はじめに


・このブログの方針につきまして
・自己紹介 
・おすすめ無料記事
・Twilog
・訂正記事 ・反論記事

単著ほか最近の仕事

・岡和田晃の最新の仕事はこちらから見られます!

※最新の評論『反ヘイト・反新自由主義の批評精神』が出ました。2008年から18年まで書いてきた、「純文学」とポストコロニアルなテーマを精選した批評集です。
エクリプス・フェイズ (Role&Roll RPG)

エクリプス・フェイズ (Role&Roll RPG)

※『エクリプス・フェイズ』日本語版ルールブックが、発売となりました。岡和田晃は翻訳チームに参加しています。スペースオペラサイバーパンクが融合した本格SF-RPGの世界を日本語でご堪能下さい。A4変形フルカラー400ページです。圧倒的情報量にも関わらずプレイアブル。日本語版の公式サイトで、サマリー形式の簡易ルール&シナリオ「ヘリオンズ・エッグ」、サンプルキャラクター等を無料でダウンロードできます
ガンドッグゼロ リプレイ アゲインスト・ジェノサイド (Role&Roll Books) (Role & RollBooks)

ガンドッグゼロ リプレイ アゲインスト・ジェノサイド (Role&Roll Books) (Role & RollBooks)

※『アゲインスト・ジェノサイド』は初の単著、自信作です。ロールプレイングゲームの可能性を引き出すべくつとめました。
「世界内戦」とわずかな希望〜伊藤計劃・SF・現代文学 (TH Series ADVANCED)

「世界内戦」とわずかな希望〜伊藤計劃・SF・現代文学 (TH Series ADVANCED)

※『「世界内戦」とわずかな希望』は、第二単著です(日本図書館協会選定図書になりました)。詳しくはこちらのエントリをご覧ください。また、収録記事「二十一世紀の実存」に脱落がありますが、版元のサイトで完全版をPDF形式でダウンロードできます。
※『向井豊昭の闘争』は第三単著。未來社のPR誌「未来」の連載を大幅に加筆改稿したもので、書き下ろしの第三章、詳細な作品リストもついています。帯は笙野頼子さんが書いてくださいました。
※『向井豊昭傑作集』は、編集、解説、年譜作成を担当しました(こちらも日本図書館協会選定図書になりました)。
北の想像力 《北海道文学》と《北海道SF》をめぐる思索の旅

北の想像力 《北海道文学》と《北海道SF》をめぐる思索の旅

※『北の想像力』は、統括と編集を担当いたしました。特設サイトはこちら! 日本SF大賞最終候補&星雲賞参考候補となりました。
アイヌ民族否定論に抗する

アイヌ民族否定論に抗する

アイヌ現代思想史研究者のマーク・ウィンチェスターさんとの共編で、レイシズムヘイトスピーチ歴史修正主義に反対する本を作りました。『アイヌ民族否定論に抗する』です。全国学図書館協議会選定図書となりました。
※『「世界内戦」とわずかな希望』は、第四単著です。2013年から2017年に書いた批評を集成しています。特にRPG論を入れられたのは、苦労しただけに感慨深いものがあります。
ベア・ダンジョン+ベア・カルトの地下墓地+運命の審判 (T&Tアドベンチャー・シリーズ4)

ベア・ダンジョン+ベア・カルトの地下墓地+運命の審判 (T&Tアドベンチャー・シリーズ4)

※J・ピーターズ『ベア・カルトの地下墓地』レベル1を全訳し、レベル2を杉本=ヨハネさんと共同制作しました。自信作です。
※『ブラマタリの供物』の設定協力と解説を担当いたしました。
※『こころ揺らす』に、岡和田晃のインタビューが掲載されています。
トンネルズ&トロールズ完全版BOOK

トンネルズ&トロールズ完全版BOOK

※『トンネルズ&トロールズ完全版BOOK』に翻訳を担当した『アンクル・アグリーの地下迷宮』が同梱されています。

献本について

 このブログやTwitterにて、アトランダムに献本いただいた作品を紹介しています(原則として商業媒体の新作。すべてを紹介できているわけではありません)。文芸時評をやっている関係上、文芸誌の献本については原則、ウェブログでの紹介はいたしません。時評や書評に間に合った場合、そちらに替えさせていただくこともあります。

「ナイトランド・クォータリー・タイムス」Issue02

 幻想想文学に詳しくなりたいけど、周りに仲間がいない……。そんなあなたには「ナイトランド・クォータリー」の定期購読がおすすめです。 小説を楽しみながら、自然に知識がついていきます。  定期購読者には、特典としてペーパー「ナイトランド・クォータリー・タイムス」がついてきます。 編集部インタビューや松島梨恵さんのアイラ島旅行記、岡和田のSFセミナー2019「ナイトランド・クォータリー」の部屋レポート、『ソーサリー・キャンペ ーン』紹介など盛りだくさんの内容です!

