はじめに


・このブログの方針につきまして
・自己紹介 
・おすすめ無料記事
・Twilog
・訂正記事 ・反論記事

単著ほか最近の仕事

・岡和田晃の最新の仕事はこちらから見られます!

※最新の評論『反ヘイト・反新自由主義の批評精神』が出ました。2008年から18年まで書いてきた、「純文学」とポストコロニアルなテーマを精選した批評集です。
エクリプス・フェイズ (Role&Roll RPG)

エクリプス・フェイズ (Role&Roll RPG)

※『エクリプス・フェイズ』日本語版ルールブックが、発売となりました。岡和田晃は翻訳チームに参加しています。スペースオペラサイバーパンクが融合した本格SF-RPGの世界を日本語でご堪能下さい。A4変形フルカラー400ページです。圧倒的情報量にも関わらずプレイアブル。日本語版の公式サイトで、サマリー形式の簡易ルール&シナリオ「ヘリオンズ・エッグ」、サンプルキャラクター等を無料でダウンロードできます
ガンドッグゼロ リプレイ アゲインスト・ジェノサイド (Role&Roll Books) (Role & RollBooks)

ガンドッグゼロ リプレイ アゲインスト・ジェノサイド (Role&Roll Books) (Role & RollBooks)

※『アゲインスト・ジェノサイド』は初の単著、自信作です。ロールプレイングゲームの可能性を引き出すべくつとめました。
「世界内戦」とわずかな希望〜伊藤計劃・SF・現代文学 (TH Series ADVANCED)

「世界内戦」とわずかな希望〜伊藤計劃・SF・現代文学 (TH Series ADVANCED)

※『「世界内戦」とわずかな希望』は、第二単著です(日本図書館協会選定図書になりました)。詳しくはこちらのエントリをご覧ください。また、収録記事「二十一世紀の実存」に脱落がありますが、版元のサイトで完全版をPDF形式でダウンロードできます。
※『向井豊昭の闘争』は第三単著。未來社のPR誌「未来」の連載を大幅に加筆改稿したもので、書き下ろしの第三章、詳細な作品リストもついています。帯は笙野頼子さんが書いてくださいました。
※『向井豊昭傑作集』は、編集、解説、年譜作成を担当しました(こちらも日本図書館協会選定図書になりました)。
北の想像力 《北海道文学》と《北海道SF》をめぐる思索の旅

北の想像力 《北海道文学》と《北海道SF》をめぐる思索の旅

※『北の想像力』は、統括と編集を担当いたしました。特設サイトはこちら! 日本SF大賞最終候補&星雲賞参考候補となりました。
アイヌ民族否定論に抗する

アイヌ民族否定論に抗する

アイヌ現代思想史研究者のマーク・ウィンチェスターさんとの共編で、レイシズムヘイトスピーチ歴史修正主義に反対する本を作りました。『アイヌ民族否定論に抗する』です。全国学図書館協議会選定図書となりました。
※『「世界内戦」とわずかな希望』は、第四単著です。2013年から2017年に書いた批評を集成しています。特にRPG論を入れられたのは、苦労しただけに感慨深いものがあります。
ベア・ダンジョン+ベア・カルトの地下墓地+運命の審判 (T&Tアドベンチャー・シリーズ4)

ベア・ダンジョン+ベア・カルトの地下墓地+運命の審判 (T&Tアドベンチャー・シリーズ4)

※J・ピーターズ『ベア・カルトの地下墓地』レベル1を全訳し、レベル2を杉本=ヨハネさんと共同制作しました。自信作です。
日本現代卓上遊戯史紀聞 [2]草場純

日本現代卓上遊戯史紀聞 [2]草場純

※漫画について、草場純さんのインタビューをさせていただきました。
※『ブラマタリの供物』の設定協力と解説を担当いたしました。
ナイトランド・クォータリーvol.15 海の幻視

