はじめに


・このブログの方針につきまして
・自己紹介 
・Twilog
・訂正記事 ・反論記事

単著ほか最近の仕事

・岡和田晃の最新の仕事はこちらから見られます!

※最新の評論『反ヘイト・反新自由主義の批評精神』が出ました。2008年から18年まで書いてきた、「純文学」とポストコロニアルなテーマを精選した批評集です。
エクリプス・フェイズ (Role&Roll RPG)

エクリプス・フェイズ (Role&Roll RPG)

※『エクリプス・フェイズ』日本語版ルールブックが、発売となりました。岡和田晃は翻訳チームに参加しています。スペースオペラサイバーパンクが融合した本格SF-RPGの世界を日本語でご堪能下さい。A4変形フルカラー400ページです。圧倒的情報量にも関わらずプレイアブル。日本語版の公式サイトで、サマリー形式の簡易ルール&シナリオ「ヘリオンズ・エッグ」、サンプルキャラクター等を無料でダウンロードできます
ガンドッグゼロ リプレイ アゲインスト・ジェノサイド (Role&Roll Books) (Role & RollBooks)

ガンドッグゼロ リプレイ アゲインスト・ジェノサイド (Role&Roll Books) (Role & RollBooks)

※『アゲインスト・ジェノサイド』は初の単著、自信作です。ロールプレイングゲームの可能性を引き出すべくつとめました。
「世界内戦」とわずかな希望〜伊藤計劃・SF・現代文学 (TH Series ADVANCED)

「世界内戦」とわずかな希望〜伊藤計劃・SF・現代文学 (TH Series ADVANCED)

※『「世界内戦」とわずかな希望』は、第二単著です(日本図書館協会選定図書になりました)。詳しくはこちらのエントリをご覧ください。また、収録記事「二十一世紀の実存」に脱落がありますが、版元のサイトで完全版をPDF形式でダウンロードできます。
※『向井豊昭の闘争』は第三単著。未來社のPR誌「未来」の連載を大幅に加筆改稿したもので、書き下ろしの第三章、詳細な作品リストもついています。帯は笙野頼子さん。
※『向井豊昭傑作集』は、編集、解説、年譜作成を担当しました(こちらも日本図書館協会選定図書になりました)。
北の想像力 《北海道文学》と《北海道SF》をめぐる思索の旅

北の想像力 《北海道文学》と《北海道SF》をめぐる思索の旅

※『北の想像力』は、統括と編集を担当いたしました。特設サイトはこちら! 日本SF大賞最終候補&星雲賞参考候補となりました。
アイヌ民族否定論に抗する

アイヌ民族否定論に抗する

アイヌ現代思想史研究者のマーク・ウィンチェスターさんとの共編で、レイシズムヘイトスピーチ歴史修正主義に反対する本を作りました。『アイヌ民族否定論に抗する』です。全国学図書館協議会選定図書となりました。
※『「世界内戦」とわずかな希望』は、第四単著です。2013年から2017年に書いた批評を集成しています。
ベア・ダンジョン+ベア・カルトの地下墓地+運命の審判 (T&Tアドベンチャー・シリーズ4)

ベア・ダンジョン+ベア・カルトの地下墓地+運命の審判 (T&Tアドベンチャー・シリーズ4)

※J・ピーターズ『ベア・カルトの地下墓地』レベル1を全訳し、レベル2を杉本=ヨハネさんと共同制作しました。
※『ブラマタリの供物』の設定協力と解説を担当いたしました。
※『こころ揺らす』に、岡和田晃のインタビューが掲載されています。
トンネルズ&トロールズ完全版BOOK

トンネルズ&トロールズ完全版BOOK

※『トンネルズ&トロールズ完全版BOOK』に翻訳を担当した『アンクル・アグリーの地下迷宮』が同梱されています。
ナイトランド・クォータリーvol.17 ケルト幻想〜昏い森への誘い〜

ナイトランド・クォータリーvol.17 ケルト幻想〜昏い森への誘い〜

ナイトランド・クォータリーvol.18 想像界の生物相

ナイトランド・クォータリーvol.18 想像界の生物相

※「ナイトランド・クォータリー」Vol.16から編集に参画し、このVol.17から編集長になりました。
傭兵剣士 (T&Tアドベンチャー・シリーズ7)