ナイトランド・クォータリーvol.17 ケルト幻想〜昏い森への誘い〜

ナイトランド・クォータリーvol.17 ケルト幻想〜昏い森への誘い〜

 

「図書新聞」2019年6月8日号に、「〈世界内戦〉下の文芸時評 第五二回 言葉ならざる言葉を「日本」に閉じ込めてしまわないために」を寄稿

本日発売の「図書新聞」2019年6月8日号に、「〈世界内戦〉下の文芸時評 第五二回 言葉ならざる言葉を「日本」に閉じ込めてしまわないために」を寄稿しました。今回は丸山穂高の「戦争で北方領土を取り戻す」発言および「アイヌ新法」をめぐる国会でのアイヌ差別発言を批判し、以下の作品を取り上げています。


・石倉真帆「そこどけあほが通るさかい」(群像新人文学賞受賞作)
・今村夏子「むらさきのスカートの女」(「小説トリッパー」)
小山田浩子「園の花」(「文學界」)
・仙田学「アイドル」(「文藝」)
・近本洋一「逆立ちした塔――伊勢神宮保田與重郎三島由紀夫中野重治」(「すばる」二〇一九年五月号)
・先崎彰容「天皇と人間――坂口安吾和辻哲郎」(「新潮」)
杉田俊介橋川文三とその浪曼」(「すばる」連載)
宮澤隆義「資本主義という「戦争」――中野重治の戦時下批評から」(「群像」)
山城むつみベンヤミンのメキシコ学――運命的暴力と翻訳」(「新潮」二〇一九年五月号)および「連続する問題 第五回 フェンスと傷口」(「すばる」二〇一九年四月号)
・宮内悠介「ホテル・アースポート」(『GENESIS 一万年の午後』、東京創元社
・久永実木彦『一万年の午後』(『GENESIS』)

その他、小坂洋右『流亡』、鎌田哲哉橋川文三に関する小文、向井豊昭『怪道をゆく』などに触れています。

I contributed 52th literary critic on Book Review Press 06/08/2019. It features a political gaffe about Japanese "Northern Territory".

「Role&Roll」Vol.176に、『エクリプス・フェイズ』の入門シナリオ&運用ガイド「ババ・ヤガーヴァンの破滅の予言」が掲載

発売中の「Role&Roll」Vol.176に、『エクリプス・フェイズ』の入門シナリオ&運用ガイド「ババ・ヤガーヴァンの破滅の予言」が掲載されています。緊張感に満ちた展開、ディヴェロップメントを重ねて練りに練った本格アドベンチャー・シナリオです。

We developed a new Eclipse Phase adventure scenario “The prophecy of doom” for Role&Roll magazine Vol.176.

 

 

Role&Roll Vol.176

Role&Roll Vol.176

 

 

「現代詩手帖」2019年6月号の「詩の未来へ 現代詩手帖の60年展」特集において、「私と「現代詩手帖」アンケート」に参加

現代詩手帖」2019年6月号の「詩の未来へ 現代詩手帖の60年展」特集において、「私と「現代詩手帖」アンケート」に参加しています。

現代詩手帖 2019年 06 月号 [雑誌]

現代詩手帖 2019年 06 月号 [雑誌]

 

「ナイトランド・クォータリーvol.17 ケルト幻想〜昏い森への誘い〜」(アトリエサード)が、2019/6/5ごろ発売

 お待たせしました。「ナイトランド・クォータリーvol.17 ケルト幻想〜昏い森への誘い〜」(アトリエサード)が、2019/6/5ごろ発売になります。

 今号は完全新体制での号となります。
 前号に続いて岩田恵さんをプロジェクト・マネージャーに据え、岡和田晃は2代目エディター・イン・チーフとなりました(岡和田はアトリエサード社員ではなく外部編集者の立場なので、こういう形でお願いしています)。
 そのうえで……これまでのホラー&ダーク・ファンタジーの蓄積を、より拡がりのある文脈に接続すべく試みました。
 今号の目玉は、井村君江ロング・インタビューです!
 関連し、うつのみや妖精ミュージアムの模様をヴィジュアルで紹介しています。
 藤原ヨウコウさんの新コンセプトのアート「Visonary Celtic」も惚れ惚れする美しさです。
 また、古典新訳は『ルクンドオ』が好評の遠藤裕子さんによるアーサー・マッケン「変容」(旧訳では「変身」)。
 ボブ・カランの訳や『幻想と怪奇の英文学』シリーズで知られる下楠昌哉さんにはジェレマイア・カーティンを選定&翻訳していただきました。
 いずれも、土俗的なホラーの妙味を堪能いただける逸品です。

 現代作家は、いずれも、本邦初紹介の実力が確かな作家ばかりを選定しました。
 ブライアン・オールディスやM・ジョン・ハリスンの訳で知られる大和田始さんに、ピエール・コムトワを担当してもらいました。ケイオシアム社で小説も出している作家ですが、今回訳した「幻の巻狩」は、アーサー・マッケンをリスペクトした作品です。
 ジェフ・C・カーター「かかる警句のなきがゆえに」はヘリオガバルスと剣闘士がモチーフ。なんと、今作が世界初公開になります。
 デヴィッド・テラーマン「木の葉のさだめ」は、レイ・ブラッドベリオーガスト・ダーレスを彷彿させるノスタルジアの観点からの「ケルト」解釈。
 リサ・L・ハネット「食べさせてあげなきゃ」は、「インスマウスの影」のケルト版!? ともいうべき作品ですが、多用な解釈が可能です。

