はじめに


・このブログの方針につきまして
・自己紹介 
・Twilog
・訂正記事 ・反論記事

単著ほか最近の仕事

・岡和田晃の最新の仕事はこちらから見られます!

※最新の評論『反ヘイト・反新自由主義の批評精神』が出ました。2008年から18年まで書いてきた、「純文学」とポストコロニアルなテーマを精選した批評集です。
エクリプス・フェイズ (Role&Roll RPG)

エクリプス・フェイズ (Role&Roll RPG)

※『エクリプス・フェイズ』日本語版ルールブックが、発売となりました。岡和田晃は翻訳チームに参加しています。スペースオペラサイバーパンクが融合した本格SF-RPGの世界を日本語でご堪能下さい。A4変形フルカラー400ページです。圧倒的情報量にも関わらずプレイアブル。日本語版の公式サイトで、サマリー形式の簡易ルール&シナリオ「ヘリオンズ・エッグ」、サンプルキャラクター等を無料でダウンロードできます
ガンドッグゼロ リプレイ アゲインスト・ジェノサイド (Role&Roll Books) (Role & RollBooks)

ガンドッグゼロ リプレイ アゲインスト・ジェノサイド (Role&Roll Books) (Role & RollBooks)

※『アゲインスト・ジェノサイド』は初の単著、自信作です。ロールプレイングゲームの可能性を引き出すべくつとめました。
「世界内戦」とわずかな希望〜伊藤計劃・SF・現代文学 (TH Series ADVANCED)

「世界内戦」とわずかな希望〜伊藤計劃・SF・現代文学 (TH Series ADVANCED)

※『「世界内戦」とわずかな希望』は、第二単著です(日本図書館協会選定図書になりました)。詳しくはこちらのエントリをご覧ください。また、収録記事「二十一世紀の実存」に脱落がありますが、版元のサイトで完全版をPDF形式でダウンロードできます。
※『向井豊昭の闘争』は第三単著。未來社のPR誌「未来」の連載を大幅に加筆改稿したもので、書き下ろしの第三章、詳細な作品リストもついています。帯は笙野頼子さん。
※『向井豊昭傑作集』は、編集、解説、年譜作成を担当しました(こちらも日本図書館協会選定図書になりました)。
北の想像力 《北海道文学》と《北海道SF》をめぐる思索の旅

北の想像力 《北海道文学》と《北海道SF》をめぐる思索の旅

※『北の想像力』は、統括と編集を担当いたしました。特設サイトはこちら! 日本SF大賞最終候補&星雲賞参考候補となりました。
アイヌ民族否定論に抗する

アイヌ民族否定論に抗する

アイヌ現代思想史研究者のマーク・ウィンチェスターさんとの共編で、レイシズムヘイトスピーチ歴史修正主義に反対する本を作りました。『アイヌ民族否定論に抗する』です。全国学図書館協議会選定図書となりました。
※『「世界内戦」とわずかな希望』は、第四単著です。2013年から2017年に書いた批評を集成しています。
ベア・ダンジョン+ベア・カルトの地下墓地+運命の審判 (T&Tアドベンチャー・シリーズ4)

ベア・ダンジョン+ベア・カルトの地下墓地+運命の審判 (T&Tアドベンチャー・シリーズ4)

※J・ピーターズ『ベア・カルトの地下墓地』レベル1を全訳し、レベル2を杉本=ヨハネさんと共同制作しました。
※『ブラマタリの供物』の設定協力と解説を担当いたしました。
※『こころ揺らす』に、岡和田晃のインタビューが掲載されています。
トンネルズ&トロールズ完全版BOOK

トンネルズ&トロールズ完全版BOOK

※『トンネルズ&トロールズ完全版BOOK』に翻訳を担当した『アンクル・アグリーの地下迷宮』が同梱されています。
ナイトランド・クォータリーvol.17 ケルト幻想〜昏い森への誘い〜

ナイトランド・クォータリーvol.17 ケルト幻想〜昏い森への誘い〜

※「ナイトランド・クォータリー」Vol.16から編集に参画し、このVol.17から編集長になりました。
傭兵剣士 (T&Tアドベンチャー・シリーズ7)

傭兵剣士 (T&Tアドベンチャー・シリーズ7)

※ジェームズ・ウィルソン「傭兵剣士」「青蛙亭ふたたび」の翻訳チェック・多人数シナリオ寄稿、続編の「無敵の万太郎とシックス・パックの珍道中」と「〈黒のモンゴ―〉の塔ふたたび」が掲載されています。心意気としては第六単著のつもりです。

献本について

 このブログやTwitterにて、アトランダムに献本いただいた作品を紹介しています(原則として商業媒体の新作。すべてを紹介できているわけではありません)。文芸時評をやっている関係上、文芸誌の献本については原則、ウェブログでの紹介はいたしません。時評や書評に間に合った場合、そちらに替えさせていただくこともあります。

「北海道新聞」2019年8月21日朝刊に朗読会情報が掲載

詩誌「フラジャイル」最新6号をお送りいただきました。店売りもある詩誌で、巻頭に拙作の現代詩「海賊コンラッドの出奔」が掲載されています。

 バイロンの小説を下敷きにしたほか、批評的フックも盛り込んでいます。24日の旭川ときわ市民ホール14:00よりのイベントで、本作等を朗読します。予約不要!

