はじめに

f:id:Thorn:20210722132637p:plain
f:id:Thorn:20210622200843p:plain
f:id:Thorn:20210311212836p:plain

※蔵原大さんの遺稿追悼文集をこちらで無償頒布中です。

・自己紹介 
・Twilog
・訂正記事 ・反論記事

単著ほか最近の仕事

※編著『現代北海道文学論』が発売になりました。『北の想像力』の姉妹編です。
※翻訳「怪奇の国のアリス」、「怪奇の国!」、創作「天空の国のアリス」、コミック原案「はじめての怪奇の国のアリス」が収録されています。
※翻訳「コッロールの恐怖」、「ヴァンパイアの地下堂」が収録されています。
※最新の評論『反ヘイト・反新自由主義の批評精神』が出ました。2008年から18年まで書いてきた、「純文学」とポストコロニアルなテーマを精選した批評集です。
※『ウォーハンマーRPG ルールブック』が発売されました。第4版でオールド・ワールドの冒険を堪能しましょう。岡和田晃は翻訳チームに参加しています。
※論考「E・F・ベンスン、拡散と転覆のオブセッション――「塔の中の部屋」と「アムワース夫人」を中心に」を寄稿しています。
※論考「津島佑子 作家の芯にある「夢」で差別という「陵辱」を退ける」、「コラム 震災と文学」を寄稿しています。
※『エクリプス・フェイズ』日本語版ルールブックが、発売となりました。岡和田晃は翻訳チームに参加しています。日本語版の公式サイトで、サマリー形式の簡易ルール&シナリオ「ヘリオンズ・エッグ」、サンプルキャラクター等を無料でダウンロードできます
※『アゲインスト・ジェノサイド』は初の単著、自信作です。ロールプレイングゲームの可能性を引き出すべくつとめました。
※『「世界内戦」とわずかな希望』は、第二単著です(日本図書館協会選定図書になりました)。詳しくはこちらのエントリをご覧ください。また、収録記事「二十一世紀の実存」に脱落がありますが、版元のサイトで完全版をPDF形式でダウンロードできます。
※『向井豊昭の闘争』は第三単著。未來社のPR誌「未来」の連載を大幅に加筆改稿したもので、書き下ろしの第三章、詳細な作品リストもついています。帯は笙野頼子さん。
※『向井豊昭傑作集』は、編集、解説、年譜作成を担当しました(こちらも日本図書館協会選定図書になりました)。
※『北の想像力』は、統括と編集を担当いたしました。特設サイトはこちら! 日本SF大賞最終候補&星雲賞参考候補となりました。
アイヌ現代思想史研究者のマーク・ウィンチェスターさんとの共編で、レイシズムヘイトスピーチ歴史修正主義に反対する本を作りました。『アイヌ民族否定論に抗する』です。全国学図書館協議会選定図書となりました。
※『「世界内戦」とわずかな希望』は、第四単著です。2013年から2017年に書いた批評を集成しています。
※J・ピーターズ『ベア・カルトの地下墓地』レベル1を全訳し、レベル2を杉本=ヨハネさんと共同制作しました。
※『ブラマタリの供物』の設定協力と解説を担当いたしました。
※『こころ揺らす』に、岡和田晃のインタビューが掲載されています。
※『トンネルズ&トロールズ完全版BOOK』に翻訳を担当した『アンクル・アグリーの地下迷宮』が同梱されています。

※「ナイトランド・クォータリー」Vol.16から編集に参画し、Vol.17から編集長になりました。

※ジェームズ・ウィルソン「傭兵剣士」「青蛙亭ふたたび」の翻訳チェック・多人数シナリオ寄稿、続編の「無敵の万太郎とシックス・パックの珍道中」と「〈黒のモンゴ―〉の塔ふたたび」が掲載されています。心意気としては第六単著のつもりです。
※限定部数のみ刊行した第一詩集が、2019年度の茨城文学賞を受けるなど望外の好評を得たため、増刷し商業流通することになりました。
※解説を書きました。

献本について

 このブログやTwitterにて、アトランダムに献本いただいた作品を紹介しています(原則として商業媒体の新作。すべてを紹介できているわけではありません)。文芸時評をやっている関係上、文芸誌の献本については原則、ウェブログでの紹介はいたしません。時評や書評に間に合った場合、そちらに替えることもあります。

「図書新聞」2021年9月18日号に、「〈世界内戦〉下の文芸時評 第七九回 独我論の玉突き事故からナラティヴを解放し、再度の連帯を試みること」が掲載

 発売中の「図書新聞」2021年9月18日号に、「〈世界内戦〉下の文芸時評 第七九回 独我論の玉突き事故からナラティヴを解放し、再度の連帯を試みること」が掲載されています。今回は、タリバン(ターリバーン)がアフガニスタンを実効支配している問題を扱い、以下の作品に触れています。