 既訳のある現代作家としては世界幻想文学大賞作家アンジェラ・スラッターの「赫い森」。王道ダーク・ファンタジーです。こちらは拙訳でお楽しみください。

 日本人作家は橋本純さん、松本寛大さん。橋本さんの「いつか野に咲く麦になるまで」は『ガリア戦記』のエピソードを正面から再話したもの。
 松本寛大さんの「ケルトの馬」は、プレグジットやテロリズムの状況と「ケルト」を融合させた作品。

 批評とブックガイドも充実。
 朝松健さんは、アーサー・マッケンと魔術について、深く掘り下げた論考を書かれています。
 『プリズナーNo.6完全読本』で、『秘密諜報員ジョン・ドレイク』の力作レビューを書かれた深泰勉さんが映像と音楽についてのコラムを。
 徳岡正肇さんは、デジタルゲーム『Hellblade』やライナー・クニツィアの『ケルト』についてレビュー。

 岡和田はアーサー・マッケンやヘレン・マクロイ、M・ジョン・ハリスンについて単発で批評を書き、児童文学(アラン・ガーナー、モリー・ハンター、ピーター・ディキンスン)、ノンフィクション(フローラ・アニー・スティール、『バルサス=ブレイス』、鶴岡真弓、木原誠など)、フィクション(ロード・ダンセイニ芥川龍之介、ピーター・トレメインなど)についてガイドを書きました。
 なお、発行が遅くなり申し訳ありません。次号は改善したいと思います。

 

ç»åã«å«ã¾ãã¦ããå¯è½æ§ããããã®:1人ããã­ã¹ã

=========
■主な内容
=========
■アーサー・マッケン「変容」/訳:遠藤裕子
■ピエール・コムトワ「幻の巻狩」/訳:大和田始
■ジェレマイア・カーティン「聖マーティン祭前夜 (ジョン・シーハイによって語られた話)」/訳:下楠昌哉
■ジェフ・C・カーター「かかる警句のなきがゆえに」/訳:待兼音二郎
■デイヴィッド・テラーマン「木の葉のさだめ」/訳:待兼音二郎
■リサ・L・ハネット「食べさせてあげなきゃ」/訳:徳岡正肇
■アンジェラ・スラッター「赫い森」/訳:岡和田晃

■橋本純「いつか野に咲く麦になるまで」
■松本寛大「ケルトの馬」

井村君江インタビュー「"General Literature"としての幻想文学ケルト研究」

■Night Land Gallery うつのみや妖精ミュージアム 常若の国への招待状/岡和田晃
ケルト妖精譚とホラー映画の微妙な関係/深泰勉
カナザワ映画祭が池袋で「大怪談大会」を開催!/いわためぐみ
■〜夜の国の幻視録 その1〜 「Visionary celtic」/藤原ヨウコウ
■アーサー・マッケンから流れる、ケルト精神の水脈――「パンの大神」、『翡翠の飾り』、ヘレン・マクロイ『牧神の影』/岡和田晃
■深き森の闇より ─ケルト文芸復興・魔術結社・幻想作家を巡る装飾的夢想─/朝松健
■Hellblade: Seuna's Sacrifice――「闇」と戦うピクトの女戦士が歩む、復讐と幻想の旅路/徳岡正肇
ボードゲームケルト(Keltis)」レビュー ――ドイツの数学者が幻視したケルトとは/徳岡正肇
アイリッシュミュージックの歌姫の浸透と拡散/深泰勉

■【ブックガイド】/岡和田晃
 □ケルトな幻想児童文学への招待 
 □M・ジョン・ハリスン〈ヴィリコニウム〉シリーズと転覆の美学 
 □「ケルト幻想」の淵源を知るために ──豊穣なる「ケルト研究」の世界 
 □今号のケルト幻想ホラー小説群を、より広い視座から味わい尽くすために

■表紙作品:戸田和子(うつのみや妖精ミュージアム所蔵)

http://athird.cart.fc2.com/ca8/264/p-r8-s/

 

ナイトランド・クォータリーvol.17 ケルト幻想〜昏い森への誘い〜

ナイトランド・クォータリーvol.17 ケルト幻想〜昏い森への誘い〜

 

 

「日本近代文学」第100集(2019年5月)に『反ヘイト・反新自由主義の批評精神』(寿郎社)書評(西野厚志)が掲載

日本近代文学会の学術誌「日本近代文学」第100集(2019年5月)に、西野厚志さんが『反ヘイト・反新自由主義の批評精神』(寿郎社)の長い書評を寄稿してくださいました。学会誌という場なので、ともすれば酷評も覚悟しておりましたが、面識がない私の他の仕事も丹念に渉猟して下さり、感無量です。