はじめに

※蔵原大さんの遺稿追悼文集をこちらで無償頒布中です。

・自己紹介 
・Twilog
・訂正記事

単著ほか最近の仕事

※編著『現代北海道文学論』が発売になりました。『北の想像力』の姉妹編です。
※翻訳「怪奇の国のアリス」、「怪奇の国!」、創作「天空の国のアリス」、コミック原案「はじめての怪奇の国のアリス」が収録されています。
※翻訳「コッロールの恐怖」、「ヴァンパイアの地下堂」が収録されています。
※最新の評論『反ヘイト・反新自由主義の批評精神』が出ました。2008年から18年まで書いてきた、「純文学」とポストコロニアルなテーマを精選した批評集です。
※『ウォーハンマーRPG ルールブック』が発売されました。第4版でオールド・ワールドの冒険を堪能しましょう。岡和田晃は翻訳チームに参加しています。
※論考「E・F・ベンスン、拡散と転覆のオブセッション――「塔の中の部屋」と「アムワース夫人」を中心に」を寄稿しています。
※論考「津島佑子 作家の芯にある「夢」で差別という「陵辱」を退ける」、「コラム 震災と文学」を寄稿しています。
※『エクリプス・フェイズ』日本語版ルールブックが、発売となりました。岡和田晃は翻訳チームに参加しています。日本語版の公式サイトで、サマリー形式の簡易ルール&シナリオ「ヘリオンズ・エッグ」、サンプルキャラクター等を無料でダウンロードできます
※『アゲインスト・ジェノサイド』は初の単著、自信作です。ロールプレイングゲームの可能性を引き出すべくつとめました。
※『「世界内戦」とわずかな希望』は、第二単著です(日本図書館協会選定図書になりました)。詳しくはこちらのエントリをご覧ください。また、収録記事「二十一世紀の実存」に脱落がありますが、版元のサイトで完全版をPDF形式でダウンロードできます。
※『向井豊昭の闘争』は第三単著。未來社のPR誌「未来」の連載を大幅に加筆改稿したもので、書き下ろしの第三章、詳細な作品リストもついています。帯は笙野頼子さん。
※『向井豊昭傑作集』は、編集、解説、年譜作成を担当しました(こちらも日本図書館協会選定図書になりました)。
※『北の想像力』は、統括と編集を担当いたしました。特設サイトはこちら! 日本SF大賞最終候補&星雲賞参考候補となりました。
アイヌ現代思想史研究者のマーク・ウィンチェスターさんとの共編で、レイシズムヘイトスピーチ歴史修正主義に反対する本を作りました。『アイヌ民族否定論に抗する』です。全国学図書館協議会選定図書となりました。
※『「世界内戦」とわずかな希望』は、第四単著です。2013年から2017年に書いた批評を集成しています。
※J・ピーターズ『ベア・カルトの地下墓地』レベル1を全訳し、レベル2を杉本=ヨハネさんと共同制作しました。
※『ブラマタリの供物』にて設定協力と解説を担当いたしました。
※『こころ揺らす』に岡和田晃のインタビューが掲載されています。
※『トンネルズ&トロールズ完全版BOOK』に『アンクル・アグリーの地下迷宮』が同梱されています。
※「ナイトランド・クォータリー」Vol.16から編集に参画し、Vol.17から編集長になりました。
※ジェームズ・ウィルソン「傭兵剣士」「青蛙亭ふたたび」の翻訳チェック・多人数シナリオ寄稿、続編の「無敵の万太郎とシックス・パックの珍道中」と「〈黒のモンゴ―〉の塔ふたたび」が掲載されています。心意気としては第六単著のつもりです。
※限定部数のみ刊行した第一詩集が、2019年度の茨城文学賞を受けるなど望外の好評を得たため、増刷し商業流通することになりました。
※『新・日本現代詩文庫 清水博司詩集』の解説を書きました。
※『エクリプス・フェイズ サンワード』の翻訳に参加しました。
※『ウォーハンマーRPG スターターセット』の翻訳に参加しました。
※編著『再着装(リスリーヴ)の記憶 〈エクリプス・フェイズ〉アンソロジー』が刊行されました。
※編著『いかに終わるか 山野浩一発掘小説集』が刊行されました。

