はじめに


・このブログの方針につきまして
・自己紹介 
・おすすめ無料記事
・Twilog
・訂正記事 ・反論記事

単著ほか最近の仕事

・岡和田晃の最新の仕事はこちらから見られます!

※最新の評論『反ヘイト・反新自由主義の批評精神』が出ました。2008年から18年まで書いてきた、「純文学」とポストコロニアルなテーマを精選した批評集です。
エクリプス・フェイズ (Role&Roll RPG)

エクリプス・フェイズ (Role&Roll RPG)

※『エクリプス・フェイズ』日本語版ルールブックが、発売となりました。岡和田晃は翻訳チームに参加しています。スペースオペラサイバーパンクが融合した本格SF-RPGの世界を日本語でご堪能下さい。A4変形フルカラー400ページです。圧倒的情報量にも関わらずプレイアブル。日本語版の公式サイトで、サマリー形式の簡易ルール&シナリオ「ヘリオンズ・エッグ」、サンプルキャラクター等を無料でダウンロードできます
ガンドッグゼロ リプレイ アゲインスト・ジェノサイド (Role&Roll Books) (Role & RollBooks)

ガンドッグゼロ リプレイ アゲインスト・ジェノサイド (Role&Roll Books) (Role & RollBooks)

※『アゲインスト・ジェノサイド』は初の単著、自信作です。ロールプレイングゲームの可能性を引き出すべくつとめました。
「世界内戦」とわずかな希望〜伊藤計劃・SF・現代文学 (TH Series ADVANCED)

「世界内戦」とわずかな希望〜伊藤計劃・SF・現代文学 (TH Series ADVANCED)

※『「世界内戦」とわずかな希望』は、第二単著です(日本図書館協会選定図書になりました)。詳しくはこちらのエントリをご覧ください。また、収録記事「二十一世紀の実存」に脱落がありますが、版元のサイトで完全版をPDF形式でダウンロードできます。
※『向井豊昭の闘争』は第三単著。未來社のPR誌「未来」の連載を大幅に加筆改稿したもので、書き下ろしの第三章、詳細な作品リストもついています。帯は笙野頼子さんが書いてくださいました。
※『向井豊昭傑作集』は、編集、解説、年譜作成を担当しました(こちらも日本図書館協会選定図書になりました)。
北の想像力 《北海道文学》と《北海道SF》をめぐる思索の旅

北の想像力 《北海道文学》と《北海道SF》をめぐる思索の旅

※『北の想像力』は、統括と編集を担当いたしました。特設サイトはこちら! 日本SF大賞最終候補&星雲賞参考候補となりました。
アイヌ民族否定論に抗する

アイヌ民族否定論に抗する

アイヌ現代思想史研究者のマーク・ウィンチェスターさんとの共編で、レイシズムヘイトスピーチ歴史修正主義に反対する本を作りました。『アイヌ民族否定論に抗する』です。全国学図書館協議会選定図書となりました。
※『「世界内戦」とわずかな希望』は、第四単著です。2013年から2017年に書いた批評を集成しています。特にRPG論を入れられたのは、苦労しただけに感慨深いものがあります。
ベア・ダンジョン+ベア・カルトの地下墓地+運命の審判 (T&Tアドベンチャー・シリーズ4)

ベア・ダンジョン+ベア・カルトの地下墓地+運命の審判 (T&Tアドベンチャー・シリーズ4)

※J・ピーターズ『ベア・カルトの地下墓地』レベル1を全訳し、レベル2を杉本=ヨハネさんと共同制作しました。自信作です。
日本現代卓上遊戯史紀聞 [2]草場純

日本現代卓上遊戯史紀聞 [2]草場純

※漫画について、草場純さんのインタビューをさせていただきました。
※『ブラマタリの供物』の設定協力と解説を担当いたしました。
ナイトランド・クォータリーvol.15 海の幻視

ナイトランド・クォータリーvol.15 海の幻視

※「ナイトランド・クォータリー」Vol.15に、「『幻影の航海』から「多頭のヒドラ」へ」を寄稿しました。
Role&Roll Vol.170

Role&Roll Vol.170

※「Role&Roll」Vol.170に『エクリプス・フェイズ』の入門シナリオ&運用ガイド「悪夢の衛星タナカの恐怖」を寄稿しました。
※『こころ揺らす』に、岡和田晃のインタビューが掲載されています。
トンネルズ&トロールズ完全版BOOK