ナイトランド・クォータリーvol.15 海の幻視

※「ナイトランド・クォータリー」Vol.15に、「『幻影の航海』から「多頭のヒドラ」へ」を寄稿しました。
Role&Roll Vol.170

Role&Roll Vol.170

※「Role&Roll」Vol.170に『エクリプス・フェイズ』の入門シナリオ&運用ガイド「悪夢の衛星タナカの恐怖」を寄稿しました。

献本について

 このブログやTwitterにて、アトランダムに献本いただいた作品を紹介しています(原則として商業媒体の新作。すべてを紹介できているわけではありません)。文芸時評をやっている関係上、文芸誌の献本については原則、ウェブログでの紹介はいたしません。時評や書評に間に合った場合、そちらに替えさせていただくこともあります。

『反ヘイト・反新自由主義の批評精神』エラッタ

 2018年12月11日現在まで判明しているものをまとめます。

 

・p.248、1行目

×金泰正

◯金泰生

 

・p.251、2行目

×一部にとなる。

◯一部となる。

 

・p.269、1行目(引用内)

×どの肉でも

◯どの国でも

 

・p.375、「付記」の2行目

×第四八回衆議院議員

◯第四八回衆議院議員選で

 

・p.420、3行目

×一九九八年当時

◯一九八八年当時

 

・p.424、後ろから1行目

×「ズレをはさんだ繰り返し」

◯「ズレをふくんだ繰り返し」

 

第39回日本SF大賞推薦文

 岡和田晃は、日本SF作家クラブ会員として、今年は以下3点のエントリーを行いました。

 

・倉数茂『名もなき王国』
 SF文壇において幻想文学、さらに言えば“政治の季節”を横目で睨んだ作品は、どうも下位に見られる傾向があるようだ。世界文学を継承した作風とあれば、なおさらである。本来ならば、同じ作者の『始まりの母の国』(2012)の時点で、本賞へノミネートされていてしかるべきだろう(非常に優れた本格ジェンダーSFである)。が、本作を改めて推したいのは、初期の山尾悠子を思わせる硬質な文体において綴られる個々の短編小説の幻想性が、大きな枠物語としてジーン・ウルフ風の大胆な世界認識の読み替えをもたらす点だ。それは同時に、1980年代以降の新自由主義的文化状況を前提とする、アンダーグラウンド精神の復権を呼びかけてもいる。「SF Prologue Wave」や「TH」といったオルタナティヴ・メディアを初出とする短編も入っているのは、偶然ではないのだ。より詳しくは、「高知新聞」2018年9月9日朝刊で書評を参照。

 

渡邊利道「エヌ氏」
 第3回創元SF短編賞飛浩隆賞を受けた本作は、本来であれば『原色の想像力3』に収録されるはずであったというが、紆余曲折を経て5年の後に、「ミステリーズ!」Vol.90に掲載され、ようやく陽の目を見た。奇しくも評者は、応募時の原稿を読む機会があり、その際は、あまり評価できないとコメントせざるをえなかったのであるが、いざ改稿された本作を目にして驚かされた。5年という月日が、本作を成熟へと導いていたのである。トマス・ディッシュ「アジアの岸辺」への返歌といったコアの部分はそのままに、むしろ批評家として知られているだろう著者の見識が、枝葉として貪欲に盛り込まれ本筋と巧妙に噛み合うバロック的なスタイルをもたらしていた。それでいて、現代日本SFのアキレス腱であるジェンダーエスニシティに対する批評性も盛り込まれている。批評的な知への無頓着を感じさせる新人作が少なくないなか、本作の意欲を大いに買いたい。

 