献本について

 このブログやTwitterにて、アトランダムに献本いただいた作品を紹介しています(原則として商業媒体の新作。すべてを紹介できているわけではありません)。文芸時評をやっている関係上、文芸誌の献本については原則、ウェブログでの紹介はいたしません。時評や書評に間に合った場合、そちらに替えることもあります。

「ナイトランド・クォータリー・タイムス」Issue14発行

 「ナイトランド・クォータリーVol.29 サロメ、無垢なる誘惑者の幻想」の見本が到着。版元サイトから申し込まれた定期購読者には内容みっちりの特典ペーパー「ナイトランド・クォータリー・タイムス」Issue14が同梱されます。

イラストのようです

 

 まず1面は「詩人トム・ディッシュと小説家トマス・M・ディッシュ」。NLQ29のカラーに掲載した詩の背景と訳者・菅原慎矢さんについて。
 2面は待兼音二郎さんによる、メアリー・シェリー「邪視譚」における背景と文体論。 3面は同じく待兼さんによる、映画『メアリーの総て』レビュー。そして私の『エクリプス・フェイズ』増刷改訂版、また『摩由璃の本棚』復刻版についての紹介。
 4面は徳岡正肇さんによる『映画を早送りで観る人たち』レビュー。5面は深泰勉さんによる『図説 台湾の妖怪伝説』および『シャーマン 霊的世界の探求者』論。
 6面はアルバン・ベルク『ルル組曲』、ヴェデキント『春のめざめ』、そして二期会コンヴィチュニー演出『エフゲニー・オネーギン』を、“演出=翻訳”という観点から私が論じています。アドルノの『アルバン・ベルク』や拙作『アゲインスト・ジェノサイド』が導きの糸。
 7面は、C・L・ムーア『大宇宙の魔女』より「シャンブロウ」、ヘンリー・カットナー『魂を喰らうもの』、そしてヤンシィー・チュウ『彼岸の花嫁』も論じています。また、高山宏『鎮魂譜 アリス狩りⅦ』に、「ナイトランド・クォータリー」Vol.20の学魔インタビューが収録されたこともお知らせ!
 8面はナイトランドを飾ったアーティスト・作家書誌の近況案内に、健部伸明監修『ファンタジー異世界用語事典』の紹介。『用語事典』に一箇所だけ混じっているというゴート文字も発見!
 1面につき2000字強まで入る誌面、8面まで文字ぎっしり。なんと原稿用紙換算で40枚ほどのお得ペーパーです。

「ナイトランド・クォータリーvol.29 サロメ、無垢なる誘惑者の幻想」が発売

 僭越ながら私が編集長をしております「ナイトランド・クォータリーvol.29 サロメ、無垢なる誘惑者の幻想」が、2022/6/29頃に発売。サロメファム・ファタル表象を軸に、幻想文学セクシュアリティを問い直す試みです。

 

 幻視者のためのホラー&ダーク・ファンタジー専門誌《ナイトランド・クォータリー》。
 vol.29の特集は「サロメ、無垢なる誘惑者の幻想」。
 19世紀末、ワイルドとビアズリーによって、ひとつの物語として再構築されたサロメ
 それは人々を魅了し、現在でもさまざまな分野でオマージュされ続けている。
 そのサロメや、ファム・ファタル=運命を狂わせる女をモチーフにした物語の数々を特集!
〜〜〜
 小説は、メアリー・シェリー、マイクル・ムアコックジョアン・アンダートン、フランク・ヴェデキント、アメリア・B・エドワーズ、マーガレット・セント・クレア、高原英理小林弘利、詩は、トム・ディッシュ(トマス・M・ディッシュ)、サミュエル・ファー ガスン卿といった多彩な内容!
 他に、下楠昌哉インタビューなど、コラム記事等も充実です!

 

 

