvol.3

※「無敵の万太郎とシックス・パックの珍道中(ワンダリング・アドベンチャー)“~そして、恐怖の街へ~”」および「FFによる遊戯史学のススメ」が掲載されています。

献本について

 このブログやTwitterにて、アトランダムに献本いただいた作品を紹介しています(原則として商業媒体の新作。すべてを紹介できているわけではありません)。文芸時評をやっている関係上、文芸誌の献本については原則、ウェブログでの紹介はいたしません。時評や書評に間に合った場合、そちらに替えさせていただくこともあります。

「層 映像と表現」vol.11「RPG研究の現在と、伏見健二の「初期の仕事」(アーリー・ワーク)」が機関リポジトリで公開

北海道大学大学院文学研究科映像・表現文化論講座編になる学術誌「層 映像と表現」vol.11に寄稿した、長編論考「RPG研究の現在と、伏見健二の「初期の仕事」(アーリー・ワーク)」が機関リポジトリで公開されました。無料でPDFにて読めます。
下楠昌哉さんの第3回日本SF評論賞最終候補作の「毛皮を奪われた女」も力作です! 

HUSCAP Journals

f:id:Thorn:20190330125153p:plain

 「Role&Roll」Vol.175に『エクリプス・フェイズ』入門シナリオ「七惑星の聖書」が掲載

 「Role&Roll」Vol.175にトランスヒューマンRPG『エクリプス・フェイズ』の入門シナリオ「七惑星の聖書」が掲載。
 終末論カルト「輝く聖者の教会」の陰謀を挫くため潜入捜査をするシナリオ。「ナショナル・ジオグラフィック」の「聖書ハンター」にインスパイアされた作品ですが、SFならではの味付けも!

Eclipse Phase Japanese Edition's new gaming senario"Bibles of Seven planets" has just published on Role&Roll magazine vol.175 !

f:id:Thorn:20190423191807p:plain

 

Role&Roll Vol.175

Role&Roll Vol.175

 

 



 

 

「Role&Roll」Vol.175に「戦鎚傭兵団の中世“非”幻想事典」の第50回「魔法の巻物と呪文書の原型――中世の写本」が掲載

Role&Roll」Vol.175に、中世ヨーロッパ社会史を楽しみながら学べる「戦鎚傭兵団の中世“非”幻想事典」の記念すべき第50回「魔法の巻物と呪文書の原型――中世の写本」が掲載されています!
 皆様の応援でここまで来れました。見田航介さんの彩色写本の再現が細かい!

My 50th introducing column about medieval social history on Role&Roll magazine vol.175 has just published. A comic artist, Kosuke Mita’s works are very beautiful and meticulous!

ç»åã«å«ã¾ãã¦ããå¯è½æ§ããããã®:1人以ä¸

※『ダンジョン飯』7巻は直接関係ありません(笑)。

 

åçã®èª¬æã¯ããã¾ããã

※参考文献はこんな具合です。

Role&Roll Vol.175

Role&Roll Vol.175

 

「TH」No.78に『いのちへの礼儀』レビュー・グレッグ・スタフォード追悼ゲーム会報告、山野浩一とその時代(7)等が掲載

 4月25日頃、「TH(トーキング・ヘッズ叢書)」No.78「ディレッタントの平成史~令和を生きる前に振り返りたい私の「平成」」が発売されます。
 私は、生田武志『いのちへの礼儀』をレビューし、特選街コーナーで「グレッグ・スタフォード追悼『ルーンクエスト』ゲーム会」についてレポートしました。
 連載「山野浩一とその時代(7)」として、「松岡正剛川本三郎との連帯」も寄稿。松岡の『雑品屋セイゴオ』に「スーパーマーケット・セイゴオ」。工作舎編『東京市電・東京都電』。川本三郎の小説「ステッペン・ウルフ」や『同時代を生きる「気分」』等と山野浩一について。

athird.cart.fc2.com
 また、以下の批評の監修をしています。
宮野由梨香「時計仕掛けの手塚治虫~アニメ『どろろ』に見る内実の変容」
・阿澄森羅「人の死が見たくて見たくてしょうがない~死体ビデオと90年代悪趣味ブーム」
待兼音二郎「若者の反抗心はどこに消えたのか?~SNSという「ネオ世間」の出現」および湯浅誠『反貧困』レビュー
渡邊利道酒見賢一頌~虚実皮膜のエロティシズム」
・高槻真樹「忘却のデジタル~IT盛衰と平成の三〇年」

 さらに、特選街コーナーでは、放克犬さんが、M・P・シール『紫の雲』およびステファン・グラビンスキ『不気味な物語』をレビュー。
 今号、商業批評誌デビューの関根一華さんは、藪内亮輔『海蛇と珊瑚』をレビューしています。
これらも監修しました。
 加えて、長澤唯史さんが、「SFと現実はどう接続されるか~ワークショップ「SFから現代社会を考える」レポート」を寄稿してくださいました。
 こちら、2月に椙山女学園大学で行われた、大野典宏さん・さかき漣さん・岡和田晃(司会・長澤唯史さん)によるイベントの報告です。

 

「図書新聞」2019年4月13日号に、「〈世界内戦〉下の文芸時評 第五〇回 当事者性へ「悶え加勢」し、ジャンルを架橋していく試み」を寄稿

 早いところでは本日から発売される「図書新聞」2019年4月13日号に、「〈世界内戦〉下の文芸時評 第五〇回 当事者性へ「悶え加勢」し、ジャンルを架橋していく試み」を寄稿しました。今回はニュージーランドクライストチャーチで起きたヘイトクライムを問題視しつつ、以下の作品を取り上げています。

・黄英治『こわい こわい 短編小説集』(三一書房)および同作より「墓殺し」、「小さな蓮池」、「フィウォナ――希願よ!」
・奥憲介「開高健論~非当事者性というフロンティアを生きる」(すばるクリティーク賞佳作)
・永野三智『みな、やっとの思いで坂をのぼる 水俣病患者相談のいま』(ころから)
・「蒼生」2019年版「文学とハラスメント」特集
笙野頼子「これ?二〇一九年蒼生の解説です」(「蒼生」)
・トミヤマユキコ「大学生とハラスメントに対する(やや長めの)雑感」(「蒼生」)
古川日出男焚書都市譚」(「すばる」)
吉増剛造+フォレスト・ガンダー+堀内正規『裸のcommonを横切って エマソンの日米の詩人の応答』(小鳥遊書房)
・岩川ありさ「七時のニュース」および「オー・ハニー、モータル・エネミー」(「午前四時のブルー」)
大石和欣「Composed upon the Millennium Bridge――七色の朝祷(マタン)」(「午前四時のブルー」)

 その他、市川真人および北原美那のnote、「蒼生」2001年版および2004年版、西脇順三郎『ambarvalia』および『あむばるわりあ』にも言及しています。