吉川浩満『人間の解剖はサルの解剖のための鍵である』
 わずかな例外を除き、日本SF大賞は理論的なSF批評・評論の仕事に対し、正面から向き合うことを避けていた。結果、知的な読者層を少なからず取り逃してしまっている。本書は、社会ダーウィニズムの「浸透と拡散」の問題点を、説得力のある筆致で刳出してみせた『理不尽な進化』の著者の第2評論集であり、優れたコレクト・クリティークとなっている。作品をベースにして(例えば)認知科学的なフレームを取り出すという手法が、これまでのSF評論のスタンダードだったとすれば、本作の方向性は真逆である。(例えば)ポストヒューマニズムの理論的な枠組みを示し、そのような大枠から、SF作品の意義を語ってみせるのだ。巷には、SFを論じるとなると、人口に膾炙した映像作品をうっすらとなぞって満足するような批評も少なくないのだが、本書では『スティーヴ・フィーヴァー』のような達成もきちんと踏まえられており、安心して読むことができる。

 

樺山三英「団地妻B」
 第37回日本SF大賞最終候補になった『ドン・キホーテの消息』に続く、樺山三英の最新SFは――某大手文芸誌に発行寸前で差し止めを受けた「セヴンティ」(「メタポゾン」10号に掲載)から5年を隔て――ようやく「すばる」2018年4月号に掲載された本作「団地妻B」である。これはフローベールボヴァリー夫人」の本歌取りでありながら、フェデリコ・フェリー二監督『8 1/2』やJ・G・バラード『クラッシュ』の語り直しを内包しており、それどころか、作中にも“カメオ出演”している蓮實重彦の批評を大胆に援用することで、小説でありながら「批評としてのSF」を体現する作品になりえている。樺山三英日本SF作家クラブから退会してしまったが、この作品をスペキュレイティブ・フィクションとして位置づけることは重要だろう。「図書新聞」2018年4月21日号、5月19日号の「〈世界内戦〉下の文芸時評」も参照されたい。


・ダン・ゲルバー、グレッグ・コスティキャン、エリック・ゴールドバーグ『パラノイア【ハイプログラマーズ】』
 日本SF大賞はこれまで、一回もゲーム作品へ授賞したことがない(候補作になったことはあるらしい)。これは端的に本賞のアキレス腱になっているだろう。もとより、SFとゲーム(とりわけ会話型のロールプレイングゲーム)は、相互に絡み合うようにして発展を遂げてきた歴史が存在するからだ。詳しくは、「SFマガジン」2018年6月号の「『恐怖の墓所』のその先へ」を参照されたいが、ことオーウェル風のディストピアをシミュレーションする強度において、『パラノイア』シリーズを無視することはかなわない。今回邦訳がなった【ハイプログラマーズ】は――現代日本の状況を連想させずにはおかない――腐敗した官僚の立場をシミュレーションするというユニークな発想の作品で、『ディプロマシー』や『フンタ』といった名作の系譜にありながら、小説では表現できない形のSFを体現しえており、十二分にSF大賞に値する斬新さがあるだろう。

※字数制限で盛り込めませんでしたが、「図書新聞」2018年上半期読書アンケートの岡和田回答も参照してください。

 

・マーク・ガスコイン編『タイタン――アドバンスト・ファイティング・ファンタジーの世界』
 かつてSF出版社が専門レーベルを擁していたことからも自明なとおり、ゲームブックもまた、SFと密接に関わる分野であった。今なおそうだ。RPGを一人でプレイできるソロ・アドベンチャー形式の嚆矢となったのは『トンネルズ&トロールズ』(T&T)シリーズであるが、パズラー的に精緻化させたのが『火吹山の魔法使い』に始まる「ファイティング・ファンタジー」(FF)シリーズだ。FFで育った世代が『アドバンスト・ファイティング・ファンタジー第2版』をデザインし、それが2018年に日本でも翻訳・出版されるという動きは、オールドスクール・ファンタジー復権と解釈できる。日本オリジナルのT&Tソロ・アドベンチャー『トラブルinトロールワールド』の刊行、籾山庸爾が代表をつとめるハーミットインの奮闘という動きが見られるが、それらを象徴する作品として、素晴らしく生き生きした架空世界を提示した『タイタン』を顕彰したい。

大杉重男氏への応答

 

