はじめに

※蔵原大さんの遺稿追悼文集をこちらで無償頒布中です。

・自己紹介 
・Twilog
・訂正記事

単著ほか最近の仕事

※編著『現代北海道文学論』が発売になりました。『北の想像力』の姉妹編です。
※翻訳「畏怖すべきタイタンのタロット」、「魔術師ダークスモークかく語りき」に、無敵の万太郎とシックス・パックの珍道中の新作2編が入っています。
※翻訳「怪奇の国のアリス」、「怪奇の国!」、創作「天空の国のアリス」、コミック原案「はじめての怪奇の国のアリス」が収録されています。
※翻訳「コッロールの恐怖」、「ヴァンパイアの地下堂」が収録されています。
※最新の評論『反ヘイト・反新自由主義の批評精神』が出ました。2008年から18年まで書いてきた、「純文学」とポストコロニアルなテーマを精選した批評集です。
※『ウォーハンマーRPG ルールブック』が発売されました。第4版でオールド・ワールドの冒険を堪能しましょう。岡和田晃は翻訳チームに参加しています。
※論考「E・F・ベンスン、拡散と転覆のオブセッション――「塔の中の部屋」と「アムワース夫人」を中心に」を寄稿しています。
※論考「津島佑子 作家の芯にある「夢」で差別という「陵辱」を退ける」、「コラム 震災と文学」を寄稿しています。
※『エクリプス・フェイズ』日本語版ルールブックが、発売となりました。岡和田晃は翻訳チームに参加しています。日本語版の公式サイトで、サマリー形式の簡易ルール&シナリオ「ヘリオンズ・エッグ」、サンプルキャラクター等を無料でダウンロードできます
※『アゲインスト・ジェノサイド』は初の単著、自信作です。ロールプレイングゲームの可能性を引き出すべくつとめました。
※『「世界内戦」とわずかな希望』は、第二単著です(日本図書館協会選定図書になりました)。詳しくはこちらのエントリをご覧ください。また、収録記事「二十一世紀の実存」に脱落がありますが、版元のサイトで完全版をPDF形式でダウンロードできます。
※『向井豊昭の闘争』は第三単著。未來社のPR誌「未来」の連載を大幅に加筆改稿したもので、書き下ろしの第三章、詳細な作品リストもついています。帯は笙野頼子さん。
※『向井豊昭傑作集』は、編集、解説、年譜作成を担当しました(こちらも日本図書館協会選定図書になりました)。
※『北の想像力』は、統括と編集を担当いたしました。特設サイトはこちら! 日本SF大賞最終候補&星雲賞参考候補となりました。
アイヌ現代思想史研究者のマーク・ウィンチェスターさんとの共編で、レイシズムヘイトスピーチ歴史修正主義に反対する本を作りました。『アイヌ民族否定論に抗する』です。全国学図書館協議会選定図書となりました。
※『「世界内戦」とわずかな希望』は、第四単著です。2013年から2017年に書いた批評を集成しています。
※J・ピーターズ『ベア・カルトの地下墓地』レベル1を全訳し、レベル2を杉本=ヨハネさんと共同制作しました。
※『ブラマタリの供物』にて設定協力と解説を担当いたしました。
※『こころ揺らす』に岡和田晃のインタビューが掲載されています。
※『トンネルズ&トロールズ完全版BOOK』に『アンクル・アグリーの地下迷宮』が同梱されています。
※「ナイトランド・クォータリー」Vol.16から編集に参画し、Vol.17から編集長になりました。
※ジェームズ・ウィルソン「傭兵剣士」「青蛙亭ふたたび」の翻訳チェック・多人数シナリオ寄稿、続編の「無敵の万太郎とシックス・パックの珍道中」と「〈黒のモンゴ―〉の塔ふたたび」が掲載されています。心意気としては第六単著のつもりです。
※限定部数のみ刊行した第一詩集が、2019年度の茨城文学賞を受けるなど望外の好評を得たため、増刷し商業流通することになりました。
※『新・日本現代詩文庫 清水博司詩集』の解説を書きました。
※『エクリプス・フェイズ サンワード』の翻訳に参加しました。
※『ウォーハンマーRPG スターターセット』の翻訳に参加しました。
※編著『再着装(リスリーヴ)の記憶 〈エクリプス・フェイズ〉アンソロジー』が刊行されました。
※編著『いかに終わるか 山野浩一発掘小説集』が刊行されました。

