はじめに

・このブログの方針につきまして
・自己紹介 
・Twilog
・訂正記事 ・反論記事

単著ほか最近の仕事

・岡和田晃の最新の仕事はこちらから見られます!

※最新の評論『反ヘイト・反新自由主義の批評精神』が出ました。2008年から18年まで書いてきた、「純文学」とポストコロニアルなテーマを精選した批評集です。
エクリプス・フェイズ (Role&Roll RPG)

エクリプス・フェイズ (Role&Roll RPG)

※『エクリプス・フェイズ』日本語版ルールブックが、発売となりました。岡和田晃は翻訳チームに参加しています。スペースオペラサイバーパンクが融合した本格SF-RPGの世界を日本語でご堪能下さい。A4変形フルカラー400ページです。圧倒的情報量にも関わらずプレイアブル。日本語版の公式サイトで、サマリー形式の簡易ルール&シナリオ「ヘリオンズ・エッグ」、サンプルキャラクター等を無料でダウンロードできます
※『アゲインスト・ジェノサイド』は初の単著、自信作です。ロールプレイングゲームの可能性を引き出すべくつとめました。
「世界内戦」とわずかな希望〜伊藤計劃・SF・現代文学 (TH Series ADVANCED)

「世界内戦」とわずかな希望〜伊藤計劃・SF・現代文学 (TH Series ADVANCED)

  • 作者:岡和田晃
  • 発売日: 2013/11/06
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
※『「世界内戦」とわずかな希望』は、第二単著です(日本図書館協会選定図書になりました)。詳しくはこちらのエントリをご覧ください。また、収録記事「二十一世紀の実存」に脱落がありますが、版元のサイトで完全版をPDF形式でダウンロードできます。
※『向井豊昭の闘争』は第三単著。未來社のPR誌「未来」の連載を大幅に加筆改稿したもので、書き下ろしの第三章、詳細な作品リストもついています。帯は笙野頼子さん。
向井豊昭傑作集 飛ぶくしゃみ (転換期を読む)

向井豊昭傑作集 飛ぶくしゃみ (転換期を読む)

※『向井豊昭傑作集』は、編集、解説、年譜作成を担当しました(こちらも日本図書館協会選定図書になりました)。
※『北の想像力』は、統括と編集を担当いたしました。特設サイトはこちら! 日本SF大賞最終候補&星雲賞参考候補となりました。
アイヌ民族否定論に抗する

アイヌ民族否定論に抗する

  • 発売日: 2015/01/27
  • メディア: 単行本
アイヌ現代思想史研究者のマーク・ウィンチェスターさんとの共編で、レイシズムヘイトスピーチ歴史修正主義に反対する本を作りました。『アイヌ民族否定論に抗する』です。全国学図書館協議会選定図書となりました。
※『「世界内戦」とわずかな希望』は、第四単著です。2013年から2017年に書いた批評を集成しています。
※J・ピーターズ『ベア・カルトの地下墓地』レベル1を全訳し、レベル2を杉本=ヨハネさんと共同制作しました。
※『ブラマタリの供物』の設定協力と解説を担当いたしました。
※『こころ揺らす』に、岡和田晃のインタビューが掲載されています。
トンネルズ&トロールズ完全版BOOK

トンネルズ&トロールズ完全版BOOK

  • 発売日: 2018/12/23
  • メディア: おもちゃ&ホビー
※『トンネルズ&トロールズ完全版BOOK』に翻訳を担当した『アンクル・アグリーの地下迷宮』が同梱されています。
ナイトランド・クォータリーvol.17 ケルト幻想〜昏い森への誘い〜

ナイトランド・クォータリーvol.17 ケルト幻想〜昏い森への誘い〜

  • 発売日: 2019/06/05
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
ナイトランド・クォータリーvol.18 想像界の生物相

ナイトランド・クォータリーvol.18 想像界の生物相

  • 発売日: 2019/08/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
ナイトランド・クォータリーvol.19 架空幻想都市

ナイトランド・クォータリーvol.19 架空幻想都市

  • 発売日: 2019/12/06
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
ナイトランド・クォータリーvol.20 バベルの図書館