 「図書新聞」2018年10月20日号に掲載した「〈世界内戦〉下の文芸時評 第四四回」に対し、文芸評論家の大杉重男氏から、氏のウェブログ「批評時間」において反論があった(「文学を愛することについて」、2018年11月15日付け)。「図書新聞」の紙面では紙幅が限られているので、私のサイトをもって応答を試みる。

 

・応答の前提

  まず、はっきりさせておきたいこととしては、大杉氏は私の評について「批判的な」評と書いてあるが、実は大杉氏が引用した箇所の前段には、「朴裕河の『帝国の慰安婦』をめぐる論争の整理には説得力を感じさせる記述も多い」と、大杉論を評価するコメントがついている。そのうえで付された時評なので、「批判」とみなされた部分は、議論の解像度を上げるために限られた紙面でなしえた、読み手からの(ささやかな)提案にほかならない。

 

アイザック・アシモフについて

  私が時評で述べた「アシモフが基盤になることからもわかるとおり」というのには、二つの含意がある。第一に、そもそもアシモフの「ロボット工学三原則」は、あまりにも有名がゆえ、それらを応用した議論や作例は事欠かない。にもかかわらず、大杉氏がそれらの歴史的蓄積を押さえているとは、(応答を読んでも、なお)まるで思えないことを問題視している(*)。そもそもの話、アシモフを「あっけらかんとした戦争の反省なき」作家と捉えることは、本当に正しいのだろうか? クリシェにすぎないと思う。アシモフユダヤ系であり、それによって生じた陰影は、よくテクストを読むと、かなり如実な形で反映されている(むしろ、アシモフを本当に「読む」のであれば、ナボコフあたりと並べるのが的確かもしれない)。

 噛み砕いて言うと、実のところ私がアナクロだと書いたのは、アシモフそのものに対してでは、必ずしもない。真に問題なのは、アシモフを「文学」としてではなく、「エンターテイメント」などと短絡的に言い張り、そうした解釈枠について反省的に問うことがない批評性の不足にこそある。

 「アシモフが「アナクロ」だということは日本国憲法も「アナクロ」」と大杉氏はさらりと述べているが、私は日本国憲法を「アナクロ」などとはまったく書いていない(このさりげない飛躍には抗議しておく)。強いて言えば、日本国憲法を解釈するために大杉氏が用いたツールが錆びついており、磨き直していないのではないか、と指摘しているのである。

 というのも、これは第二の問題につながるのだが、「ロボット三原則」で「日本国憲法」を解釈するという試みを、大杉氏は「早稲田文学」で連載していた(「「ロボット工学三原則」と日本国憲法――「日本人」の条件(1)」など)、連載は二〇〇八年に開始されたもので、このときは新鮮な気持ちで読めたものの、少なからず状況が変わった現在においては、題材こそ新し目のネタを使いながら、理論的な部分に関してはほとんど変化がないように見えた。そのように読めてしまう理由の一つは、「「日本人」の条件」がまとめて本になっていないからかもしれない。

 「子午線」第2号のインタビューで大杉氏は、連載をなかなか本にできない趣旨の苦労を述べていたものと記憶するが……いまはオンデマンド出版でも電子書籍でも、それこそ手段には事欠かないし、文学フリマや日本近代文学会(私も会員である)の物販スペースなど、いくらでも発表の場はあるだろう。もし、『小説家の起源』および『アンチ漱石』に続く、大杉氏の第三評論集が出るのであれば、喜んで私はお金を支払いたいと思う。

 

・J・G・バラードについて

  私が時評でJ・G・バラードの「終着の浜辺」について触れたのは、それは「歴史の終わり」そのものがテーマだからである。そこに描かれているのは「廃墟趣味と抒情性」などではまったくないし(このような読み方は、いくらなんでも浅薄にすぎる。せめて、筒井康隆の放言を解析するくらいの熱量は示してほしいものだ)、「冷戦時代の歴史性を色濃く反映」していることは否定できないものの、より強くテクストが描こうとしているのは、1945年8月5日・6日に広島へ落とされた「核」である(参考:バラードの訳者・増田まもる氏の批評 http://blog.tokon10.net/?eid=1052625)。