傭兵剣士 (T&Tアドベンチャー・シリーズ7)

※ジェームズ・ウィルソン「傭兵剣士」「青蛙亭ふたたび」の翻訳チェック・多人数シナリオ寄稿、続編の「無敵の万太郎とシックス・パックの珍道中」と「〈黒のモンゴ―〉の塔ふたたび」が掲載されています。心意気としては第六単著のつもりです。
掠れた曙光

掠れた曙光

※限定部数のみ刊行した第一詩集が、今年度の茨城文学賞を受けるなど望外の好評を得たため、増刷し商業流通することになりました。

献本について

 このブログやTwitterにて、アトランダムに献本いただいた作品を紹介しています(原則として商業媒体の新作。すべてを紹介できているわけではありません)。文芸時評をやっている関係上、文芸誌の献本については原則、ウェブログでの紹介はいたしません。時評や書評に間に合った場合、そちらに替えさせていただくこともあります。

「現代詩手帖」2019年12月号に現代詩「これはプロレタリア詩だ!」と、評論「現代詩よ、大いに遊べ!」が掲載

 「現代詩手帖」2019年12月号は年鑑の号で、作品では『掠れた曙光』より「これはプロレタリア詩だ!」の抄録と、評論「現代詩よ、大いに遊べ!」が掲載されています。批評は、あえて2019年の日本の詩集・詩誌(not翻訳)に絞り、閉塞を回避する道筋を模索するもの。

現代詩手帖 2019年 12月号[雑誌]

現代詩手帖 2019年 12月号[雑誌]

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: 思潮社
  • 発売日: 2019/11/28
  • メディア: 雑誌
 

 

 『掠れた曙光』は、現在の詩壇で支配的なスタイル(大雑把に言うと、フレンチ・セオリーの変奏のような書き方)とは異なる書法を、あれこれ追究しました。とりわけ「これはプロレタリア詩だ!」は、KY全開とも言うべき作品です。なのにアンケートで言及して下さる方々もいて、ありがたく存じます。

 そうそう、もう1つは新自由主義的ライトヴァースと「抒情」の拒否、です。わざわざ「抒情」と「韻律」への「憎しみ」を表明しているから、そこはおわかりですよね。
 なお、「これはプロレタリア詩だ!」の抄録は、初版とも二版とも、文面が微妙に異なる形となっております。抄録ゆえに「その後の続き」を意識したヴァージョンになりました。ご興味ある方は、ぜひとも読み比べてみてください。

f:id:Thorn:20191209205228p:plain

その他 評論「現代詩よ、大いに遊べ!」。ゲームポエムへ言及したあたり。

 

 

「図書新聞」の2019年12月14日号に「〈世界内戦〉下の文芸時評 第五八回 「呪われた詩人たち」の時空を超えた緩やかな連帯」を寄稿

 発売中の「図書新聞」の2019年12月14日号に、「〈世界内戦〉下の文芸時評 第五八回 「呪われた詩人たち」の時空を超えた緩やかな連帯」を寄稿しました。

 今回は、サイバーパンク以降のジャンル横断を貫徹した翻訳家の小川隆の急逝を悼み、その偉業を振り返りつつ、以下の作品を取り上げました。

・「SFマガジン」のテッド・チャン『息吹』の刊行記念特集、および「オムファロス」(大森望訳)
ブルース・スターリング「巣」(小川隆訳、「SFマガジン」)および「SFマガジン」の小川隆追悼特集。
・山野辺太郎「孤島の飛来人」(「文藝」)
・宇佐美りん「かか」(文藝賞受賞作)
・遠野遥「改良」(文藝賞受賞作)
・李琴峰「星月夜」(「すばる」)
・三国美千子「青いポポの果実」(「新潮」)
高原英理「正四面体の華」(「群像」)
ポール・ヴェルレーヌ『呪われた詩人たち』(倉方健作訳、幻戯書房
・奏夕美/藤原月彦『夕月譜』(ふらんす堂)および『藤原月彦全句集』(六花書院)
・「ぎぎよしらむ」0号より、冨所亮介「ブリコラージュ」
蓮實重彦ジョン・フォード論」(「文學界」)
・崎浜慎「ピクニックの音色」(「三田文學」)
添田馨「必=急」(「Nemesis」)
山城むつみ「連続する問題 第九回 グレタとマルクス」(「すばる」)
・マルク=アラン・ウアクニン「だからひとは蜻蛉を愛する……」(高山花子訳、「午前四時のブルー」)

