はじめに


・このブログの方針につきまして
・自己紹介 
・Twilog
・訂正記事 ・反論記事

単著ほか最近の仕事

・岡和田晃の最新の仕事はこちらから見られます!

※最新の評論『反ヘイト・反新自由主義の批評精神』が出ました。2008年から18年まで書いてきた、「純文学」とポストコロニアルなテーマを精選した批評集です。
エクリプス・フェイズ (Role&Roll RPG)

エクリプス・フェイズ (Role&Roll RPG)

※『エクリプス・フェイズ』日本語版ルールブックが、発売となりました。岡和田晃は翻訳チームに参加しています。スペースオペラサイバーパンクが融合した本格SF-RPGの世界を日本語でご堪能下さい。A4変形フルカラー400ページです。圧倒的情報量にも関わらずプレイアブル。日本語版の公式サイトで、サマリー形式の簡易ルール&シナリオ「ヘリオンズ・エッグ」、サンプルキャラクター等を無料でダウンロードできます
ガンドッグゼロ リプレイ アゲインスト・ジェノサイド (Role&Roll Books) (Role & RollBooks)

ガンドッグゼロ リプレイ アゲインスト・ジェノサイド (Role&Roll Books) (Role & RollBooks)

※『アゲインスト・ジェノサイド』は初の単著、自信作です。ロールプレイングゲームの可能性を引き出すべくつとめました。
「世界内戦」とわずかな希望〜伊藤計劃・SF・現代文学 (TH Series ADVANCED)

「世界内戦」とわずかな希望〜伊藤計劃・SF・現代文学 (TH Series ADVANCED)

※『「世界内戦」とわずかな希望』は、第二単著です(日本図書館協会選定図書になりました)。詳しくはこちらのエントリをご覧ください。また、収録記事「二十一世紀の実存」に脱落がありますが、版元のサイトで完全版をPDF形式でダウンロードできます。
※『向井豊昭の闘争』は第三単著。未來社のPR誌「未来」の連載を大幅に加筆改稿したもので、書き下ろしの第三章、詳細な作品リストもついています。帯は笙野頼子さん。
※『向井豊昭傑作集』は、編集、解説、年譜作成を担当しました(こちらも日本図書館協会選定図書になりました)。
北の想像力 《北海道文学》と《北海道SF》をめぐる思索の旅

北の想像力 《北海道文学》と《北海道SF》をめぐる思索の旅

※『北の想像力』は、統括と編集を担当いたしました。特設サイトはこちら! 日本SF大賞最終候補&星雲賞参考候補となりました。
アイヌ民族否定論に抗する

アイヌ民族否定論に抗する

アイヌ現代思想史研究者のマーク・ウィンチェスターさんとの共編で、レイシズムヘイトスピーチ歴史修正主義に反対する本を作りました。『アイヌ民族否定論に抗する』です。全国学図書館協議会選定図書となりました。
※『「世界内戦」とわずかな希望』は、第四単著です。2013年から2017年に書いた批評を集成しています。
ベア・ダンジョン+ベア・カルトの地下墓地+運命の審判 (T&Tアドベンチャー・シリーズ4)

ベア・ダンジョン+ベア・カルトの地下墓地+運命の審判 (T&Tアドベンチャー・シリーズ4)

※J・ピーターズ『ベア・カルトの地下墓地』レベル1を全訳し、レベル2を杉本=ヨハネさんと共同制作しました。
※『ブラマタリの供物』の設定協力と解説を担当いたしました。
※『こころ揺らす』に、岡和田晃のインタビューが掲載されています。
トンネルズ&トロールズ完全版BOOK

トンネルズ&トロールズ完全版BOOK

※『トンネルズ&トロールズ完全版BOOK』に翻訳を担当した『アンクル・アグリーの地下迷宮』が同梱されています。
ナイトランド・クォータリーvol.17 ケルト幻想〜昏い森への誘い〜

ナイトランド・クォータリーvol.17 ケルト幻想〜昏い森への誘い〜

※「ナイトランド・クォータリー」Vol.16から編集に参画し、このVol.17から編集長になりました。
傭兵剣士 (T&Tアドベンチャー・シリーズ7)