 ちなみに、バラードは上海時代に収容所体験を経ており、それは「自伝」的な虚構である『人間の奇跡』に詳しい。いまはバラードの短篇は全集も出ているので、どうせ読むならば「SFの専門家」とは「議論を避ける」などとは言わず、しっかり読んでほしいものだ。

 

筒井康隆の問題発言について

  「慰安婦」をめぐる筒井康隆の問題発言については、私は「図書新聞」2017年5月20日の、第二七回の時評で記している。

 大杉氏が、あえて「トリヴィアル」な部分にこだわりたいというのは理解し、そのこと自体は否定するものではまったくないが、私が筒井発言を詳細な言及に値しないと考えるのは、『モナドの領域』に続く近作にからめての文脈である。

 

・「ヘイト」について

  大杉氏は、「「ヘイト」は何時でも必ず「ヘイトに対するヘイト」」と述べているが、本質主義的な体裁をとった「どっちもどっち論」の変種としか思えなかった。いまの状況において有効性を持つとは思えないし、何より説得されない。

 そもそも、“文学嫌い”というのは、「ヘイト」でも何でもない。ヘイトスピーチの「ヘイト」は、「人種、皮膚の色、世系又は民族的もしくは種族的出身に基づく」(人種差別撤廃条約1条1項)差別を、例えば指すものである。その意味で、大杉氏の論考も、引き合いに出された綿野恵太氏の論考も、「ヘイト」ではまったくない。

 私が大杉氏の論を“文学嫌い”と書いたのは、『アンチ漱石』で大杉氏が打ち出していたようなカノン批判が、より縮小された形で――今回のアシモフやバラードへの言及に顕著だが――論じる対象へのリスペクトを感じさせないものとして、再生産されていた点を指摘している。なるほど、筒井発言については「文学的」に読んでいるかもしれないが、筒井の近作についても、同様の深読みがほしいものだ。そのような姿勢では、「文学に愛されたい」と言っても、ありていに言って、まあ難しいのではないか(受容の準備ができておらず、認知的不協和に陥るだけである)。

 なお、なぜか渡部直己氏が引き合いに出されているが、理解不能である。氏のセクハラを私はまったく支持していない。理由については、「図書新聞」2018年7月14日号の「〈世界内戦〉下の文芸時評 第四一回」で記した。それに、私は大杉氏が言うような意味で「文学」を「愛した」ことはついぞない。

 

・「東浩紀以降の批評家」について

  最後に付言すると、私のことを「東浩紀以降の批評家」などと言われても、東氏に何らポジティヴな影響を受けていない私は、そのようなラベリングを公にされることに対し不快感を表明せざるをえない。

 それを言うなら、私は2002年度、早稲田大学で大杉氏が開講していた『シュレーバー回想録』の講読を受講していたことがある。とかく休講の多い印象が残っているが、刺激を受けた部分も多く、大杉氏の批評を能う限り読むきっかけとなった。大杉氏が「群像」に書いた「神経言語論」(1999年)とリンクする部分が多い講義内容だったと記憶する。

 少なくとも、私は『シュレーバー回想録』を大杉氏によって意識するようになった。この経緯を鑑みると、あえて私のことを先行世代の批評家「以降」と書かなければならないのであれば……私に関しては「東浩紀以降」というよりも、「大杉重男以降」と評するほうが、「東浩紀以降」などとされるよりは、まだしも正確性の高い記述だといえる(そうせよ、と要請しているのではまったくない。念のため)。

 

(*)一点挙げるのであれば、宮内悠介『スペース金融道』では、「ロボット工学三原則」を(とりわけサイバーパンク以降の)ポストヒューマニズムの観点から読み替える試みがなされている。「純文学」の領域でも活躍する宮内は、『スペース金融道』を自覚的な「エンターテイメント」として書いている旨をさまざまなところで述べているが、それを真に受けて、もし本書を「エンターテイメント」としか読めないのだとしたら、問題だ。バラードがピンとこなかったらしい大杉氏には、本書を読んでいただきたいと思う。