献本について

 このブログやTwitterにて、アトランダムに献本いただいた作品を紹介しています(原則として商業媒体の新作。すべてを紹介できているわけではありません)。文芸時評をやっている関係上、文芸誌の献本については原則、ウェブログでの紹介はいたしません。時評や書評に間に合った場合、そちらに替えることもあります。

「白亜紀」164号(2022年10月号)に、形而上詩「来訪者」を寄稿

 「白亜紀」164号(2022年10月号)に、形而上詩「来訪者」を寄稿しました。KOTOBA Slam Japan 北海道大会2022で先んじてお披露目した作品で、私の記憶に、たとえばラミュ『詩人の訪れ』や、シュトルム『みずうみ』等から触発されたイメージを重ね書きしています。、「歌 ず 流 よ は 葵 び 福 革: 半 の 最 後 来 訪 者 * 書 油 花 ç° が に に 遠 を 死 煎 麗 と め か か に ず か か れ」というテキストの画像のようです、「も れ な で た る 然 め 山 è返 統 活 焰 賞 い た 消 れ 號 散 帆 あ 相 は て 週 憎 た は 不 企 だ」というテキストの画像のようです

 

画像

画像

「北海道新聞」8月22日夕刊に、中村康利さんによる『アイヌ文化史辞典』(吉川弘文館)の書評

 「北海道新聞」8月22日夕刊に、中村康利さんによる『アイヌ文化史辞典』(吉川弘文館)の書評が出ました。この辞典て、私は鳩沢佐美夫の項目を担当しています。

 

「ナイトランド・クォータリーvol.30 暗黒のメルヘン〜闇が語るもの」発売中

 僭越ながら私が編集長をしております、「ナイトランド・クォータリーvol.30 暗黒のメルヘン〜闇が語るもの」が、2022/9/9頃に発売となりました。

 今回も強力ラインナップでお届けいたします。 

athird.cart.fc2.com


幻視者のためのホラー&ダーク・ファンタジー専門誌《ナイトランド・クォータリー》。
vol.30の特集は「暗黒のメルヘン〜闇が語るもの」。
メルヘンはリアリズムの制約に縛られず、
必ずしも教訓に還元されない自由な感覚を持ちながらも、
読み手の内奥に直接訴えかけるものを持つ。
メルヘン研究家のカール=ハインツ・マレは、
メルヘンが世界中で絶えることなく生きつづけ、愛されている理由を、
その「暗い側面」にあると分析している。
そうしたメルヘン的な闇に彩られた物語を特集。
あなたの心の内奥に語りかけてくる物語たちです!
小説は、
ウンゲルン=シュテルンベルク、マイクル・ムアコック、トッド・ロビンズ、S・チョウイー・ルウ、トマス・バーネット・スワン、トマス・M・ディッシュ、カリーナ・ビセット、最合のぼる、石神茉莉小林弘利
他に、金原瑞人インタビューなど、コラム記事等も満載です!