・宮内悠介「壊れぬうちに、壊れぬ景色を」(「新潮」)
馬渕浩二『連帯論――分かち合いの論理と倫理』(筑摩書房
・金井利之『コロナ対策禍の国と自治体――災害行政の迷走と閉塞』(ちくま新書
内藤千珠子『「アイドルの国」の性暴力』(新曜社
・菊池浩二「老齢の孤独」(労働者文学賞佳作)
・西村紗知「グレン・グールドに一番近い場所」(「すばる」)
・ミシェル・クルーズ・ゴンザレス『スピットボーイのルール 人種・階級・女性のパンク』(鈴木智士訳、Gray Window Press)
・行方昭夫インタビュー「読みやすい翻訳で「作家らしさ」を伝える」(聞き手=平石貴樹、「群像」)
・北村克夫『没後二十年 江差ゆかりの歌人 小中英之の世界』(長門出版社印刷部)
松田隆美「『ジョン・マンデヴィルの書』とアメリカの発見」(「藝文研究」)
・井手新「海の見える窓――クリストファー・マーロウ、カンタベリー、そして新大陸」(「藝文研究」)
識名章喜「「野盗(おいはぎ)の城」と「アッシャー家の崩壊」――H・クラウレンとE・A・ポーをつないだ翻訳について」(「藝文研究」)
・アマル・エル=モフタール&マックス・グラッドストーン『こうしてあなたたちは時間戦争に負ける』(山田和子訳、早川書房

 その他、中村哲のインタビュー、ヘンリー・ジェイムズ『ロデリック・ハドソン』、アルノー・シュミット、デイヴィッド・I・マッスン、ブライアン・オールディストマス・M・ディッシュらの仕事にも言及しています。

www.e-printservice.net

「読書人」9月3日号に、イブラム・X・ケンディ『アンチレイシストであるためには』(児島修訳、辰巳出版)の書評「「中立を守る」ことの危うさ――分断の打破に不可欠なレイシズム・ポリシー批判」が掲載

 発売中の「読書人」9月3日号に、イブラム・X・ケンディ『アンチレイシストであるためには』(児島修訳、辰巳出版)の書評「「中立を守る」ことの危うさ――分断の打破に不可欠なレイシズム・ポリシー批判」が掲載されました。読書人のサイトでも書評の全文を読めます。

 今回、本書を評するにあたり、W・E・B・デュボイスを読み直し、コーネル・ウェストやポール・ギルロイらのデュボイスへの言及を確認、かなり勉強になりました。例えばデュボイスは、奴隷解放令を骨抜きにしようという政治戦略による「分断」と、ずうっと戦ってきたわけで、そこから学べるものは多い。

 いま、一部の「リベラル知識人」の間では、オルタナ右翼ナチスを「評価」するような言説すら蔓延している始末です。日本型の「リベラル知識人」が、反差別を「学級委員のようだ」と嘲笑う声も、すっかり珍しくなくなりました。こういう言語道断な反動に対して、徹底的に抗うために必要な一冊です

t.co

 「読書人」への寄稿は2年半ぶりですが、そこで『アンチレイシストであるためには』を評することができて、光栄でした。

画像

 

 

「SFマガジン」2021年10月号「ハヤカワ文庫JA総解説PART2」に参加

SFマガジン」2021年10月号、見本誌届いていました。表紙に図子慧『ラザロ・ラザロ』が!

 特集「ハヤカワ文庫JA総解説PART2」で、JA0640『血』(うち、大原まり子佐藤亜紀)、JA0804~『スピードグラファー』およびJA0886~『グアルディア』『ラ・イストリア』(仁木稔)、JA0929『ラザロ・ラザロ』(図子慧)をそれぞれ論じています。

画像

 

「SF Prologue Wave」に、「TH(トーキング・ヘッズ叢書)」No.87の紹介および「月刊アナログゲーム情報書籍「Role & Roll」Vol.202「『エクリプス・フェイズ』シナリオ 紅塵のイベント・ホライゾン」の紹介が掲載

 

 高槻真樹さんが、「TH(トーキング・ヘッズ叢書)」No.87の紹介を、「SF Prologue Wave」に寄せてくださいました。

sfwj.fanbox.cc

 「SF Prologue Wave」には、「月刊アナログゲーム情報書籍「Role & Roll」Vol.202「『エクリプス・フェイズ』シナリオ 紅塵のイベント・ホライゾン」の紹介記事が、掲載されております。

sfwj.fanbox.cc

2021年8月26日配信の「FT新聞」No.3137で、オリジナル・ゲームポエム『プレイヤー罵倒』が期間限定公開

 2021年8月26日配信の「FT新聞」No.3137で、オリジナル・ゲームポエム『プレイヤー罵倒』が公開されました。ペーター・ハントケ「観客罵倒」にインスパイアされた作品で、現代詩とストーリーゲームの境界を崩していきます。FT新聞アーカイブで、登録者以外も無料でダウンロードできます(限定2週間)。

 

ftnews-archive.blogspot.com

 写真の説明はありません。

写真の説明はありません。

 

 

TRPGフェスティバルオンライン2021で『エクリプス・フェイズ』トークショー&セッションを開催

 2021年9月18日~19日のTRPGフェスティバルオンライン2021で、『エクリプス・フェイズ』のトークショーとセッションを行います。

 18日には、翻訳チームの面々(朱鷺田祐介岡和田晃待兼音二郎見田航介)で、『サンワード』を中心に、15:00~17:00で。

 19日には、オフィシャルセッションを13:00~16:00から。オフィシャル・セッションの一次募集はすでに終わっていますが、もしアキが出たら二次募集がかかると思いますので、その際はよろしくお願いします。

trpgfes.jp

 

画像