=========
■主な内容
=========
【Story】
■メアリー・ウルストンクラフト・シェリー「邪視譚──アルバニア人匪賊の物語」/訳:待兼音二郎、訳語監修:茂木政敏・白石隆
ラフカディオ・ハーン「雪女」/訳:下楠昌哉
■フランク・ヴェデキント「女侯爵ルサルカ」/訳:垂野創一郎
マイクル・ムアコック「彷徨える森 〜赤き射手の物語〜」/訳:健部伸明
ジョアン・アンダートン「ファウストという名の猫」/訳:山田和子
アメリア・B・エドワーズ「サロメの話」/訳:渡辺健一郎
■マーガレット・セント・クレア「ボーリュー」/訳:岡和田晃
高原英理「〈精霊語彙集〉 帝命定まらず」
小林弘利「HiKaRi」
【Poetry】
■トム・ディッシュ「僕の母・一つの議論」/訳:菅原慎矢
■サミュエル・ファーガスン卿 アルスター地方の民謡「妖精の茨(フェアリー・ソーン)」/訳:井村君江
【Interview】
下楠昌哉インタビュー「アイルランド幻想文学と翻訳の「文武両道」」インタビュー・構成=岡和田晃
【Essay】
■オペラ出演者として体験したサロメたち/畠山茂
■「妖精の茨」について──妖精の「人さらい」──/井村君江
■無垢なるサロメは死の境域で舞う──怪奇幻想文学ファム・ファタル岡和田晃
殺生石と半神と。 キツネがファム・ファタルになった理由/丸屋九兵衛
■世紀末作家ラフカディオ・ハーンと「宿命の女」/下楠昌哉
■十一谷義三郎「谷崎潤一郎小論」をめぐって/黒田誠
■生首のある風景、もしくはサロメに到るまでの覚書/深泰勉
■見世物の「サロメ」/浅尾典彦
リヒャルト・シュトラウスサロメ』とパゾリーニ『奇跡の丘』の反省的手法/岡和田晃
【Game】
■トロフィーではなく、名前ある主人公として ゲームにおける「意志ある女性」小史/徳岡正肇
【Serial】
■〈アンソロジーに花束を〉第十一回 女王のスポーツアンソロジー安田均
【Book guide】/岡和田晃 
■生の絶頂、運命の采配、汎ヨーロッパ的騎士道幻想――『世界の果てまで連れてって!…』、『テュルリュパン』、『魔法の指環』 
■ポスト社会主義における民族的情念 ――『ヒップホップ・モンゴリア』&『憑依と抵抗』 
■表紙/妃耶八「サロメ

 

 メアリー・シェリー「邪視譚」は、『フランケンシュタイン』の作者が挑んだギリシア独立戦争アルバニアを扱った小説。難物ということもあり、おそらく今回が本邦初訳となります。ご期待ください!
 ラフカディオ・ハーンの「雪女」は、今号でインタビューを掲載したアイルランド文学者下楠昌哉さんによるフレッシュな新訳。
 フランク・ヴェデキント「女侯爵ルサルカ」は、ベルクのオペラでも知られる〈ルル二部作〉の著者が風刺誌「ジユプリチシムス」に寄せた作品。こちらもおそらく初訳。
大好評マイクル・ムアコック未訳作品連続掲載の第三弾。今回はなんと主役は赤き射手ラッキール! 健部伸明さんによる研究レベルの解説も充実。
 ジョアン・アンダートン「ファウストという名の猫」は、オーストラリア・ホラー界での賞レース常連作家による技巧的スペキュラティヴ・フィクション。アンナ・カヴァンやバラードの訳で知られる山田和子さん、訳者としてNLQ初登場。「解剖」のモチーフをひっくり返した、フェミニズム・ホラーの最前線。
 アメリア・B・エドワーズ「サロメの話」は、ヴィクトリア朝エジプト学者でもあった作家の見たサロメ譚。オスカー・ワイルド以前の英文学における「サロメ」像を伝えます。これも初訳ー!

 畠山茂さんは二期会会員のバス・バリトン歌手。今回はコンヴィチュニー演出の『サロメ』について出演者の視点も交えて語っていただきました。
拙稿はワイルド、フローベール、ヴェデキントからメアリー・シェリー、さらには須永朝彦からマーガレット・セント・クレアまで、幻想文学ファム・ファタルの関係を概観!
 丸屋九兵衛さんは、伏見稲荷から妲己まで、アジアにおけるファム・ファタル的な想像力を概観!
 下楠昌哉さんの批評は、ワイルドと同じアイルランド出身の作家ハーンを世紀末の視点から分析。
 あなたは十一谷義三郎をご存知ですか? 映画におけるサロメ表象は? ケン・ラッセルは? トッド・ブラウニングは? 黒田誠、深泰勉、浅尾典彦ら各氏の論考を是非お読みください。
 安田均さんの連載は、エラリー・クイーンのアンソロジーについて。特にスポーツ・アンソロジーや、『犯罪文学傑作選』についても。アンソロジーが大好きになる連載です。
 ブックガイドは、サンドラールペルッツ、フケー、島村一平らの作品について。

『エクリプス・フェイズ』基本ルールブックが増刷

 『エクリプス・フェイズ』基本ルールブックが増刷され、すでにショップには出回っています。ISBNは同じですが、こちらで発見した&ユーザーの方々ご指摘のエラッタを可能な限り反映した実質的な改訂版です。すでにお持ちの方にも有用かと!