 

 2018年11月22日 岡和田晃

※11月23日および12月6日、趣旨はそのままに、一部の誤記を修正した。

2018年11月10日にジュンク堂書店池袋本店で倉数茂さんとのトークイベントを開催します

 2018年11月10日にジュンク堂書店池袋本店で倉数茂さんとのトークイベント「新自由主義社会における〈文学〉の役割とは」を開催します。

 ぜひお越しください。

f:id:Thorn:20181030074142j:plain

●出演者

・岡和田 晃(文芸評論家、ゲームデザイナー、東海大学文化社会学部文芸創作学科非常勤講師)

・倉数 茂(小説家、東海大学文化社会学部文芸創作学科准教授)

●時間・概要

・19:00開場 19:30開演

・SNSで〈フェイクニュース〉が拡散し、マイノリティに対する〈ヘイト〉が横行する社会にあって、いま読まれるべき〈文学〉とは何か? そのことを問い続けてきた文芸評論家・岡和田晃氏の過去10年の文芸批評をまとめた『反へイト・反新自由主義の批評精神』が刊行されました。 「政治と文学」を語ることが忌避され、批評と言えば「極右」「オタク(萌え)」「スピリチュアル」な言説がもてはやされる――そんな状況に抗う〈小説〉と〈評論〉のあり方について、東海大学文芸創作学科准教授であり新刊『名もなき王国』(ポプラ社)を刊行したばかりの小説家・倉数茂氏をゲストに迎え、対談形式で「新自由主義社会下における〈文学〉の役割」について縦横に語り合います。

●書籍販売とサイン会

岡和田・倉数両氏の新刊・既刊のほか、倉数茂氏の評論「北方幻想――戦後空間における〈北〉と〈南〉」が収録されている岡和田晃編『北の想像力――《北海道文学》と《北海道SF》をめぐる思索の旅』(寿郎社、定価8100円[税込])等を販売いたします。 またイベント終了後には、お二人のサイン会も行います。

(終了時刻は20:45頃を予定しております。)

 

【講師紹介】

岡和田晃(おかわだ・あきら)

1981年、北海道生まれ。早稲田大学第一文学部卒。筑波大学大学院人文社会科学研究科で修士号取得。 文芸評論家、ゲームデザイナー、東海大学文化社会学部文芸創作学科非常勤講師。 2010年、「「世界内戦」とわずかな希望――伊藤計劃虐殺器官』へ向き合うために」で第5回日本SF評論賞優秀賞受賞。2016年、『破滅の先に立つ――ポストコロニアル現代/北方文芸論』で第50回北海道新聞文学賞創作・評論部門佳作受賞。 著書に『向井豊昭の闘争――異種混交性の世界文学』(未來社)、『世界にあけられた弾痕と、黄昏の原郷――SF・幻想文学・ゲーム論集』『「世界内戦」とわずかな希望――伊藤計劃・SF・現代文学』(以上、アトリエサード)、編書に『北の想像力――《北海道文学》と《北海道SF》をめぐり思索の旅』(寿郎社)、『アイヌ民族否定論に抗する』(共編、河出書房新社)など。

・倉数茂(くらかず・しげる

1969年、兵庫県生まれ。早稲田大学第一文学部卒。東京大学大学院総合文化研究科で博士号取得。 小説家、東海大学文化社会学部文芸創作学科准教授。 博士号の取得後、中国大陸の大学で日本語を学ぶ学生を対象に5年間日本語を教え、帰国後の2011年、『黒揚羽の夏』(ポプラ社)でデビュー。 そのほかの著書に『魔術師たちの秋』(ポプラ文庫ピュアフル)、『始まりの母の国』(早川書房)、『私自身であろうとする衝動――関東大震災から大戦前夜における芸術運動とコミュニティ』(以文社)がある。