ナイトランド・クォータリーvol.20 バベルの図書館

  • 発売日: 2020/04/02
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
※「ナイトランド・クォータリー」Vol.16から編集に参画し、Vol.17から編集長になりました。
傭兵剣士 (T&Tアドベンチャー・シリーズ7)

傭兵剣士 (T&Tアドベンチャー・シリーズ7)

※ジェームズ・ウィルソン「傭兵剣士」「青蛙亭ふたたび」の翻訳チェック・多人数シナリオ寄稿、続編の「無敵の万太郎とシックス・パックの珍道中」と「〈黒のモンゴ―〉の塔ふたたび」が掲載されています。心意気としては第六単著のつもりです。
掠れた曙光 (幻視社別冊)

掠れた曙光 (幻視社別冊)

  • 作者:岡和田 晃
  • 発売日: 2019/11/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
※限定部数のみ刊行した第一詩集が、今年度の茨城文学賞を受けるなど望外の好評を得たため、増刷し商業流通することになりました。
現代北海道文学論 来るべき「惑星思考」に向けて
※編著『現代北海道文学論』が発売になりました。
※翻訳「コッロールの恐怖」、「ヴァンパイアの地下堂」が収録されています。

献本について

 このブログやTwitterにて、アトランダムに献本いただいた作品を紹介しています(原則として商業媒体の新作。すべてを紹介できているわけではありません)。文芸時評をやっている関係上、文芸誌の献本については原則、ウェブログでの紹介はいたしません。時評や書評に間に合った場合、そちらに替えさせていただくこともあります。

「早稲田学報」2020年6月号に新作の現代詩「プロレタリア詩の誕生」等が掲載

 5月20日発売の「早稲田学報」2020年6月号の特集「シジンノチ」に、新作の現代詩「プロレタリア詩の誕生」を書き下ろし、また、「私が選ぶ、私の本」コーナーに『掠れた曙光』の紹介文が掲載されております。

 My recent work of proletarian literature has published on Waseda Gakuho 06/2020.
 発行部数162000部とのこと。サイトから1冊1000円で購入できます。

f:id:Thorn:20200526093418p:plain

「早稲田学報」2020年6月号

 

画像

 

f:id:Thorn:20200526093609p:plain

「プロレタリア詩の誕生」および「私が選ぶ、私の本」(一部)

 参加者は青木由弥子、大崎清夏、小笠原鳥類、奥間埜乃、カニエ・ナハ、岸田将幸鳥居万由実、萩野なつみ、蜂飼耳、文月悠光、マーサ・ナカムラ、森本孝徳の各氏。インタビューは思潮社の高木真史さん。「早稲田という限定された時間、場所への思い」というお題でした。が、私のはプロレタリア詩です!

 特集の最後には、1860年代生まれから1990年代生まれの詩人とその受賞および代表作を紹介する「早稲田の詩人」という壮大なリストがあります。こちらに私を入れて頂いているのは光栄です。受賞が抜けているものの、プロレタリア詩の書き手として、無冠とみなされるのは寧ろ誇りとすべきかもしれません。

 「早稲田の詩人」リストは網羅的なものではないという断りがありますが、そのうえで、読者の皆さんに知ってほしいのは、1881年生まれの向井夷希微です。詳しい経歴は『骨踊り』(幻戯書房)をご参照下さい。2冊の詩集(1917年刊)は以下で読めます。

dl.ndl.go.jp

 

dl.ndl.go.jp

 

 

「茨城の文化」55号(茨城文化団体連合会)に現代詩「ジェスターの鼻」が掲載

 「茨城の文化」55号(茨城文化団体連合会)に、2019年度の茨城文学賞詩部門の受賞者として、新作の現代詩「ジェスターの鼻」が掲載されました。

 『掠れた曙光』が評価されたのは、「詩想の円盤」を「遠くにまで飛ばしえた」、「従来の言語規範からの逸脱をも模索した意欲的な作品」だからとの選評も!