åçã®èª¬æã¯ããã¾ããã

本日2019年8月21日の北海道新聞朝刊で、同24日14:00より旭川のときわ市民ホールで開催される現代詩の朗読会の告知が掲載されています。紙面では、わざわざ私にも言及いただき恐縮です。皆さまのご来駕をお待ち申し上げます。

åçã®èª¬æã¯ããã¾ããã

f:id:Thorn:20190822152821p:plain

åçã®èª¬æã¯ããã¾ããã

f:id:Thorn:20190822152839p:plain

 

「SF Prologue Wave」2019年8月20日号に「Role&Roll」Vol.178の『エクリプス・フェイズ』シナリオの紹介が掲載

 一般社団法人日本SF作家クラブ公認ネットマガジン「SF Prologue Wave」2019年8月20日号に、「Role&Roll」Vol.178 に掲載された『エクリプス・フェイズ』の拙作シナリオ「因縁のダークキャスティング」の紹介記事が載りました。

 以下のリンク先から、無料で読むことができます。

prologuewave.com

 

 

 

詩誌「フラジャイル」6号に「海賊コンラッドの出奔」掲載&8月24日に旭川で朗読

 そろそろ発売になる旭川の詩誌「フラジャイル」(旭川で戦後72年続く詩誌「青芽」の後継誌)、吉増剛造さんのイベントの細かい採録があるなど、誌面の充実を見せていましたが……もうすぐ発刊になる6号(2019年8月)の巻頭(!)に、なんと拙作「海賊コンラッドの出奔」を掲載いただきました。これはバイロンの小説『海賊』を下敷きにした現代詩です。「胸躍る冒険の詩作品」と評していただきましたが、ラインバウ&レディカーの『多頭のヒドラ』からも刺激を受けています。

 編集の柴田望さんのサイトで、「フラジャイル」の取り扱い店、および、6号の短信欄が採録されています。

fragile-seiga.hatenablog.com

 8月24日(土)、北海道・旭川市のときわ市民ホールで開催される「小熊秀雄・朗読会 第18回 山田亮太+フラジャイル」にて、そろそろ発送となる&店に並ぶ「フラジャイル」6号の巻頭に掲載される拙作「海賊コンラッドの出奔」を朗読することになりました。ぜひお越し下さい。

blog.livedoor.jp

f:id:Thorn:20190818161635p:plain



「ナイトランド・クォータリーvol.18 想像界の生物相」が、8月30日頃発売!

「ナイトランド・クォータリーvol.18 想像界の生物相」が、2019/8/30ごろ店頭に並びます! (定期購読の方々には2019/8/27ごろ発送となります)
国立民族学博物館にて先行発売いたします!

athird.cart.fc2.com

✂ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー✂

幻視者のためのホラー&ダーク・ファンタジー専門誌《ナイトランド・クォータリー》。

vol.18は「想像界の生物相」。
国立民族学博物館で開催される特別展示「驚異と怪異」とシンクロし、
想像界のさまざまな生物をモチーフにした物語を特集!

特別増ページで、小説やインタビュー、レビュー、エッセイなど満載。

パステル都市』のM・ジョン・ハリスン、E・ホフマン・プライス、タラ・イザベラ・バートンなど翻訳8編、日本作家は仁木稔、朝松健。
この他、開田裕治インタビュー、三宅陽一郎インタビュー、小特集/国立民族学博物館・特別展「驚異と怪異―想像界の生きものたち」など、読み応えたっぷりです。

=========
■主な内容
=========
アーサー・コナン・ドイル「大空の恐怖」/訳:田村美佐子
■E・ホフマン・プライス「クルディスタンの異邦人」/訳:岡和田晃
■ポール・ヘインズ「マレクの復活」/訳:岡和田晃
■タラ・イザベラ・バートン「レオポルトシュタット街のゴーレム」/訳:待兼音二郎
■クリスチャン・ライリー「山の中へ、母なる古齢の森の中へ」/訳:大和田始
■アンジェラ・スラッター「リトル・マーメイドたち」/訳:徳岡正肇
■ウィリアム・ミークル「書斎の中のもの」/訳:渡辺健一郎
■M・ジョン・ハリスン「ラミアとクロミス卿」/訳:大和田始

■仁木 稔「ガーヤト・アルハキーム」
■朝松 健「〈一休どくろ譚・異聞〉一休葛籠」

【インタビュー】
開田裕治インタビュー「ノイズの中から生まれるイメージ」/岡和田晃
■三宅陽一郎インタビュー「AIは人間の幽霊を見るか」/徳岡正肇

【小特集】
国立民族学博物館・特別展「驚異と怪異―想像界の生きものたち」
■“怪異の音”を収集した貴重な映像資料/深泰勉
■マンタム・選 想像界の生き物図鑑
能楽「土蜘蛛」──日常と地続きの怪異の恐ろしさ/待兼音二郎