傭兵剣士 (T&Tアドベンチャー・シリーズ7)

※ジェームズ・ウィルソン「傭兵剣士」「青蛙亭ふたたび」の翻訳チェック・多人数シナリオ寄稿、続編の「無敵の万太郎とシックス・パックの珍道中」と「〈黒のモンゴ―〉の塔ふたたび」が掲載されています。心意気としては第六単著のつもりです。

献本について

 このブログやTwitterにて、アトランダムに献本いただいた作品を紹介しています(原則として商業媒体の新作。すべてを紹介できているわけではありません)。文芸時評をやっている関係上、文芸誌の献本については原則、ウェブログでの紹介はいたしません。時評や書評に間に合った場合、そちらに替えさせていただくこともあります。

「ナイトランド・クォータリーvol.18 想像界の生物相」が、8月30日頃発売!

「ナイトランド・クォータリーvol.18 想像界の生物相」が、2019/8/30ごろ店頭に並びます! (定期購読の方々には2019/8/27ごろ発送となります)
国立民族学博物館にて先行発売いたします!

athird.cart.fc2.com

✂ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー✂

幻視者のためのホラー&ダーク・ファンタジー専門誌《ナイトランド・クォータリー》。

vol.18は「想像界の生物相」。
国立民族学博物館で開催される特別展示「驚異と怪異」とシンクロし、
想像界のさまざまな生物をモチーフにした物語を特集!

特別増ページで、小説やインタビュー、レビュー、エッセイなど満載。

パステル都市』のM・ジョン・ハリスン、E・ホフマン・プライス、タラ・イザベラ・バートンなど翻訳8編、日本作家は仁木稔、朝松健。
この他、開田裕治インタビュー、三宅陽一郎インタビュー、小特集/国立民族学博物館・特別展「驚異と怪異―想像界の生きものたち」など、読み応えたっぷりです。

=========
■主な内容
=========
アーサー・コナン・ドイル「大空の恐怖」/訳:田村美佐子
■E・ホフマン・プライス「クルディスタンの異邦人」/訳:岡和田晃
■ポール・ヘインズ「マレクの復活」/訳:岡和田晃
■タラ・イザベラ・バートン「レオポルトシュタット街のゴーレム」/訳:待兼音二郎
■クリスチャン・ライリー「山の中へ、母なる古齢の森の中へ」/訳:大和田始
■アンジェラ・スラッター「リトル・マーメイドたち」/訳:徳岡正肇
■ウィリアム・ミークル「書斎の中のもの」/訳:渡辺健一郎
■M・ジョン・ハリスン「ラミアとクロミス卿」/訳:大和田始

■仁木 稔「ガーヤト・アルハキーム」
■朝松 健「〈一休どくろ譚・異聞〉一休葛籠」

【インタビュー】
開田裕治インタビュー「ノイズの中から生まれるイメージ」/岡和田晃
■三宅陽一郎インタビュー「AIは人間の幽霊を見るか」/徳岡正肇

【小特集】
国立民族学博物館・特別展「驚異と怪異―想像界の生きものたち」
■“怪異の音”を収集した貴重な映像資料/深泰勉
■マンタム・選 想像界の生き物図鑑
能楽「土蜘蛛」──日常と地続きの怪異の恐ろしさ/待兼音二郎

【連載】
■〜夜の国の幻視録 その2〜イブン・バイタール「マンドラゴラ売りの口上」/訳:岡和田晃/画:藤原ヨウコウ
■「犬とマンドレイク」中国へ渡る──マンドレイクの採取法はなぜ広まったか/松島梨恵
■〈新連載・アンソロジーに花束を〉第一回 謎の物語/安田均

【Movie】
塹壕からの「準創造」 ――『トールキン 旅のはじまり』/岡和田晃
■ヴンダーカンマーの時代とモンスター映画の間 ゴーレム編/深泰勉
■台湾土俗ホラーが怖い!/加藤浩志
■ヴンダーカンマーの時代とモンスター映画の間 人魚編/深泰勉