 

★入場料はドリンク付きで1000円です。当日、会場の4F喫茶受付でお支払いくださいませ。

※事前のご予約が必要です。1階サービスコーナーもしくはお電話にてご予約承ります。

トークは特には整理券、ご予約のお控え等をお渡ししておりません。

※ご予約をキャンセルされる場合、ご連絡をお願い致します。(電話:03-5956-6111) 

 

■イベントに関するお問い合わせ、ご予約は下記へお願いいたします。

ジュンク堂書店池袋本店 TEL 03-5956-6111 東京都豊島区南池袋2-15-5

 

 

 

名もなき王国

名もなき王国

 

 

 

 

「アホフェミ」について(笙野頼子さんの見解)

 2018年10月18日、私はツィッターにて、以下のようなコメントをしました(コメントツリー形式になっていますので、クリックすればツリーの全体が読めます)。言及されるお店の(大学地下部室のような)アジール性を評価しつつ、それを他人に(とりわけ「女性」を「アホフェミ」などとラベリングして)振りかざす武器とするべきではない、という主張です。

 

 

 こちらのツィート、および、それに関連したやりとりを見た作家の笙野頼子さんから、ベルクを擁護する人たちと批判する人たちに関して、「本来は和解できる問題だと思います」、「和解してほしいと思います」としたうえで、不意に湧いてきた「アホフェミ」という罵倒表現について、示唆に富んだコメントをメールにて頂戴しました。

 というのも、笙野頼子さんの小説に出てくる「イカフェミ」という造語を「捕獲」する形で、「アホフェミ」が正当化されようとしたので、それについての「正しい解釈を述べたいのです」ということでした。

 私も、とりわけこの点に関しては、ジェンダーについての本質を突くものであり、大きく蒙を啓かれた(この問題について発言しようと思うに至った違和感が解消された)と考えましたので、以下、笙野頼子さんご本人の許諾を得たうえで、当該箇所をご紹介します。

 なお、文中で言及される『日本のフェミニズム』(河出書房新社)は、次の書籍です。全体的に良書で、私も「図書新聞」の2018年1月20日号の連載「〈世界内戦〉下の文芸時評」で論じたことがあります。

 (岡和田晃・文芸評論家)

日本のフェミニズム

日本のフェミニズム

 

 

 岡和田晃さま

 


 アホフェミってフェミの属性と関係ない嘲笑侮辱の言葉
 イカフェミがあるからアホフェミといってもいいといった男のツイッタラーがいたのでイカフェミの正しい意味をまず書きます。

 イカフェミは拙作に登場する偽のフェミニズムイカサマのイカ、偽という意味、それは原初的な女性の戦い、怒り、悲しみを乗っ取ってその本質や大切な部分を、無効化してしまう捕獲装置である。マスコミや研究の腐敗によって、本質を欠いたまま形骸化、巨大化したものである。これをすでにフェミではないとして小説の中で、私は十年以上前から批判している。同時期にロリフェミ、途中からはヤリフェミとも表現している。
 つまり私がもともとフェミという言葉をあまり使わず、ウーマンリブとか、女性解放という言葉を多用するのは、前世紀から一部のマスフェミが権力にこび、少数派にすぎぬのに代表としてふるまい、性表現万能的な立場だけを表面化していることを間違いだと思うから。その上に冷笑的で無神経であるケースがあるためそれを作中で批判している。『日本のフェミニズム』のインタビューを読めばわかる。
 前世紀既に、あるマスフェミ兼アカフェミがフェミ全部の代表化している風潮を、私は発言で批判している。
 ウーマンリブの時代に十代であった私は最初の怒りを大切にしたかった。昔はリブと言っていた。
 なので世間に流通している「大きいフェミニズム」を、その立場、方向性、真贋、過激さの程度、等から、作中で戯画化して批判したのである。
 「アホフェミ」などという人を見下した言いっぱなしの言葉とは違う。