【連載】
■〜夜の国の幻視録 その2〜イブン・バイタール「マンドラゴラ売りの口上」/訳:岡和田晃/画:藤原ヨウコウ
■「犬とマンドレイク」中国へ渡る──マンドレイクの採取法はなぜ広まったか/松島梨恵
■〈新連載・アンソロジーに花束を〉第一回 謎の物語/安田均

【Movie】
塹壕からの「準創造」 ――『トールキン 旅のはじまり』/岡和田晃
■ヴンダーカンマーの時代とモンスター映画の間 ゴーレム編/深泰勉
■台湾土俗ホラーが怖い!/加藤浩志
■ヴンダーカンマーの時代とモンスター映画の間 人魚編/深泰勉

【Game】
■「DOOM」 ――怪物と踊るビデオゲームの快楽/徳岡正肇

【ブックガイド】/岡和田晃
■眩惑と驚異のメタテクスト空間へようこそ(ウナムーノ『アベル・サンチェス』、アンジェラ・カーター『ホフマン博士の地獄の欲望装置』、イアン・バンクス『蜂工場』)
■双角の預言者、あるいは錬金術師の父祖──山中由里子アレクサンドロス変相』を素描する
■「人間ならざるもの」が未来と過去を相対化する(「幻想文学」特集「くだん、ミノタウロス、牛妖伝説』、酉島伝法『宿借りの星』、上田早夕里『リラと戦禍の風』)
想像界の生物相を探究するために(ノンフィクション・ガイド)

【新刊紹介】
石神茉莉『蒼い琥珀と無限の迷宮』/深泰勉

【エッセイ】
■「想像界の生物相」に寄せて/いわためぐみ
■孔雀天使に魅せられた二人の作家──E・ホフマン・プライスとポール・へインズ/岡和田晃
■バリ、ダイビング・ポイントの怪/友成純一
■怪物のアイデンティティ──鳥の王「ロプロプ」のうつろう形象/松島梨恵
■バリのレヤック/友成純一
■「サンヒャン・ドゥダリ」に描かれる魔女の系譜/深泰勉

■表紙作品=仮面(クモ)(メキシコ) 撮影:大道雪代/国立民族学博物館 特別展「驚異と怪異─想像界のいきものたち」より

ナイトランド・クォータリーvol.18 想像界の生物相

ナイトランド・クォータリーvol.18 想像界の生物相

 

 

11月3日(日)にイエローサブマリン秋葉原RPGショップで開催「朱鷺田祐介オンリーコンベンション」(主催:幻界堂)にゲスト参加

 11月3日(日)にイエローサブマリン秋葉原RPGショップで開催される「朱鷺田祐介オンリーコンベンション」(主催:幻界堂)にゲスト参加します。
 私は『エクリプス・フェイズ』のゲームマスターGM)をさせていただきますが……なんとGMでも参加でき、GM募集がすでに開始されています!

 8/10~9/22はGM募集期間で、9/25~10/15の間がプレイヤー(PL)募集期間とのこと。
 詳細は以下のサイトをご確認下さい。

www.genkai-do.com

【ゲストとシステム】(敬称略)

 朱鷺田 祐介『深淵 試作第3版』
 岡和田 晃『エクリプス・フェイズ』
 西上 柾『シャドウラン5th Edition 』

◆イベント形式
・完全予約制のオンリーコンベンションです
・定員を超える参加希望が有った際には抽選となります
・ゲストGM:3卓、募集GM:5卓の予定
・PLは各卓4名の予定

◆日時:2019年11月3日 日曜日

◆場所:イエローサブマリン秋葉原RPGショップ

イエローサブマリンホームページ】

http://www.yellowsubmarine.co.jp/shop/shop-059.htm

◆定員:32名  

◆参加費:3000円 ※GMは立卓時無料。
 ゲスト卓の参加費:3500円

エクリプス・フェイズ (Role&Roll RPG)

エクリプス・フェイズ (Role&Roll RPG)

 

 

岡和田晃の第一詩集『掠れた曙光』(幻視社)が刊行されます

 岡和田晃の第一詩集『掠れた曙光』(幻視社、2019年8月刊)の見本が届きました。
 古典文学を下敷きにした形而上詩を中心に、長短様々なスタイルで書かれた現代詩14編を収めています(A5判、124ページ)。

 初版は限定80部のみの発行ですので、ご興味のある方はakiraokawada@gmail.comまでお知らせ下さい(以下は見本の現物をカメラで撮ったものです)。

åçã®èª¬æã¯ããã¾ããã

 収録作は以下の通りです。

イシスのヴェエルをめくって

恍惚のベアータ

倒立するクライスレリアーナ

黄昏の丘へ

掠れた曙光

 

聖女リドヴィナの墓標

大理石像の瘢痕

海賊コンラッドの出奔

黄金の坩堝

 

災厄の阿呆船

 

4 

コンクリート・ポエトリー?

カウンター・カルチャー?

 

【あとがき】

 

これはプロレタリア詩だ!