【Game】
■「DOOM」 ――怪物と踊るビデオゲームの快楽/徳岡正肇

【ブックガイド】/岡和田晃
■眩惑と驚異のメタテクスト空間へようこそ(ウナムーノ『アベル・サンチェス』、アンジェラ・カーター『ホフマン博士の地獄の欲望装置』、イアン・バンクス『蜂工場』)
■双角の預言者、あるいは錬金術師の父祖──山中由里子アレクサンドロス変相』を素描する
■「人間ならざるもの」が未来と過去を相対化する(「幻想文学」特集「くだん、ミノタウロス、牛妖伝説』、酉島伝法『宿借りの星』、上田早夕里『リラと戦禍の風』)
想像界の生物相を探究するために(ノンフィクション・ガイド)

【新刊紹介】
石神茉莉『蒼い琥珀と無限の迷宮』/深泰勉

【エッセイ】
■「想像界の生物相」に寄せて/いわためぐみ
■孔雀天使に魅せられた二人の作家──E・ホフマン・プライスとポール・へインズ/岡和田晃
■バリ、ダイビング・ポイントの怪/友成純一
■怪物のアイデンティティ──鳥の王「ロプロプ」のうつろう形象/松島梨恵
■バリのレヤック/友成純一
■「サンヒャン・ドゥダリ」に描かれる魔女の系譜/深泰勉

■表紙作品=仮面(クモ)(メキシコ) 撮影:大道雪代/国立民族学博物館 特別展「驚異と怪異─想像界のいきものたち」より

ナイトランド・クォータリーvol.18 想像界の生物相

ナイトランド・クォータリーvol.18 想像界の生物相

 

 

11月3日(日)にイエローサブマリン秋葉原RPGショップで開催「朱鷺田祐介オンリーコンベンション」(主催:幻界堂)にゲスト参加

 11月3日(日)にイエローサブマリン秋葉原RPGショップで開催される「朱鷺田祐介オンリーコンベンション」(主催:幻界堂)にゲスト参加します。
 私は『エクリプス・フェイズ』のゲームマスターGM)をさせていただきますが……なんとGMでも参加でき、GM募集がすでに開始されています!

 8/10~9/22はGM募集期間で、9/25~10/15の間がプレイヤー(PL)募集期間とのこと。
 詳細は以下のサイトをご確認下さい。

www.genkai-do.com

【ゲストとシステム】(敬称略)

 朱鷺田 祐介『深淵 試作第3版』
 岡和田 晃『エクリプス・フェイズ』
 西上 柾『シャドウラン5th Edition 』

◆イベント形式
・完全予約制のオンリーコンベンションです
・定員を超える参加希望が有った際には抽選となります
・ゲストGM:3卓、募集GM:5卓の予定
・PLは各卓4名の予定

◆日時:2019年11月3日 日曜日

◆場所:イエローサブマリン秋葉原RPGショップ

イエローサブマリンホームページ】

http://www.yellowsubmarine.co.jp/shop/shop-059.htm

◆定員:32名  

◆参加費:3000円 ※GMは立卓時無料。
 ゲスト卓の参加費:3500円

エクリプス・フェイズ (Role&Roll RPG)

エクリプス・フェイズ (Role&Roll RPG)

 

 

岡和田晃の第一詩集『掠れた曙光』(幻視社)が刊行されます

 岡和田晃の第一詩集『掠れた曙光』(幻視社、2019年8月刊)の見本が届きました。
 古典文学を下敷きにした形而上詩を中心に、長短様々なスタイルで書かれた現代詩14編を収めています(A5判、124ページ)。

 初版は限定80部のみの発行ですので、ご興味のある方はakiraokawada@gmail.comまでお知らせ下さい(以下は見本の現物をカメラで撮ったものです)。

åçã®èª¬æã¯ããã¾ããã

 収録作は以下の通りです。

イシスのヴェエルをめくって

恍惚のベアータ

倒立するクライスレリアーナ

黄昏の丘へ

掠れた曙光

 

聖女リドヴィナの墓標

大理石像の瘢痕

海賊コンラッドの出奔

黄金の坩堝

 

災厄の阿呆船

 

4 

コンクリート・ポエトリー?