 My new poetry "The nose of the Jester" published on "The Culture of Ibaraki" issue55,2020.

f:id:Thorn:20200516155829p:plain

ジェスターの鼻」(一部)

f:id:Thorn:20200516155504p:plain

「茨城の文化」55号

f:id:Thorn:20200516155707p:plain

「茨城の文化」55号目次

『Wローズ』簡易版&「グンドの物語」が門倉直人さんの許可を得て公開

 ゲームポエムの先駆とも言える門倉直人『ローズ・トゥ・ロード』(2010年版)の簡易版を、門倉直人さんの許諾を得まして、以下に公開します。プレイにあたってはルールブックの現物が必要です。

 もともとは岡和田が受け持ちの大学のゲームデザイン講義で使うため、門倉直人さんに許可をいただいて作成・運用したもので、このたび改めて、遠隔講義等への運用に資する目的でnoteへの公開する許諾を得まして、以下に掲載するものです。

 『Wローズ』は魅力的だと思うものの、どこから手をつけていいか迷うという向きのため、最低限の要素のみで回るように換骨奪胎したものでもあります。

 ざっくり簡略化して、かつ2人用の協力型ゲームとして割り切ったダウンサイジングを施していますが、もともとが素晴らしいので、短時間でも充分に雰囲気を味わうことはできます。ただし、時間が許す方は、この簡易版を足掛かりとして、オリジナルのルールにも触れてみて下さい。

note.com

 『Wローズ』簡易版は、2日でインプレッション14000を超えるなど大きな反響をいただいていますが、資料として用いていただくため、『ビヨンド・ローズ・トゥ・ロード』のバリアント『変異混成術師の夜』(1990年)より、門倉直人さんの小説「グンドの物語」を改めて公開しました。もちろん、著者による許諾を頂いています。以前、Analog Game Studiesで公開したときよりもレイアウト的に読みやすくなっています。

note.com

「ウォーロック・マガジン」Vol.7に「ソーサラー・ソリテア完全版」の翻訳が掲載

 発売されたばかりの「ウォーロック・マガジン」Vo..7に、ジェイムズ・L・ウォーカー「ソーサラー・ソリテア完全版」が拙訳で掲載されています。

「低レベルからプレイできる 魔術師専用ソロアドベンチャーの 古典的傑作がリニューアル、 完全版対応のうえ、まるごと日本語化! さあ、血まみれの楽しい時を!」

 後期作だけあって完成度は高く、序盤は旧作(写真右)へのオマージュを強く打ち出していますが、どんどん一貫性あるストーリーに変わっていきます。ダンジョンの仕掛けも凝っており、『ファイティング・ファンタジー』のファンも気に入るはず。結末も多彩。

 まさに渾身の翻訳であります。
1:原文の味を活かす。
2:リンクミスの修正。
3:解釈に迷う箇所は選択ルール式。
4:完全版対応(魔力度の追加、登場魔法を適合させ、全体を再吟味)
 翻訳にあたっては、以上の対応を施しましたので、原文の雰囲気はそのままに、より遊びやすく楽しんでいただけます。

 小説としてもGood!社会思想社版と読み比べて下さい。

 

画像

画像

 

 

ウォーロックマガジンvol.7

ウォーロックマガジンvol.7

  • 作者:安田 均
  • 発売日: 2020/05/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

www.hanmoto.com

 以下は原書と、社会思想社版の読み比べ。

画像

 

「図書新聞」2020年5月9日号に、「〈世界内戦〉下の文芸時評 第六三回 封鎖された「アウシュヴィッツ」同士が共闘するための戦略を!」が掲載

 「図書新聞」2020年5月9日号に、「〈世界内戦〉下の文芸時評 第六三回 封鎖された「アウシュヴィッツ」同士が共闘するための戦略を!」が掲載されています。
 全国へ広がった「緊急事態宣言」下で、次々と明るみになった言葉の歪み、そしてデフォー『ペスト』(『疫病旅行記』)についての山野浩一の批評(「日本読書新聞」1409号、1967)を手がかりに、状況を打開するヒントを同時代の文学から探ります。
 今回は以下の作品を取り上げました。

