はじめに

・自己紹介 
・Twilog
・訂正記事 ・反論記事

単著ほか最近の仕事

※編著『現代北海道文学論』が発売になりました。『北の想像力』の姉妹編です。
※翻訳「コッロールの恐怖」、「ヴァンパイアの地下堂」が収録されています。
※最新の評論『反ヘイト・反新自由主義の批評精神』が出ました。2008年から18年まで書いてきた、「純文学」とポストコロニアルなテーマを精選した批評集です。
ホビージャパン ウォーハンマーRPG ルールブック TRPG

ホビージャパン ウォーハンマーRPG ルールブック TRPG

  • 発売日: 2020/10/02
  • メディア: おもちゃ&ホビー
※『ウォーハンマーRPG ルールブック』が発売されました。第4版でオールド・ワールドの冒険を堪能しましょう。岡和田晃は翻訳チームに参加しています。
幻想と怪奇の英文学IV――変幻自在編

幻想と怪奇の英文学IV――変幻自在編

  • 発売日: 2020/09/10
  • メディア: 単行本
※論考「E・F・ベンスン、拡散と転覆のオブセッション――「塔の中の部屋」と「アムワース夫人」を中心に」を寄稿しています。
〈戦後文学〉の現在形

〈戦後文学〉の現在形

  • 発売日: 2020/10/23
  • メディア: 単行本
※論考「津島佑子 作家の芯にある「夢」で差別という「陵辱」を退ける」、「コラム 震災と文学」を寄稿しています。
エクリプス・フェイズ (Role&Roll RPG)

エクリプス・フェイズ (Role&Roll RPG)

※『エクリプス・フェイズ』日本語版ルールブックが、発売となりました。岡和田晃は翻訳チームに参加しています。日本語版の公式サイトで、サマリー形式の簡易ルール&シナリオ「ヘリオンズ・エッグ」、サンプルキャラクター等を無料でダウンロードできます
※『アゲインスト・ジェノサイド』は初の単著、自信作です。ロールプレイングゲームの可能性を引き出すべくつとめました。
「世界内戦」とわずかな希望〜伊藤計劃・SF・現代文学 (TH Series ADVANCED)

「世界内戦」とわずかな希望〜伊藤計劃・SF・現代文学 (TH Series ADVANCED)

  • 作者:岡和田晃
  • 発売日: 2013/11/06
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
※『「世界内戦」とわずかな希望』は、第二単著です(日本図書館協会選定図書になりました)。詳しくはこちらのエントリをご覧ください。また、収録記事「二十一世紀の実存」に脱落がありますが、版元のサイトで完全版をPDF形式でダウンロードできます。
※『向井豊昭の闘争』は第三単著。未來社のPR誌「未来」の連載を大幅に加筆改稿したもので、書き下ろしの第三章、詳細な作品リストもついています。帯は笙野頼子さん。
向井豊昭傑作集 飛ぶくしゃみ (転換期を読む)

向井豊昭傑作集 飛ぶくしゃみ (転換期を読む)

※『向井豊昭傑作集』は、編集、解説、年譜作成を担当しました(こちらも日本図書館協会選定図書になりました)。
※『北の想像力』は、統括と編集を担当いたしました。特設サイトはこちら! 日本SF大賞最終候補&星雲賞参考候補となりました。
アイヌ民族否定論に抗する

アイヌ民族否定論に抗する

  • 発売日: 2015/01/24
  • メディア: 単行本
アイヌ現代思想史研究者のマーク・ウィンチェスターさんとの共編で、レイシズムヘイトスピーチ歴史修正主義に反対する本を作りました。『アイヌ民族否定論に抗する』です。全国学図書館協議会選定図書となりました。
※『「世界内戦」とわずかな希望』は、第四単著です。2013年から2017年に書いた批評を集成しています。
※J・ピーターズ『ベア・カルトの地下墓地』レベル1を全訳し、レベル2を杉本=ヨハネさんと共同制作しました。
※『ブラマタリの供物』の設定協力と解説を担当いたしました。
※『こころ揺らす』に、岡和田晃のインタビューが掲載されています。
トンネルズ&トロールズ完全版BOOK

トンネルズ&トロールズ完全版BOOK

  • 発売日: 2018/12/23
  • メディア: おもちゃ&ホビー
※『トンネルズ&トロールズ完全版BOOK』に翻訳を担当した『アンクル・アグリーの地下迷宮』が同梱されています。
ナイトランド・クォータリーvol.17 ケルト幻想〜昏い森への誘い〜

ナイトランド・クォータリーvol.17 ケルト幻想〜昏い森への誘い〜

  • 発売日: 2019/06/05
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
ナイトランド・クォータリーvol.18 想像界の生物相

ナイトランド・クォータリーvol.18 想像界の生物相

  • 発売日: 2019/08/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
ナイトランド・クォータリーvol.19 架空幻想都市

ナイトランド・クォータリーvol.19 架空幻想都市

  • 発売日: 2019/12/06
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
ナイトランド・クォータリーvol.20 バベルの図書館

ナイトランド・クォータリーvol.20 バベルの図書館

  • 発売日: 2020/04/02
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
ナイトランド・クォータリーvol.21 空の幻想、蒼の都