テキストのアニメ風の画像のようです
=========
■主な内容
=========
【Story】
■アレクサンダー・フォン・ウンゲルン=シュテルンベルク「六粒のさくらんぼ」/訳:垂野創一郎
■トッド・ロビンズ「残酷な拍車」/訳:待兼音二郎
■トマス・バーネット・スワン「ドライアドの棲む樹」/訳:岡和田晃
トマス・M・ディッシュ「新しい頭で楽しもう」/訳:菅原慎矢
■S・チョウイー・ルウ「愛に似たなにか」/訳:勝山海百合
■カリーナ・ビセット「蛇と蛙」/訳:徳岡正肇
マイクル・ムアコック「白牙の肖像」/訳:健部伸明
小林弘利「ひびき」
石神茉莉「It is only make-believe」
■最合のぼる「退屈な王女様」
【Interview】
金原瑞人インタビュー「飾らないスタイルで翻訳書の妙味を伝える」聞き手:岡和田晃・岩田恵・深泰勉/構成=岡和田晃
【Color】
■甘美な悪夢へといざなう暗黒のメルヘン/沙月樹京
■『LAMB/ラム』現代アイスランドが生んだ驚異の神話/深泰勉
■怪物たちが彷徨う夢と、暗い未来。――短編シリーズ『ラブ、デス&ロボット』/丸屋九兵衛
■時空を超えたシスターフッド──セリーヌ・シアマ監督『秘密の森の、その向こう』とフィリパ・ピアス『トムは真夜中の庭で』/岡和田晃
■豪華スタッフが贈る、新・いばら姫「十三月のふたり姫/The 13th month」/徳岡正肇
【Essay】
■怪奇幻想文学としての暗黒メルヘン/岡和田晃
■メルヒェンと民話蒐集の向こう側にあるもの/深泰勉
■ダークメルヘン・心の扉を開けて/浅尾典彦
ラヴクラフトとBLM/エイヴリ・モロー
SNSをザワつかせる暗黒癒し系漫画たち/徳岡正肇
■『コララインとボタンの魔女』の〈もう一人の母〉/エスカンド・ジェシ
■日本児童文学と暗黒性/後藤耕
【Game】
■ 神の代理羊よ、異端を屠り地上に楽園を作れ──『Cult of the Lamb』に見る現代インディゲーム/徳岡正肇
【Serial】
■覚えておいて欲しいこと……第七回 「盗まれた子供」について/井村君江
■〈アンソロジーに花束を〉第十二回 ホラーのベスト100アンソロジー安田均
【Book guide】/岡和田晃
金原瑞人印の短編集──『八月の暑さのなかで』と『壊れやすいもの』
■多層的な複合体としてのアンチ・メルヘンへ──『昔話と文学』
■兎穴や鮫の胃という異界からの呼びかけ──『偽のプリンセスと糸車の呪い』、『呑み込まれた男』、『陽だまりの果て』
■表紙/たま《The gate was opened》
―――――――――――――

 

 

『ウォーハンマーRPG』第4版の新作サプリメント『ライクランドの記念碑』のPDF販売が開始

 『ウォーハンマーRPG』第4版の新作サプリメント『ライクランドの記念碑』のPDF販売が開始(リンクはコノス)。五つの注目すべき記念碑、彫像、塔が紹介されており、世界観の理解、シナリオソースに最適です。私は待兼音二郎さんと翻訳監修に入りました。

conos.jp

 

「図書新聞」2022年10月29日号に、「〈世界内戦〉下の文芸時評 第九二回 それでも語り続け、解放を求めねばならない」が掲載

 発売中の「図書新聞」2022年10月29日号に、「〈世界内戦〉下の文芸時評 第九二回 それでも語り続け、解放を求めねばならない」が掲載されています。今回は「国葬」の強行および日本政府によるミャンマー軍事政権を招待したこと、統一協会(教会)との癒着を批判しつつ、以下の作品を取り上げました。

・中西嘉宏『ミャンマー現代史』(岩波新書
有田芳生統一教会とは何か 改訂新版』(大月書店)
・鈴木エイト『自民党統一教会汚染――追跡3000日』(小学館
・菊池真理子『「神様」のいる家で育ちました――宗教2世な私たち』(文藝春秋
栗田隆子「おのが社会的弱さを語ること――それを取り巻く力について」(「群像」)
・郡山吉江『しかし語らねばならない――女・底辺・社会運動』(共和国)および下平尾直の投げ込み文
・桜井愛子/平体由美編『社会科学からみるSDGs』(小鳥遊書房)
・西田勝『「満洲文学」の発掘』(法政大学出版局)および谷本澄子の協力。
・黄英治(ファンヨンチ)「虹の染み(二)」(「千年紀文学」)
・赤野四羽『句集 ホフリ』(RANGAI文庫)
・鈴木創士『芸術破綻論』(月曜社
・C・F・ラミュ『詩人の訪れ 他三篇』(笠間直穂子訳、幻戯書房
・アリス・リヴァ『みつばちの平和 他一篇』(正田靖子訳、幻戯書房

 その他、郡山弘史『歪める月』および「ニコヨン詩抄」、加納三郎『満洲文化のために』、ロベール・パンジェ、ザ・スターリンEP-4等にも言及しています。

「フラジャイル」15号に「あなたはまだキーウへ行ったことがない(私も)」の翻訳協力および解説、「現代北海道文学研究(五)」が掲載

 詩誌「フラジャイル 」15号にて、羅毓嘉著、劉靈均訳「あなたはまだキーウへ行ったことがない(私も)」の翻訳協力および解説を担当しました。
 加えて連載「現代北海道文学研究(五)利尻・礼文文学としての村上利雄と大江健三郎」も掲載されています。

画像

画像