トンネルズ&トロールズ完全版BOOK

※『トンネルズ&トロールズ完全版BOOK』に翻訳を担当した『アンクル・アグリーの地下迷宮』が同梱されています。
ウォーロックマガジンvol.3

ウォーロックマガジンvol.3

※「無敵の万太郎とシックス・パックの珍道中(ワンダリング・アドベンチャー)“~そして、恐怖の街へ~”」および「FFによる遊戯史学のススメ」が掲載されています。
Role&Roll Vol.171

Role&Roll Vol.171

※「Role&Roll」Vol.171に、「戦鎚傭兵団の中世“非”幻想事典 第四十八回「中世のギルド~盗賊/冒険者ギルドの原型」が、掲載されています。

献本について

 このブログやTwitterにて、アトランダムに献本いただいた作品を紹介しています(原則として商業媒体の新作。すべてを紹介できているわけではありません)。文芸時評をやっている関係上、文芸誌の献本については原則、ウェブログでの紹介はいたしません。時評や書評に間に合った場合、そちらに替えさせていただくこともあります。

「ナイトランド・クォータリー」vol.16「化外(けがい)の科学、悪魔の発明」が、2月27日頃に発売

幻視者のためのホラー&ダーク・ファンタジー専門誌《ナイトランド・クォータリー》vol.16「化外(けがい)の科学、悪魔の発明」が、2月27日頃に発売となります!
私は、「『ディファレンス・エンジン』と二元論」、「K・W・ジーターの「悪魔の発明」」、「ネメシスとハーサ 「ギガントマキア1945」の詩学」と、3本の批評を書きました。
また、今号は編集にも参加し、キム・ニューマン「秘薬狂騒曲」、クラーク・アシュトン・スミス「悪の信奉者」、ナサニエル・ホーソーンハイデガー博士の実験」、ナンシー・キルパトリック「健康で文化的な怪物の生活」等の解説も寄せています。
さらに今号は、アンドリュー・ペン・ロマイン「宇宙の片隅、天才シェフのフルコース」(訳:待兼音二郎)も掲載。こちらは、本邦初紹介の作家によります、『エクリプス・フェイズ』のシェアードワールド小説です! 「Role&Roll」Vol.172のシナリオ「宇宙アリーナ:血肉の美食」ともリンクします。 

ナイトランド・クォータリーvol.16 化外の科学、悪魔の発明

ナイトランド・クォータリーvol.16 化外の科学、悪魔の発明

 

2019/3/8(金)19:30~『骨踊り 向井豊昭小説選』(幻戯書房)発売記念!座談会その後/ゲスト:岡和田晃・東條慎生・山城むつみを開催

東京・赤坂の双子のライオン堂書店で、3月8日に『骨踊り 向井豊昭小説選』発売記念イベントを開催します。ぜひお越しください。

peatix.com

2019/3/8(金)19:30~『骨踊り 向井豊昭小説選』(幻戯書房)発売記念!座談会その後/ゲスト:岡和田晃・東條慎生・山城むつみ

骨踊り

骨踊り

 

 

『骨踊り 向井豊昭小説選』(幻戯書房)発売を記念しトークイベントを開催します。
ゲストに、当巻巻末で鼎談に参加された岡和田晃さん、東條慎生さん、山城むつみさんをお迎えします。
語りつくせなかった話や本書の魅力をお話いただきます。

<担当編集さんよりメッセージ>

みなさんは向井豊昭さんという小説家を知っていますか。

今回の本は「向井さんの名刺代わりの一冊を作りたい」、 というか、「こういう本があれば、 向井豊昭という重要な作家をもう誰も無視できないだろう」 という意気込みで担当しました。と同時に編集の過程で、 アイヌ差別や部落運動の歴史など――近現代日本の色々な問題が、 小説の背景として実に根深く存在していることを痛感しました。 向井さんの小説を読むことは、 いまに生きるわれわれをきっと力づけてくれるはずです。