画像
・閻連科「厄災に向き合って 文学の無力、頼りなさとやるせなさ」(谷川毅訳、「文藝」)
・「SFファンタジーは人々の意識を変える? 作家N・K・ジェミシンの回答は……」(齋藤隼飛訳、「Virtual Gorilla+」)
・「SFマガジン」の特集「コロナ禍のいま」(noteで先行掲載)および上田早夕里「川端裕人・著『エピデミック』に寄せて」
・高岡啓次郎「船底の黒猫」(労働者文学賞佳作)
・北村巌「佐藤泰志〈私〉論」(「逍遥通信」)
高橋良平「日本戦後SF出版史 大光社[ソビエトS・F選集]の巻」(「本の雑誌」)およびナターリヤ・ソコローワの『旅に出る時ほほえみを』(草鹿外吉訳、白水Uブックス
・春暮康一『オーラリメイカー』(ハヤカワSFコンテスト優秀作、早川書房
朝吹亮二「季節」(「現代詩手帖」二〇二〇年一月号)
・杉本徹「惑星の秋 月光荘のこととか」(「現代詩手帖」二〇二〇年一月号)
・十田撓子「静脈の暇」(「現代詩手帖」二〇二〇年二月号)
田中さとみ「Scene16」(「現代詩手帖」二〇二〇年二月号)
古井由吉「遺稿」(「新潮」)
・三木三奈「アキちゃん」(文學界新人賞
・「DEBACLE PATH」Vol.2「ハードコア・パンクと学術」およびジェフ・エヴァンズ「パンクは常に、「学校」だった」、マックス・ウォード「パワーバイオレンスから思想犯罪まで」(ともに鈴木智士訳)
・「思想」二〇二〇年四月号の「フェミニズムⅡ ――労働/国家――」および申琪榮「「慰安婦」問題の超国家性と記憶の「グローカル」化」、髙良沙哉「日本軍「慰安婦」問題と沖縄基地問題の接点」
・「季報 唯物論研究」第一五〇号で組まれた特集「アクセル・ホネットと現代社会理論」および長澤麻子「ロマン派の布石――神聖なるものから承認の闘争へ」
藤原龍一郎歌集『202X』(六花書院)

 その他、トールキンホビットの冒険』等にも言及しています。


 「図書新聞」はコンビニのマルチコピー機でも買えます。

e-shinbun.net

 また、「図書新聞」のバックナンバー無料公開が期間延長になりました(5月末日まで)

id:tosho
パスワード:0123

 こちらで全記事が電子にて読めます。岡和田晃の書評、時評、被書評はこちらのとおり。凄い数ありますね。

オリジナル・ゲームポエム『プレイヤー罵倒』が公開になりました

 noteで、2019年10月に開発したオリジナル・ゲームポエム『プレイヤー罵倒』を発表しました。ペーター・ハントケ「観客罵倒」から着想したナラティヴ・ゲームで、テストプレイを経て、うまく回ることは確認済です。ゲームポエムについては、「現代詩手帖」2019年12月号の「現代詩よ、大いに遊べ!」をご参照ください。

 何をするのか? スキャンダルを逆用し、のし上がろうとする俳優、劇作家、劇場支配人を演じます。……つまり、タイトル、正確には「プレイヤー・キャラクター罵倒」なんです。とびきりゲスなキャラクターを作って、参加者に罵倒されればされるほど、「悪名点」を獲得でき、勝利へと近づけますが、罵倒された内容はそのまま事実になります。うっかり間違って、プレイヤー本人を罵倒したらチョンボという仕組みです。

 本来ならばコンポーネントを練ってからの公開とすべきでしょうが、ウイルス禍で先が見えないため、『プレイヤー罵倒』については、今後も大きく変わらないだろう骨組みを公開しました。これだけでも充分に機能します。

 安全性を高めるため、基本ルールは100円(noteの最低価格)を支払った方のみが閲覧できる仕組みになっています。

note.com

 ユーザーサポートの一環として、プレイリポートおよびキャラクターシートを公開しました。こちらは無料で閲覧することができます。

note.com

note.com

  プレイしたことのある方、ルールを読んだことのある方の声です。