  また、ケリー・リンク、ラヴィ・ティドハー、アリエット・ドボダール、山野辺太郎「いつか深い穴に落ちるまで」、ジュール・ヴェルヌ地底旅行』、『八十日間世界一周』、小縞山いう『リリ毛』、三国美千子「いかれころ」、夏目漱石アルチュール・ランボー小林秀雄添田馨『非=戦(非族)』、大城立裕「カクテル・パーティー」、エルンスト・ユンガー等にも言及しています。

2019年11月30日は、『掠れた曙光』の茨城文学賞詩部門の受賞式(贈賞式)でした

 2019年11月30日は、『掠れた曙光』の茨城文学賞詩部門の受賞式(贈賞式)でした。

 

 

 

 

掠れた曙光 (幻視社別冊)

掠れた曙光 (幻視社別冊)

  • 作者:岡和田 晃
  • 出版社/メーカー: 書苑新社
  • 発売日: 2019/11/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

 会場は、水戸市にある茨城近代美術館の講堂でした。

 

 

 賞状と記念プレートです。

 

 

 懇親パーティーの会場にて、選考委員長の武子和幸さん、選考委員の硲杏子さん、鈴木有美子さんらと歓談させていただきました。『掠れた曙光』にユイスマンスを下敷きにした作品があるのを見抜いたのは武子さんだけです。
 日本SF作家クラブから、受賞祝いにお送りいただいたお花も展示されていました。

 

 武子和幸さんからお祝いに、詩誌「白亜紀」同人・大島邦行さんの詩論集『言の周、葉の辺』(国文社、2013)をいただきました。

 

 お花を移し替えました。

 

 

「Role&Roll」Vol.181に、戦鎚傭兵団の中世“非”幻想事典」第五十三回「青い海と白亜の街並み——南イタリアの迷宮都市」が掲載

‪発売中の「Role&Roll」Vol.181に、戦鎚傭兵団の中世“非”幻想事典」第五十三回「青い海と白亜の街並み——南イタリアの迷宮都市」が掲載されています。RPGや映画にしばしば登場する迷宮都市は、現実にもちゃんと存在していたのです。異国情緒とイメージ喚起力の高いナポリ以南の南イタリアを紹介しています。‬

写真の説明はありません。

 

Role&Roll Vol.181

Role&Roll Vol.181

 

 

「Role&Roll」Vol.182に、『エクリプス・フェイズ』の入門シナリオ&運用ガイド「いざ冥王星へ」が掲載

発売中の「Role&Roll」Vol.182に、『エクリプス・フェイズ』の入門シナリオ&運用ガイド「いざ冥王星へ」が掲載されています。初シナリオ化の冥王星近郊、シューティングゲーム的な入りやすいシチュエーションから禍々しき謎まで。さあ、宇宙船ヨモツヒラサカ号に乗り込み、ドクター・ツチミカドの秘密を探れ! わかりやすい冥王星準惑星エリスの解説、各種設定の抄訳もあります。

画像

 

 

 

 

「SF Prologue Wave」2019年11月20日号に「Role & Roll」Vol.181「『エクリプス・フェイズ』シナリオ シンギュラリティ・ろくろ首」』の紹介文が掲載

「SF Prologue Wave」2019年11月20日号に……。
『月刊アナログゲーム情報書籍「Role & Roll」Vol.181「『エクリプス・フェイズ』シナリオ シンギュラリティ・ろくろ首」』の紹介文が掲載されました。

prologuewave.com

 

Role&Roll Vol.181

Role&Roll Vol.181