本書所収の解説鼎談に参加された三人の方に、 そこでは語り尽くせなかった向井作品の魅力を、 更に深掘りしていただきます。

************************************

日時:2019年3月8日(金)19:30~21:00 (19:15開場)
場所:双子のライオン堂書店(赤坂6−5−21-101)
参加費用:事前予約:1500円、当日:1800円
定員:15名程度
お問い合わせ:info(a)liondo.jp
************************************

<出演者紹介>

岡和田晃(おかわだ・あきら)
1981年生。文芸評論家・ ゲームデザイナー・東海大学非常勤講師。著書に『向井豊昭の闘争 異種混交性(ハイブリディティ)の世界文学』(未來社)、『 反ヘイト・反新自由主義の批評精神 いま読まれるべき〈文学〉とは何か』(寿郎社)ほか。編著に『向井豊昭傑作集 飛ぶくしゃみ』(未来社)など。翻訳書に『アンクル・アグリーの地下迷宮』 (グループSNE)ほか。

東條慎生(とうじょう・しんせい)
1981年生。ライター・「 向井豊昭アーカイブ」運営者。季刊「未来」(未來社)に「『 挾み撃ち』の夢 後藤明生の引揚げ(エグザイル)」を連載。「図書新聞」、「 北海道新聞」等に寄稿。岡和田との共著に『北の想像力 〈北海道文学〉と〈北海道SF〉をめぐる思索の旅』(寿郎社)、 『アイヌ民族否定論に抗する』(河出書房新社)ほか。

山城むつみ(やましろ・むつみ)
1960年生まれ。文芸評論家・ 東海大学文化社会学部文芸創作学科教授。著書に『 文学のプログラム』『ドストエフスキー』(講談社文芸文庫)、『 連続する問題』(幻戯書房)、『小林秀雄とその戦争の時 『ドストエフスキイの文学』の空白』(新潮社)など。

1月27日の「南日本新聞」、同28日の「伊勢新聞」に、陣野俊史『泥海』書評の掲載が確認

1月27日の「南日本新聞」、同28日の「伊勢新聞」に、陣野俊史『泥海』書評の掲載が確認できました。「「事件」の痛み探る試み」と、題されています。共同通信に寄稿したものですね。

 

泥海

泥海

 

 

 

 

2月15日に椙山女学園大学にてワークショップ「SFから現代社会を考える」に出演します

 2月15日(金)15:00~17:00、椙山女学園大学にて、作家のさかき漣さん、翻訳家の大野典宏さん、コーディネートはアメリカ文学者の長澤唯史さん……という面々に混じり、「SFから現代社会を考える」というパネルイベントに出演します。弱者を蹂躙するジャンル「ではない」SFのあり方を模索します。
 会場は、椙山女学園大学星ヶ丘キャンパス国際コミュニケーション学部棟205教室、入場無料・予約不要です。ワークショップ形式ですので、ご参加の方からの発言も歓迎いたします。

「SFから現代社会を考える」

椙山女学園大学で、上記のワークショップを開催いたします。

日時:2019年2月15日(金)15:00-17:00
会場:椙山女学園大学星ヶ丘キャンパス 国際コミュニケーション学部棟205教室

講師:
 さかき漣(小説家・コラムニスト)
 岡和田晃(文芸評論家・ゲームデザイナー)
 大野典宏(翻訳家・ライター)
司会: 長澤唯史(本学部教授)

本ワークショップは、SF や幻想文学を、空想的で現実離れした表現という固定観念から 解き放ち、ジェンダーセクシュアリティ、社会的弱者の抑圧や差別など、さまざまな現代の問題と接続されたアクチュアルなジャンルとして考える試みです。
 小説家のさかき漣さん、批評家の岡和田晃さん、そして翻訳家/ライターの大野典宏さんをパネリストにお迎えし、それぞれの立場から SF というジャンルの可能性について考察していただきます。
 フロアのみなさんも一緒に、SFの可能性を探っていきましょう。
 入場無料、予約不要です。たくさんの皆さんのご参加をお待ちしております。
 今回のワークショップでは基礎文献として、上田早夕里さんの『破滅の王』とさかき漣さんの『エクサスケールの少女』を採り上げる予定です。もちろんパネリストからの内容紹介がありますので、参加者の方は事前に読んでなくてもOKです。

 

f:id:Thorn:20190211100915j:plain

 

