はじめに

※蔵原大さんの遺稿追悼文集をこちらで無償頒布中です。

・自己紹介 
・Twilog
・訂正記事

単著ほか最近の仕事

※編著『現代北海道文学論』が発売になりました。『北の想像力』の姉妹編です。
※翻訳「怪奇の国のアリス」、「怪奇の国!」、創作「天空の国のアリス」、コミック原案「はじめての怪奇の国のアリス」が収録されています。
※翻訳「コッロールの恐怖」、「ヴァンパイアの地下堂」が収録されています。
※最新の評論『反ヘイト・反新自由主義の批評精神』が出ました。2008年から18年まで書いてきた、「純文学」とポストコロニアルなテーマを精選した批評集です。
※『ウォーハンマーRPG ルールブック』が発売されました。第4版でオールド・ワールドの冒険を堪能しましょう。岡和田晃は翻訳チームに参加しています。
※論考「E・F・ベンスン、拡散と転覆のオブセッション――「塔の中の部屋」と「アムワース夫人」を中心に」を寄稿しています。
※論考「津島佑子 作家の芯にある「夢」で差別という「陵辱」を退ける」、「コラム 震災と文学」を寄稿しています。
※『エクリプス・フェイズ』日本語版ルールブックが、発売となりました。岡和田晃は翻訳チームに参加しています。日本語版の公式サイトで、サマリー形式の簡易ルール&シナリオ「ヘリオンズ・エッグ」、サンプルキャラクター等を無料でダウンロードできます
※『アゲインスト・ジェノサイド』は初の単著、自信作です。ロールプレイングゲームの可能性を引き出すべくつとめました。
※『「世界内戦」とわずかな希望』は、第二単著です(日本図書館協会選定図書になりました)。詳しくはこちらのエントリをご覧ください。また、収録記事「二十一世紀の実存」に脱落がありますが、版元のサイトで完全版をPDF形式でダウンロードできます。
※『向井豊昭の闘争』は第三単著。未來社のPR誌「未来」の連載を大幅に加筆改稿したもので、書き下ろしの第三章、詳細な作品リストもついています。帯は笙野頼子さん。
※『向井豊昭傑作集』は、編集、解説、年譜作成を担当しました(こちらも日本図書館協会選定図書になりました)。
※『北の想像力』は、統括と編集を担当いたしました。特設サイトはこちら! 日本SF大賞最終候補&星雲賞参考候補となりました。
アイヌ現代思想史研究者のマーク・ウィンチェスターさんとの共編で、レイシズムヘイトスピーチ歴史修正主義に反対する本を作りました。『アイヌ民族否定論に抗する』です。全国学図書館協議会選定図書となりました。
※『「世界内戦」とわずかな希望』は、第四単著です。2013年から2017年に書いた批評を集成しています。
※J・ピーターズ『ベア・カルトの地下墓地』レベル1を全訳し、レベル2を杉本=ヨハネさんと共同制作しました。
※『ブラマタリの供物』にて設定協力と解説を担当いたしました。
※『こころ揺らす』に岡和田晃のインタビューが掲載されています。
※『トンネルズ&トロールズ完全版BOOK』に『アンクル・アグリーの地下迷宮』が同梱されています。
※「ナイトランド・クォータリー」Vol.16から編集に参画し、Vol.17から編集長になりました。
※ジェームズ・ウィルソン「傭兵剣士」「青蛙亭ふたたび」の翻訳チェック・多人数シナリオ寄稿、続編の「無敵の万太郎とシックス・パックの珍道中」と「〈黒のモンゴ―〉の塔ふたたび」が掲載されています。心意気としては第六単著のつもりです。
※限定部数のみ刊行した第一詩集が、2019年度の茨城文学賞を受けるなど望外の好評を得たため、増刷し商業流通することになりました。
※『新・日本現代詩文庫 清水博司詩集』の解説を書きました。
※『エクリプス・フェイズ サンワード』の翻訳に参加しました。
※『ウォーハンマーRPG スターターセット』の翻訳に参加しました。
※編著『再着装(リスリーヴ)の記憶 〈エクリプス・フェイズ〉アンソロジー』が刊行されました。
※編著『いかに終わるか 山野浩一発掘小説集』が刊行されました。

献本について

 このブログやTwitterにて、アトランダムに献本いただいた作品を紹介しています(原則として商業媒体の新作。すべてを紹介できているわけではありません)。文芸時評をやっている関係上、文芸誌の献本については原則、ウェブログでの紹介はいたしません。時評や書評に間に合った場合、そちらに替えることもあります。

「潮流詩派」270に新作詩「タコの阿Qよ井上伝蔵よ」と「石毛拓郎論」が掲載

 「潮流詩派」270(潮流出版社、2022.7)が刊行されました。石毛拓郎へのオマージュを含んだ新作詩「タコの阿Qよ井上伝蔵よ」と、長編批評「秩父困民党と阿Qを結ぶ階級的哄笑から民衆性の新たな弁証へ――石毛拓郎論(前)」が掲載されています。