ナイトランド・クォータリーvol.21 空の幻想、蒼の都

  • 発売日: 2020/06/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
ナイトランド・クォータリーvol.22 銀幕の怪異、闇夜の歌聲

ナイトランド・クォータリーvol.22 銀幕の怪異、闇夜の歌聲

  • 発売日: 2020/09/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
ナイトランド・クォータリーvol.23 怪談 (KWAIDAN)―Visions of the Supernatural

ナイトランド・クォータリーvol.23 怪談 (KWAIDAN)―Visions of the Supernatural

  • 発売日: 2020/12/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

※「ナイトランド・クォータリー」Vol.16から編集に参画し、Vol.17から編集長になりました。

傭兵剣士 (T&Tアドベンチャー・シリーズ7)

傭兵剣士 (T&Tアドベンチャー・シリーズ7)

※ジェームズ・ウィルソン「傭兵剣士」「青蛙亭ふたたび」の翻訳チェック・多人数シナリオ寄稿、続編の「無敵の万太郎とシックス・パックの珍道中」と「〈黒のモンゴ―〉の塔ふたたび」が掲載されています。心意気としては第六単著のつもりです。
掠れた曙光 (幻視社別冊)

掠れた曙光 (幻視社別冊)

  • 作者:岡和田 晃
  • 発売日: 2019/11/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
※限定部数のみ刊行した第一詩集が、2019年度の茨城文学賞を受けるなど望外の好評を得たため、増刷し商業流通することになりました。

献本について

 このブログやTwitterにて、アトランダムに献本いただいた作品を紹介しています(原則として商業媒体の新作。すべてを紹介できているわけではありません)。文芸時評をやっている関係上、文芸誌の献本については原則、ウェブログでの紹介はいたしません。時評や書評に間に合った場合、そちらに替えることもあります。

「図書新聞」2021年3月13日号に、「〈世界内戦〉下の文芸時評 第七三回 言語的なマイノリティ性を「メタファー」に括ってしまわないこと」が掲載

 発売中の「図書新聞」2021年3月13日号に、「〈世界内戦〉下の文芸時評 第七三回 言語的なマイノリティ性を「メタファー」に括ってしまわないこと」が掲載されています。
 連載7年目初回である今回は、全編英字誌『ESPERANTO CULTURE MAGAZINE』によるエスペラント文化収奪の問題性と「朝日新聞」の加担を大きく取り上げ、文学状況の事大主義性とは異なる理路を描くことを宣言し、以下の作品を取り上げました。


・マルツェリ・ヴェロン(ブルーノ・シュルツ)「ウェンドラ」(加藤有子訳、「すばる」)
岡田利規×金氏徹平×篠原雅武「チェルフィッチュ群像公演」(「群像」)
・上田早夕里『ヘーゼルの密書』(光文社)
・坂井信夫『冬の蟬 坂井艶司と「満洲詩」の時代』(土曜美術社出版販売
エドゥアルド・ヴェルキン『サハリン島』(北川和美毛利公美訳、河出書房新社
・ウラジミール・ソローキン『マリーナの三十番目の恋』(松下隆志、河出書房新社
・樫本由貴「五〇年代原爆俳句の射程」(「原爆文学研究」)
・加島正浩「東日本大震災直後、俳句は何を問題にしたか ―「当事者性」とパラテクスト、そして御中虫『関揺れる』」(「原爆文学研究」)
・板垣憲司「諸島」(「現代詩手帖」二〇二一年二月号)
・島田龍「左川ちかを探して 百田宗治と『左川ちか詩集』」(「詩と思想」二〇二〇年一二月号)

  一点、訂正です。上田早夕里『ヘーゼルの密書』に言及した最初の箇所の「上田早夕里『ヘーゼルの密書』は、マイケル・クライトン~」は、「上田早夕里『ヘーゼルの密書』。著者の『破滅の王』がマイケル・クライトン~」でした。校正ミスで脱落が発生してしまっており、失礼しました。

『怪奇の国のアリス+怪奇の国!』内容紹介&エラッタ

『怪奇の国のアリス+怪奇の国!』、発売直後ということで、盛り上がっております。

怪奇の国のアリス (T&Tアドベンチャー・シリーズ9)
 

 著者の情報が日本語でほとんどなくて、えっどういう人? と思っている方もおられるかとしれません。

 カバー袖にある著者経歴(私はこの手のものを読むのが大好きです)をご紹介!

画像

「怪奇の国のアリス」の導入は、自作やアリス以外の作成済みキャラクターを使うか(序章A)および、アリスを使うのか(序章B)で2通りに分かれます。
よく読んでいただくとわかりますが、文体も変えているんですよ!

画像

 1977年刊行の伝説のソロアドベンチャー「怪奇の国!」も収録。古書価が高騰していた、RPG史に残る幻の作品。
 本文は「怪奇の国のアリス」ともレイアウトが変わっており、見開きでプレイしやすく、連動したイラストもわかりやすくなっております。

画像

 多人数用シナリオ「天空の国のアリス」と、中山将平さんのテニエル風リプレイ・コミックが収録。ソロアドベンチャーに出てくる魔法のアイテムや設定が、オリジナル『アリス』のノリでセッティングとして再編成されています。オンラインプレイも可!