カウンター・カルチャー?

 

【あとがき】

 

これはプロレタリア詩だ!

 

内閣官房アイヌ総合政策室の「アイヌ施策の総合的かつ効果的な推進を図るための基本的な方針案に関する意見募集について」にパブリック・コメントを提出しました。

 内閣官房アイヌ総合政策室の「アイヌ施策の総合的かつ効果的な推進を図るための基本的な方針案に関する意見募集について」に、以下のパブリック・コメントを提出しました。
 以下、4点に分けて提出しました。その内容を、以下に紹介していきます。


 文芸評論家・法政大学講師の岡和田晃です。意見を論点ごとに提出していきます。


【1】本件について、いわゆる「ネット右翼」とされる人たちの煽動により、「アイヌ新法で日本が分断される」、「中国や北朝鮮の侵略を許す」、「(実際には存在しない)アイヌ利権が強化される」などといった、陰謀論や差別の煽動がなされています。
 現行のパブリック・コメントの制度では、こうした荒唐無稽な陰謀論でも、1票とカウントされてしまい、相応の影響力を有してしまいます。
そこで、「新法によって日本が分断されることはありえない」、「いわゆるアイヌ利権は存在しない」、「政策の背後に中国や北朝鮮がいるわけではない」と、公的なステートメントを行っていただければと思います。
 ご検討をいただけましたら幸いです。

 

【2】私は、『アイヌ民族否定論に抗する』(共編著、河出書房新社、2015)および『反ヘイト・反新自由主義の批評精神』(寿郎社、2018)等で、文芸評論の立場から、アイヌ民族に対する差別の煽動を問題視してきました。
 今回のアイヌ施策推進法については、「飛揚」69号(視点社、2019)に私見をまとめていますが、第四条および付帯決議において、アイヌへの差別が明確に禁止されたことは、大いに前進として評価できると思います。
 ただし、現状は施行後も、アイヌに対するヘイトスピーチ(差別煽動表現)は、インターネットを中心に止む気配がありません。
そのため、具体的なガイドラインの明確化、識者およびアイヌ当事者を含む機関を設け、またアイヌ差別の禁止について、積極的なアナウンスをしていただければと思います。

 

【3】アイヌ施策推進法については、いわゆる「ネット右翼」におる「日本が分断される」などといった空想的な陰謀論のほか、識者による具体的な批判が各紙誌で発表されました。
 とりわけ重要な批判が、第一条でアイヌを「日本列島北部周辺、とりわけ北海道の先住民族」と明記したという点では画期的であるものの、それに伴う歴史的な加害のへの反省が盛り込まれておらず、アイヌの自決権の尊重されていないというものです。
 こうした批判的意見を真摯に受け止め、改善を期待します。

 

【4】先述した『アイヌ民族否定論に抗する』や『反ヘイト・反新自由主義の批評精神』などで繰り返し指摘したことですが、現在のアイヌ差別は、在日外国人差別・部落差別・障碍者差別等・女性差別等のナラティヴ(語り)を、そのまま借用することで成り立っている部分が大きくあります。
 さらには、それらと連動した複合差別というものもあります。
 例えば、寿都町義が発して「北海道新聞」等で問題視された「ザイヌ」というのは「在日コリアンがなりすましたアイヌ」という意味で、アイヌ差別であると同時に、在日コリアンに対する差別でもあります。
 第四条を有名無実なものとしないためには、複合差別の問題についても視野に入れた取り組みを、むしろ政府の側が積極的に進めていくことが期待されます。
 川崎市では具体的な罰則規定を含んだヘイトスピーチを規制する条例案が提出されました。
 こうした動向と連動しうるような形を念頭に置き、法案に関するアナウンスや、ガイドライン制定・審議機関等の設置をしていただければ幸いです。

 

「ウォーロック・マガジン」Vol.5にT&Tラヴクラフト・バリアントのシナリオ「ドルイドの末裔」および「FFによる遊戯史学のススメ」が掲載

 8月30日頃発売、「ウォーロック・マガジン」Vol.5の予約が開始されています。私はT&Tラヴクラフト・バリアント(ヴァリアント)のシナリオ「ドルイドの末裔」(簡易ルール付き、共著)、および「FFによる遊戯史学のススメ」(ロビン・ウォーターフィールド作品の話など)で参加しています。