『SFが読みたい! 2019年版』(早川書房)に、ベストSF2018の国内編・海外編アンケートと「2019年のわたし」を寄稿

 『SFが読みたい! 2019年版』(早川書房)に、ベストSF2018の国内編・海外編アンケートと、岡和田晃の仕事の予定を記した「2019年のわたし」を寄稿しています。ご笑覧ください。
 「サブジャンル別ベスト10&総括」で、長山靖生さんが、『反ヘイト・反新自由主義の批評精神』を6位に入れて下さり、「要点ごとにSF的想像力が光る」とのコメント。また、国内編に投票して下さった皆さんにつきましても、本当にありがとうございました。
 今回の国内編では、山尾悠子『飛ぶ孔雀』と上田早夕里『破滅の王』に入れようか迷ったものの、あえて外しています。「図書新聞」の拙稿で高く評価していたのですが、SF賞を出自とする作家たちが、既存のSF文壇の「外」で「も」評価される文脈の構築に注力すべきと考えたからです。
 逆に、樺山三英「団地妻B」のように、SF文壇の「外」で発表されたため、SF文壇では、ほぼ存在を認知されていなかった作品を、あえて引き戻すような形でアンケート票を投じることもしています。このあたりの判断、いつもギリギリまで迷います。それとは別に、「現代詩手帖」のSF詩特集のような試みがまた必要。
 もっとも、待兼音二郎さんが「TH」で「団地妻B」について書いてらしたような例もありますが……。 

SFが読みたい!2019年版

SFが読みたい!2019年版

 

 

「図書新聞」2019年2月16日号に「〈世界内戦〉下の文芸時評 第四八回 「言語」は死なず、「文学」もまた死なない」を寄稿

 本日発売の「図書新聞」2019年2月16日号に、「〈世界内戦〉下の文芸時評 第四八回 「言語」は死なず、「文学」もまた死なない」を書きました。本時評も四年目の終わりを迎えますが、不意に事件が起こったので、そのことから本文に入っています。それは……。
 新たに活発化してきた「アイヌ」に対するヘイト街宣、その呼び水となった、小林よしのりの新たなアイヌ否定漫画などを正面から批判しているのです。
 大問題だと思いますが、メディアがきちんと取り上げた痕跡がないので、自分で書いたという次第です。そのうえで、以下の作品に触れています。

藤井貞和「渚に立つ人清田、沖縄」(「現代詩手帖」二〇一八年十二月号)および、清田政信『渚に立つ』(共和国)

・古谷経衡「「特権デマ」は他のマイノリティへ」(「現代ビジネス」)
・丹菊逸治「Aynu itak amososo kuni asir rir〔アイヌ語復興の新しい流れ〕(「ことばと社会」)
黒田夏子「山もどき」(「文學界」)
・柴田千晶「別海」(「現代詩手帖」二〇一八年十一月号)
岸川真「ススト」(「文藝」)
青木淳悟「憧れの世界」(「文學界」)
円城塔「わたしたちのてばなしたもの」(「群像」)
・赤井浩太「日本語ラップfeat.平岡正明」(すばるクリティーク賞受賞作)
浜崎洋介×坂口周×梶尾文武「文芸批評と文学研究、そのあいまいな関係をめぐって」(「文学+」)
・書誌「文芸批評×文学研究 2000-2004」(「文学+」)
大岡昇平小林秀雄』(中公文庫)および、山城むつみの解説「アランを補助線として」
・梶尾文武「大江健三郎ノート 第1回・第1章 一九五四年の転向」(「文学+」)
・清末浩平「唐十郎論――肉体の設定」(「文学+」)
・倉数茂「〈水〉の変貌――永井荷風『すみだ川』、『狐』」(「文学+」)
田中弥生「乖離する私―中村文則―」(「小説トリッパー」)
・イルメラ・日地谷=キルシュネライト編『〈女流〉放談 昭和を生きた女性作家たち』(岩波書店
笙野頼子「山よ動け女よ死ぬな千里馬よ走れ」(「民主文学」)
高原英理「ガール・ミーツ・シブサワ」(『エイリア綺譚集』、国書刊行会

 その他、ロバート・クーヴァー『ユニバーサル野球協会』、中島岳志による森崎和江へのインタビュー『日本断層論 社会の矛盾を生きるために』、笙野頼子「返信を、待っていた」などにも言及しています。