画像

 

画像

 また、エラッタ(誤記訂正)も公開されました。お手数おかけして申し訳ありませんが、ご確認・修正のうえでプレイをいただけましたら幸いです。

www.groupsne.co.jp

「井村君江HAPPY Birthday お祝い企画 【NLQオンラインセッション #08】 妖精の輪の中で――井村君江とお茶を」が開催

 本日3月1日に、「井村君江HAPPY Birthday お祝い企画 【NLQオンラインセッション #08】 妖精の輪の中で――井村君江とお茶を」が開催されます。是非お越しください。

peatix.com

 

 

 

2月26日に新刊『怪奇の国のアリス+怪奇の国!』が発売されます!

 各種ショップでも予約が開始されていますが、新しい本が出ます。「T&Tアドベンチャー・シリーズ」の第9弾、『怪奇の国のアリス+怪奇の国!』です。

 ジョエル・マーラーの最新ソロアドベンチャー「怪奇の国のアリス」(2020)と、その原型となったキース・A・アボットの幻の古典ソロアドベンチャー「怪奇の国」(1977)を全訳し、さらには私が書いた多人数用シナリオ「天空の国のアリス」と、中山将平さんによるリプレイ・コミック「はじめての怪奇の国のアリス」が1冊にまとまりました。

 ルール付き、ここから始めても大丈夫。T&Tをあまりやってない方でも、独自のユーモアにハマること請け合い。それでいてベテランも唸る奥行きと、資料性の高さ。
ストーリー性豊かなアリスの冒険、凝った構成のソロ・ダンジョン、オンラインでも遊びやすくコミックもある多人数シナリオが一冊に

 

あのアリスが魔物と戦う! 不思議で楽しい怪奇の国へようこそ。

 「T&Tアドベンチャー・シリーズ」第9弾は“おかしな国”を舞台にしたソロアドベンチャー2本立て!

 『怪奇の国のアリス』はその名のとおり、少女の“アリス”となって大冒険をくり広げます。ルイス・キャロルの童話『不思議の国のアリス』の挿絵もそのままに、おなじみのキャラクターたちが総出演! 白ウサギを追いかけたかと思えば、大きくなったり小さくなったり。女王とスポーツに興じ、魔物ジャバーウォックと戦いましょう! パラグラフ数200を超える大作。

 『怪奇の国!』は1977年に発売されたT&T6作目のソロアドベンチャーで、今回が初邦訳! 茶目っ気たっぷりのイラスト満載のお手軽な冒険が待っています。

 ブックボーナスとして『怪奇の国のアリス』の世界観を多人数で楽しめるシナリオ「天空の国のアリス」と実際に遊んだ風景を描いたコミックも同時収録。
 さあ、2つの〈怪奇の国〉の冒険に乗り出しましょう――遅れないように!

 

画像

 『怪奇の国のアリス+怪奇の国!』の表紙絵は、『不思議の国のアリス』や『鏡の国のアリス』の装画を描いたサー・ジョン・テニエルの手になるものです。ヴォーパル・ブレードを手にしたアリスが立ち向かっている怪物は、レッド・ドラゴンじゃなくてジャバーウォック。鞄語から生まれた怪物です。

 

f:id:Thorn:20210225073446p:plain

 本にするとこんな具合。

怪奇の国のアリス (T&Tアドベンチャー・シリーズ9)
 

  『怪奇の国のアリス』ですが、「個人修正+5以下のPC向け」ということで、たぶん既刊のソロアドベンチャーでは有数のローパワーではないでしょうか? 他のソロアドベンチャーでは生き延びられないPCも、知恵と勇気を駆使すれば、〈怪奇の国〉から生き延びられるやもしれません。また、女性PC推奨。

 アリスをはじめ、作成済みキャラクターが4体収録されており、すぐに〈怪奇の国〉の冒険に乗り出すことができますよ。

画像

 

 

「SF Prologue Wave」に、「月刊アナログゲーム情報書籍「Role & Roll」Vol.196「『エクリプス・フェイズ』シナリオ 暗黒の弾丸 正しき星辰の時、来たる」についての紹介記事が掲載

「SF Prologue Wave」に、「月刊アナログゲーム情報書籍「Role & Roll」Vol.196「『エクリプス・フェイズ』シナリオ 暗黒の弾丸 正しき星辰の時、来たる」についての紹介記事が掲載されています。

sfwj.fanbox.cc

 

 

2021年2月16日配信の「FT新聞」No.2946にて、「『ウォーハンマーRPG』を愉しもう!」Vol.3が掲載

2021年2月16日配信の「FT新聞」No.2946にて、「『ウォーハンマーRPG』を愉しもう!」Vol.3が掲載されました。今回はキャリアと、『スターターセット』のサンプルキャラクターの紹介、さらに多様性(ダイヴァーシティ)の問題にまで、話が広がります。Analog Game Studiesにも採録しております。

analoggamestudies.seesaa.net

 

 

画像

画像