はじめに

f:id:Thorn:20210311212836p:plain

※蔵原大さんの遺稿追悼文集をこちらで無償頒布中です。

・自己紹介 
・Twilog
・訂正記事 ・反論記事

単著ほか最近の仕事

※編著『現代北海道文学論』が発売になりました。『北の想像力』の姉妹編です。
※翻訳「怪奇の国のアリス」、「怪奇の国!」、創作「天空の国のアリス」、コミック原案「はじめての怪奇の国のアリス」が収録されています。
※翻訳「コッロールの恐怖」、「ヴァンパイアの地下堂」が収録されています。
※最新の評論『反ヘイト・反新自由主義の批評精神』が出ました。2008年から18年まで書いてきた、「純文学」とポストコロニアルなテーマを精選した批評集です。
※『ウォーハンマーRPG ルールブック』が発売されました。第4版でオールド・ワールドの冒険を堪能しましょう。岡和田晃は翻訳チームに参加しています。
※論考「E・F・ベンスン、拡散と転覆のオブセッション――「塔の中の部屋」と「アムワース夫人」を中心に」を寄稿しています。
※論考「津島佑子 作家の芯にある「夢」で差別という「陵辱」を退ける」、「コラム 震災と文学」を寄稿しています。
※『エクリプス・フェイズ』日本語版ルールブックが、発売となりました。岡和田晃は翻訳チームに参加しています。日本語版の公式サイトで、サマリー形式の簡易ルール&シナリオ「ヘリオンズ・エッグ」、サンプルキャラクター等を無料でダウンロードできます
※『アゲインスト・ジェノサイド』は初の単著、自信作です。ロールプレイングゲームの可能性を引き出すべくつとめました。
※『「世界内戦」とわずかな希望』は、第二単著です(日本図書館協会選定図書になりました)。詳しくはこちらのエントリをご覧ください。また、収録記事「二十一世紀の実存」に脱落がありますが、版元のサイトで完全版をPDF形式でダウンロードできます。
※『向井豊昭の闘争』は第三単著。未來社のPR誌「未来」の連載を大幅に加筆改稿したもので、書き下ろしの第三章、詳細な作品リストもついています。帯は笙野頼子さん。
※『向井豊昭傑作集』は、編集、解説、年譜作成を担当しました(こちらも日本図書館協会選定図書になりました)。
※『北の想像力』は、統括と編集を担当いたしました。特設サイトはこちら! 日本SF大賞最終候補&星雲賞参考候補となりました。
アイヌ現代思想史研究者のマーク・ウィンチェスターさんとの共編で、レイシズムヘイトスピーチ歴史修正主義に反対する本を作りました。『アイヌ民族否定論に抗する』です。全国学図書館協議会選定図書となりました。
※『「世界内戦」とわずかな希望』は、第四単著です。2013年から2017年に書いた批評を集成しています。
※J・ピーターズ『ベア・カルトの地下墓地』レベル1を全訳し、レベル2を杉本=ヨハネさんと共同制作しました。
※『ブラマタリの供物』にて設定協力と解説を担当いたしました。
※『こころ揺らす』に岡和田晃のインタビューが掲載されています。
※『トンネルズ&トロールズ完全版BOOK』に『アンクル・アグリーの地下迷宮』が同梱されています。
※「ナイトランド・クォータリー」Vol.16から編集に参画し、Vol.17から編集長になりました。
※ジェームズ・ウィルソン「傭兵剣士」「青蛙亭ふたたび」の翻訳チェック・多人数シナリオ寄稿、続編の「無敵の万太郎とシックス・パックの珍道中」と「〈黒のモンゴ―〉の塔ふたたび」が掲載されています。心意気としては第六単著のつもりです。
※限定部数のみ刊行した第一詩集が、2019年度の茨城文学賞を受けるなど望外の好評を得たため、増刷し商業流通することになりました。
※『新・日本現代詩文庫 清水博司詩集』の解説を書きました。
※『エクリプス・フェイズ サンワード』の翻訳に参加しました。
※『ウォーハンマーRPG スターターセット』の翻訳に参加しました。
※編著『再着装(リスリーヴ)の記憶』が刊行されました。

献本について

 このブログやTwitterにて、アトランダムに献本いただいた作品を紹介しています(原則として商業媒体の新作。すべてを紹介できているわけではありません)。文芸時評をやっている関係上、文芸誌の献本については原則、ウェブログでの紹介はいたしません。時評や書評に間に合った場合、そちらに替えることもあります。

 「壘」Vol.11に、新作の形而上詩「バースの女房の産褥」を寄稿

 「壘」Vol.11(壘の会/有限会社ネオセントラル、2022年1月15日号に、新作の形而上詩「バースの女房の産褥」を寄稿しました。
 主にチョーサーとパゾリーニから題材を借りていますが、根幹をなすのは八杉将司さんへの追悼であるため、ここに全文を公開します。

画像

画像

 

画像

画像

 

 

 

 

 

『再着装の記憶』の書評が、「図書新聞」(門倉直人)と「THATTA」(大野万紀)で出ました

 発売の「図書新聞」2021年1月29日号の2面に、門倉直人さんによる『再着装(リスリーヴ)の記憶 〈エクリプス・フェイズ〉アンソロジー』の書評「未来を設定することでこそ浮き彫りになる現代 生と死、同一性」が掲載。情報理論と未来学のを組み替え、古典の再読と融合。まさに書評芸術です。

画像

 

 大野万紀さんが、「THTTA」476号で、『再着装(リスリーヴ)の記憶 〈エクリプス・フェイズ〉アンソロジー』(アトリエサード)について、なんと収録作全作を解説する詳しいレビューをあげてくださいました。ありがとうございます。