 画像

画像

画像

「TH」No.91に、裸のラリーズ論・『夜のガスパール』論、山野浩一連載、その他レビュー2本が掲載

 発売中の「TH(トーキングヘッズ叢書)No.91 夜、来たるもの〜マジカルな時間のはじまり」に、「裸のラリーズという《夜の夢》」、藤元登四郎さんの「『夜のガスパール』の魔法を精神分析する」とコラボした「『夜のガスパール』でのディジョンと音楽」、そして連載「山野浩一とその時代(20)福士康子再評価の文脈と、山野浩一の創作教室」に加え、特選街レビュー「『右手を失くしたカリスマ MASAMI伝』書評」と「映画『Zoom』レビュー」が掲載されています。

画像

 その他、以下を監修しました。

■夜から生まれた『百億の昼と千億の夜』〜光瀬龍萩尾望都宮野由梨香
■『夜のガスパール』の魔法を精神分析する●藤元登四郎
■俳句の夜を蠢くもの〜第六回芝不器男俳句新人賞の受賞作家たち●菅原慎矢
■寝惚けた人が見間違えた…のか?〜金縛り・過眠症・夢遊病の科学と非科学●阿澄森羅

上記が特集評論。以下は特集レビューです。
ロラン・バルト「パリの夜」●渡邊利道
◎アーシュラ・K・ル=グウィン「夜の言葉〜ファンタジー・SF論」●前田龍之祐
諸星大二郎「オリオンラジオの夜」●水波流

 裸のラリーズの公式サイトでもご紹介いただき、これもまた一つの《夜の夢》のようです!

www.lesrallizesdenudes-official.com

「図書新聞」2022年7月30日号に、今年上半期の読書アンケート回答が掲載

 発売中「図書新聞」2022年7月30日号に、今年上半期の読書アンケート回答が掲載。他の私の書評で扱っていない以下3作を取り上げました。
 

・上田早夕里『獣たちの海』(ハヤカワ文庫JA)
・李良枝『ことばの杖 李良枝エッセイ集』(新泉社)
・駒井一慶『ふぞろいなキューリと地上の卵』(寿郎社

 

「Role&Roll」Vol.213に、戦鎚傭兵団の中世“非”幻想事典」第六十九回「異教徒支配下での出世の階段? それとも血税? バルカンのデヴシルメ制度」が掲載

 発売中の「Role&Roll」Vol.213に、戦鎚傭兵団の中世“非”幻想事典」第六十九回「異教徒支配下での出世の階段? それとも血税? バルカンのデヴシルメ制度」が掲載されています。イェニチェリ、イヴォ・アンドリッチ『ドリナの橋』、ヤーノシュ等3人のバルカンでの有名人にスポットを当てています。

画像

 

「小熊秀雄協会 会報」二五号(二〇二二年六月三〇日)に、「「美しい日本語」を揺るがすこと――小熊秀雄・向井豊昭・江口カナメ」を寄稿

 「小熊秀雄協会 会報」二五号(二〇二二年六月三〇日)に、「「美しい日本語」を揺るがすこと――小熊秀雄向井豊昭・江口カナメ」を寄稿。小熊秀雄研究史における特異点としての「飛ぶくしゃみ」(向井豊昭)と向井「怪道をゆく」を繋ぐ新発見に、最新の小熊研究(吉田恵理)を接続しました。

画像

画像

『T&Tビギナーズバンドル 魔術師の島』が発売

 『トンネルズ&トロールズ完全版』の新作、『T&Tビギナーズバンドル 魔術師の島』(グループSNE新紀元社)が発売されました。

 唯一無二の雰囲気を醸したゴシックファンタジーRPGが単体で楽しめます。入門用の『ビギナーズバンドル』と、『魔術師の島』がシュリンクで1冊になっています。

 後者は『クトゥルフの呼び声(『クトゥルフ神話TRPG』)の『ニャルラトテップの仮面』でも知られるラリー・ディティリオの作品ですが、小説「ドラゴンの巣を越えて」をカップリングし、さらに未訳だった小説「畏怖すべきタイタンのタロット」とコラム「魔術師ダークスモークかく語りき」に、無敵の万太郎と岩悪魔シックス・パックによる「魔術師の島」がらみのソロアドベンチャー2本を加えた豪華コレクション。匠の技巧を堪能できます。

画像

 

 目次を紹介。『ビギバン』は柘植めぐみさんが翻訳。『魔術師の島』は高山浩さんの翻訳ですが、大判で読みやすくなり、完全版対応。エンハンスド版の情報も追加。旧版エラッタも訂正済み。「ドラゴンの巣を越えて」は安田均さんの訳。私は「畏怖すべきタイタンのタロット」に「魔術師ダークスモークかく語りき」を訳し、またソロアドベンチャー「魔術師の島が呼んでいる」と「名もなき村を越えて」を寄せています。

画像

 

画像

 旧版と並べてみました。

 コノスとイエローサブマリンでもランキングに入っております。

画像

 

画像

 

Role&Roll」Vol.211に掲載されているたまねぎ須永さんのソロアドベンチャー「カリスの仮図」も、『ビギナーズバンドル』とリンクする内容です。こちら、チェック協力いたしました。