 形容に関して、否定でも肯定でも、ラディフェミ、リベフェミ、ぬるフェミ、ガチフェミという言い方はあって良いと思う。程度や方向性をあらわすから。
 もしそのような語が立場の違う相手との罵り合いに使われるとしても、それは派閥や個人の議論のための言葉である。

 しかしアホフェミ、ブスフェミはない。
 フェミの立場、方向性、真贋とアホやブスという評価は関係ない。上から決めつけて威張っているだけだ。批判になっていない。批評性がない。

 アホフェミという言葉はむしろバカ女とかだめ母、毒嫁という言葉と同じものだ。

 

 笙野頼子

 

2018.10.29付記:私はこの記事を、クリティカルなポイントに絞り、かつ「煽らない形」で書いております。中傷の連鎖を断ち切り、またその渦中に笙野頼子さんを巻き込まないためです。コメントを参照する方は、この点を念頭に置いてください。(岡和田晃

2018年9月の仕事

・【イベント】『ハーンマスター』体験会(2018年9月1日、TRPGフェスティバル2018内、於:ホテル大野屋、サンセットゲームズの招聘による)
・【イベント】『ハーンマスター』体験会(2018年9月2日、TRPGフェスティバル2018内、於:ホテル大野屋、サンセットゲームズの招聘による)
・【イベント】「Role&Roll」新作発表会(2018年9月2日、TRPGフェスティバル2018内、於:ホテル大野屋、アークライトの招聘による)
・【批評】「「語ること」の深い喪失 倉数茂『名もなき王国』の書評」(「共同通信」2018年9月6日配信記事)
・【批評】「〈世界内戦〉下の文芸時評 第四三回 身体感覚を突き詰めて世界の全体性を記述する、リトルマガジンの出発点」(「図書新聞」2018年9月13日号)
・【批評】「在野での写真批評に活路 『デュラスのいた風景 笠井美希遺稿集』書評」(「北海道新聞」2018年9月9日号)
・【監修】【ゲームデザイン待兼音二郎朱鷺田祐介岡和田晃「『エクリプス・フェイズ』インターミッション&運用ガイド 即身仏とカリスマ美女モデル」」(「Role&Roll」Vol.168、新紀元社
・【レポート】参加者:デーナ・ルイス(翻訳家)、高橋良平(フリー編集者)、大和田始(翻訳家) 司会・本文構成:岡和田晃 「山野浩一氏追悼パネル 電子版限定(3) SFセミナー2018本会企画 於:全電通労働会館【東京】」 (「読書人」ウェブサイト、2018年9月12日)

https://dokushojin.com/article.html?i=4127&p=7
・【紹介】「月刊アナログゲーム情報書籍「Role & Roll」Vol.167「『エクリプス・フェイズ』入門シナリオ&運用ガイド ヴァイキング・マーダーズ または、火星八つ墓村」」(「SF Prologue Wave」2018年9月20日号)
・【紹介】選者コメント寄稿(「はじめての海外文学vol.4」フェア)
・「東海大学文芸創作学科【幻想文学ゲームデザイン論】第1回」(2018年9月26日)
・「東海大学文芸創作学科【SF論】第1回」(2018年9月26日)
・【座談会】「北海道文学」の誕生とタコ部屋労働(1)~国木田独歩空知川の岸辺」(シミルボン)https://shimirubon.jp/columns/1691732
・【座談会】「北海道文学」の誕生とタコ部屋労働(2)~国木田独歩空知川の岸辺」(シミルボン)https://shimirubon.jp/columns/1691741

・【座談会】「北海道文学」の誕生とタコ部屋労働(3)~「空知川の岸辺」から「監獄部屋」へ(シミルボン)https://shimirubon.jp/columns/1691796
・【座談会】「北海道文学」の誕生とタコ部屋(4)~羽志主水「監獄部屋」(シミルボン)https://shimirubon.jp/columns/1691800