 見分け方は、表紙に私と待兼音二郎さんの名前が出ている方が増刷版となります。

画像

 十余年の軌跡。違いがわかりますか?

画像

 イエローサブマリン新宿ゲームショップ。これこれ、この光景が見たかった。T&T、『ウォーハンマーRPG』、そして『エクリプス・フェイズ』が一式揃ってます!

画像

「白亜紀」163号に、新作の現代詩「惨ましい呻きの架けた虹」が掲載

 形而上詩誌「白亜紀」163号に、新作の現代詩「惨ましい呻きの架けた虹」が掲載されました。パーシー・ビッシ・シェリー『鎖を解かれたプロメテウス』への応答作です。

 

、「黄 水志勇 子 泉 松 供 広 消 が さ 咳 ま 底 燥 期 高 の れ け 摸 全 降 知 注 能 ぐ 震 模 を 做 え ら れ 散 協 ウ 逆 し の é も 惨 ま し い 啪 き の 架 け た 虹 * 岡 和 す è」というテキストの画像のようです

、「雪 カ 時 込 む 身 力」 照 頭 デ 込 さ れ 火 た 酒 完 に 魅 せ た れ 分 ゴ ス 垂 れ く 毒 理 中 は 弱 れ 優 幕 よ 露 燃 半 れ た 睡 り 0で 信 は る え」というテキストの画像のようです

画像

画像

2022年6月26日(日)14:00より、朗読&講演会「プロレタリア詩再生計画」

 2022年6月26日(日)14:00より、茨城詩人会議のお招きで、岡和田晃の朗読&講演会「プロレタリア詩再生計画」を開催します。

 場所は茨城県立図書館(最寄り駅:JR水戸駅)3階会議室。参加費用は無料です。

 ぜひお越しください。問い合わせは、『茨城現代詩選』にも参加されている詩人の川澄敬子さんまで。

Larawan

Larawan

「図書新聞」2022年6月18日号に、「〈世界内戦〉下の文芸時評 第八八回 国家や制度のくびきを超えた、存在の様態を示すための文学は奈辺か」が掲載

 発売中の「図書新聞」2022年6月18日号に、「〈世界内戦〉下の文芸時評 第八八回 国家や制度のくびきを超えた、存在の様態を示すための文学は奈辺か」が掲載されています。
 今回は、知床遊覧船の沈没事故を、地方への「格差」、ロシアと日本の地理的な連続の問題として捉えつつ、以下の作品に触れています。
・ウラジーミル・ソローキン「プーチン 過去からのモンスター」(松下隆志訳、「文藝」)
・山本章子・宮城裕也『日米地位協定の現場を行く――「基地のある街」の現実』(岩波新書
・山里絹子『「米留組」と沖縄――米軍統治下のアメリカ留学』(集英社新書
ヴァージニア・ウルフ「今日の芸術はなぜ政治を気にかけるのか」(片山亜紀訳、「文學界」二〇二二年五月号)
・入子文子『複眼のホーソーン』(小鳥遊書房)
今野晴貴・岩橋誠『外国人労働相談最前線』(岩波ブックレット
・本多創史『近代日本の優生学――〈他者〉像の成立をめぐって』(明石書店
・年森瑛「N/A」(文學界新人賞、「文學界」二〇二二年五月号)
鈴木涼美「ギフテッド」(「文學界」)
・三国美千子「霊たち」(「新潮」二〇二二年五月号)
・井戸川射子「マイホーム」(「早稲田文学」)
・水上文 「「娘」の時代 ――「成熟と喪失」のその後」(「文藝」二〇二二年春号)
・江南亜美子「更新される、「私小説」」(「ことばと」vol.5)
・藤高和輝「トランス・アイデンティティーズ、あるいは「名のなかにあるもの」について」(「思想」二〇二二年四月号)
笙野頼子笙野頼子発禁小説集』(鳥影社)
 その他、米須興文、倉田百三古屋芳雄江藤淳笙野頼子「九月の白い薔薇――ヘイトカウンター」等についても言及しています。
 コンビニでの有償ダウンロードは明日から。