画像

 

画像

 

新刊『いかに終わるか 山野浩一発掘小説集』見本

 新刊『いかに終わるか 山野浩一発掘小説集』(岡和田晃編、小鳥遊書房2022)の見本が届き、さっそく山野浩一さんのご遺族に送りました。明日20日頃から書店に並びます。中野正一さんのエッシャーをイメージした装画、読みやすい組版、ボリュームたっぷり。SFと世界文学の架橋。目次も紹介していきます。

画像

画像

画像

f:id:Thorn:20220119205218p:plain

f:id:Thorn:20220119205229p:plain

画像

 

画像

f:id:Thorn:20220119205320p:plain

 

「図書新聞」2022年1月22日号に「〈世界内戦〉下の文芸時評 第八三回 世論誘導による図式化、翼賛への誘惑を退けるために」が掲載

 発売中の「図書新聞」2022年1月22日号に、「〈世界内戦〉下の文芸時評 第八三回 世論誘導による図式化、翼賛への誘惑を退けるために」が掲載されました。今回は、五輪記録映画に関して、NHKと河瀨直美監督による露骨な世論誘導を批判しつつ、以下の作品に触れています。

・シルビナ・オカンポ『復讐の女/招かれた女たち』(寺尾隆吉訳、幻戯書房
・シルビナ・オカンポ『蛇口 オカンポ短篇選』(松本健二訳、東宣出版)
・ルイーズ・グリュック『野生のアイリス』(野中美峰訳、KADOKAWA
古川日出男「現代語訳「紫式部日記」」(「新潮」)
原口昇平「ふたたび殺戮の時代」(「無人」)
・小栗静雄『精神保健福祉の実践――北海道十勝・帯広での五〇年』(寿郎社
田中貴子「幽霊画と女性――女の幽霊・再々考」(「早稲田文学」二〇二一年秋号)
・堀井一摩「母の恐怖、恐怖の母――ラフカディオ・ハーン「幽霊滝の伝説」を読む」(「早稲田文学」二〇二一年秋号)
小山田浩子「種」(「すばる」)
・河﨑秋子「生前納骨」(「すばる」)
平山夢明「Suck it! ASAP――急いで口で吸え!」(「文學界」)
・羽生飛鳥「悪僧独尊謎解き善行」(「小説新潮」二〇二一年一〇月号)
・尾崎真理子「『万延元年のフットボール』のなかの『夜明け前』」(「群像」)
・黄英治(ファンヨンテ)「繭=〈コクーン〉」(「労働者文学」)
荒巻義雄『SFする思考 荒巻義雄評論集成』(小鳥遊書房)
・菅原潤『実在論的転回と人新世――ポスト・シェリング哲学の行方』(知泉書館
・フランク・M・スノーデン 『疫病の世界史(上)――黒死病ナポレオン戦争・顕微鏡』、『同(下)――消耗鋲・植民地・グローバリゼーション』(桃井緑美子・塩原通緒訳、明石書店

 その他、ボルヘス、ビオイ=カサーレスローズマリー・ジャクスン、ツヴェタン・トドロフ古川日出男『女たち三百人の裏切りの書』、松本圭二『アマータイム』、大江健三郎、トニ・モリスン等にも言及しています。書店で入手できるほか、電子版やコンビニのマルチコピー機での有償ダウンロードもぜひご利用ください。

www.e-printservice.net

「図書新聞」2022年1月15日号に『エクリプス・フェイズ ソースブック サンワード』(新紀元社)の書評(高橋志行)が掲載

 発売中の「図書新聞」2022年1月15日号で、高橋志行さんが『エクリプス・フェイズ ソースブック サンワード』(新紀元社)の書評「アナログゲーム側からSF文学に向けての華々しい達成 文芸評論の側からもさらなる注目が集まることを期待」を寄稿。コンビニのマルチコピー機でも有償DLできます。

画像

 

 「図書新聞」2022年1月15日号には、リチャード・シドル『アイヌ通史』(岩波書店)や、『光る道 佐藤泰志拾遺』(月曜社)の書評も!

 

画像

 「北海道文学集中ゼミ第3期「アイヌ民族」"による/についての”文学」

 「北海道文学集中ゼミ第3期「アイヌ民族」"による/についての”文学」の連載を、年末年始にかけてシミルボンで行い、全6回の更新を終えました。

 三好文夫「重い神々の下僕」、新谷行「ペウタンゲの情念」、鳩沢佐美夫「休耕」、佐々木昌雄「呪鶴」のテクストを読み、参考資料として砂澤ビッキ『青い砂丘にて』を紹介しています。

 参加者は新井かおり、すずきかおり、竹田信弥、東條慎生、長岡伸一、永田希、山城むつみら各氏です。

 

・1:「アイヌ民族」“による/について”の文学~佐々木昌雄から概観する

https://shimirubon.jp/columns/1706731

 

・2:「アイヌ民族」“による/について”の文学~バチェラー八重子と三好文夫

https://shimirubon.jp/columns/1706779

 

・3:「アイヌ民族」“による/について”の文学~「重い神々の下僕」と贖罪意識

https://shimirubon.jp/columns/1706785

 

・4:「アイヌ民族」“による/ついて”の文学~新谷行「ペウタンゲの情念」

https://shimirubon.jp/columns/1706800

 

・5:「アイヌ民族」“による/について”の文学~鳩沢佐美夫「休耕」

https://shimirubon.jp/columns/1706814

 

・6:「アイヌ民族」“による/ついて”の文学~鳩沢佐美夫、佐々木昌雄、砂澤ビッキ

https://shimirubon.jp/columns/1706814