ウォーロックマガジンvol.5

ウォーロックマガジンvol.5

 

  T&Tラヴクラフト・バリアントというのは、「ウォーロック・マガジン」の前身「トンネル・ザ・トロール・マガジン」Vol.4で訳載された『トンネルズ&トロールズ』のルールでクトゥルフ世界を冒険する作品ですが、実は『クトゥルフ神話TRPG』よりも発表年次は早く、影響を与えているとも言われます。

トンネル・ザ・トロールマガジン vol.4

トンネル・ザ・トロールマガジン vol.4

 

 今回載る「ドルイドの末裔」は、1920年代のスコットランド・マル島を舞台にした作品で、ケルト的な雰囲気を、自然にホラー・シナリオへ落とし込む工夫を盛り込んであります。入門にもピッタリで、現代日本以外のセッティングで『クトゥルフ』に挑戦してみたいが、躊躇していた人に強くお勧めできます。
 なお「ドルイドの末裔」は、東海大学文芸創作学科のゲームデザイン講義の受講生・豊田奏太さんの骨子を、岡和田が全面的に改稿して仕上げたものですが、充分に商業水準なのでご安心を。
 迫力のイラストはDon-Changさん、ディベロップメントは 仲知喜さんにお願いしました。

「図書新聞」2019年8月10日号に、「〈世界内戦〉下の文芸時評 第五四回 左派ポピュリズムとキェルケゴール的単独者の相克」が掲載

 「図書新聞」2019年8月10日号に、「〈世界内戦〉下の文芸時評 第五四回 左派ポピュリズムキェルケゴール的単独者の相克」が掲載されています。
 このたびの参院選の低投票率その他の諸問題を批判的に検証しながら、以下作品について触れています。

シャンタル・ムフ『左派ポピュリズムのために』(山本圭・塩田潤訳、明石書店
・塩田潤「左派ポピュリズムと社会運動」(「季報 唯物論研究」)
・デイヴ・ディクター『MDC あるアメリカン・ハードコア・パンク史』(鈴木智士訳、Gray Window Press)および「すばる」でのモブ・ノリオの同書への書評
・三国美千子「2019年からの手紙」(「文學界」)
・木村英子「私が地域へ帰るとき」(『生きている! 殺すな やまゆり事件の起きる時代に生きる障害者たち』、山吹書店)
村上春樹「ウィズ・ザ・ビートルズ With the Beatles」「「ヤクルト・スワローズ詩集」(「文學界」)
横田創「わたしを見つけて」(「ちくま」二〇一九年六月号)
・クリステン・ルーペニアン『キャット・パーソン』(鈴木潤訳、集英社
・ルシア・ベルリン「どうにもならない」「ママ」「さあ土曜日だ」(岸本佐知子訳、「群像」)
・額田大志「トゥー・ビー・アニマルズ」(「悲劇喜劇」)
・ロバート・アイク「オレステイア」(平川大作訳、「悲劇喜劇」)
アリストテレス詩学』の新訳(三浦洋訳、光文社古典新訳文庫
・ウィリアム・マルクスオイディプスの墓――悲劇的ならざる悲劇のために』(森本淳生訳、水声社
・「「私」的OKINAWA通信」の第一回(「三田文學」)
・「現代詩手帖」二〇一九年五月号の「台湾、現在進行形」特集

 その他、今野大力、今村恒夫、ベルトルト・ブレヒトテオ・アンゲロプロス『エレニの旅』、ソフォクレス『コロノスのオイディプス』などにも触れました。

 なお、本文中でMillions Dead CopsがMillenium Dead Copsになってますね。指摘されるまで気づきませんでしたが、たぶん私の中で、ノーマン・コーンの千年王国主義とカウツキーの中世的共産主義の相克があった。関係者にはお詫びしつつ、頭文字をケース・バイ・ケースで変え続けるMDCならば許してくれるだろうと、気持ちはイキにさせておいてください!