はじめに

f:id:Thorn:20210327184755p:plain
f:id:Thorn:20210311212836p:plain

※蔵原大さんの遺稿追悼文集をこちらで無償頒布中です。

・自己紹介 
・Twilog
・訂正記事 ・反論記事

単著ほか最近の仕事

※編著『現代北海道文学論』が発売になりました。『北の想像力』の姉妹編です。
※翻訳「怪奇の国のアリス」、「怪奇の国!」、創作「天空の国のアリス」、コミック原案「はじめての怪奇の国のアリス」が収録されています。
※翻訳「コッロールの恐怖」、「ヴァンパイアの地下堂」が収録されています。
※最新の評論『反ヘイト・反新自由主義の批評精神』が出ました。2008年から18年まで書いてきた、「純文学」とポストコロニアルなテーマを精選した批評集です。
ホビージャパン ウォーハンマーRPG ルールブック TRPG

ホビージャパン ウォーハンマーRPG ルールブック TRPG

  • 発売日: 2020/10/02
  • メディア: おもちゃ&ホビー
※『ウォーハンマーRPG ルールブック』が発売されました。第4版でオールド・ワールドの冒険を堪能しましょう。岡和田晃は翻訳チームに参加しています。
幻想と怪奇の英文学IV――変幻自在編

幻想と怪奇の英文学IV――変幻自在編

  • 発売日: 2020/09/10
  • メディア: 単行本
※論考「E・F・ベンスン、拡散と転覆のオブセッション――「塔の中の部屋」と「アムワース夫人」を中心に」を寄稿しています。
〈戦後文学〉の現在形

〈戦後文学〉の現在形

  • 発売日: 2020/10/23
  • メディア: 単行本
※論考「津島佑子 作家の芯にある「夢」で差別という「陵辱」を退ける」、「コラム 震災と文学」を寄稿しています。
エクリプス・フェイズ (Role&Roll RPG)

エクリプス・フェイズ (Role&Roll RPG)

※『エクリプス・フェイズ』日本語版ルールブックが、発売となりました。岡和田晃は翻訳チームに参加しています。日本語版の公式サイトで、サマリー形式の簡易ルール&シナリオ「ヘリオンズ・エッグ」、サンプルキャラクター等を無料でダウンロードできます
※『アゲインスト・ジェノサイド』は初の単著、自信作です。ロールプレイングゲームの可能性を引き出すべくつとめました。
「世界内戦」とわずかな希望〜伊藤計劃・SF・現代文学 (TH Series ADVANCED)

「世界内戦」とわずかな希望〜伊藤計劃・SF・現代文学 (TH Series ADVANCED)

  • 作者:岡和田晃
  • 発売日: 2013/11/06
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
※『「世界内戦」とわずかな希望』は、第二単著です(日本図書館協会選定図書になりました)。詳しくはこちらのエントリをご覧ください。また、収録記事「二十一世紀の実存」に脱落がありますが、版元のサイトで完全版をPDF形式でダウンロードできます。
※『向井豊昭の闘争』は第三単著。未來社のPR誌「未来」の連載を大幅に加筆改稿したもので、書き下ろしの第三章、詳細な作品リストもついています。帯は笙野頼子さん。
向井豊昭傑作集 飛ぶくしゃみ (転換期を読む)

向井豊昭傑作集 飛ぶくしゃみ (転換期を読む)

※『向井豊昭傑作集』は、編集、解説、年譜作成を担当しました(こちらも日本図書館協会選定図書になりました)。
※『北の想像力』は、統括と編集を担当いたしました。特設サイトはこちら! 日本SF大賞最終候補&星雲賞参考候補となりました。
アイヌ民族否定論に抗する

アイヌ民族否定論に抗する

  • 発売日: 2015/01/24
  • メディア: 単行本
アイヌ現代思想史研究者のマーク・ウィンチェスターさんとの共編で、レイシズムヘイトスピーチ歴史修正主義に反対する本を作りました。『アイヌ民族否定論に抗する』です。全国学図書館協議会選定図書となりました。
※『「世界内戦」とわずかな希望』は、第四単著です。2013年から2017年に書いた批評を集成しています。
※J・ピーターズ『ベア・カルトの地下墓地』レベル1を全訳し、レベル2を杉本=ヨハネさんと共同制作しました。
※『ブラマタリの供物』の設定協力と解説を担当いたしました。
※『こころ揺らす』に、岡和田晃のインタビューが掲載されています。
トンネルズ&トロールズ完全版BOOK

トンネルズ&トロールズ完全版BOOK

  • 発売日: 2018/12/23
  • メディア: おもちゃ&ホビー
※『トンネルズ&トロールズ完全版BOOK』に翻訳を担当した『アンクル・アグリーの地下迷宮』が同梱されています。
ナイトランド・クォータリーvol.17 ケルト幻想〜昏い森への誘い〜

ナイトランド・クォータリーvol.17 ケルト幻想〜昏い森への誘い〜

  • 発売日: 2019/06/05
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
ナイトランド・クォータリーvol.18 想像界の生物相

ナイトランド・クォータリーvol.18 想像界の生物相

  • 発売日: 2019/08/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
ナイトランド・クォータリーvol.19 架空幻想都市

ナイトランド・クォータリーvol.19 架空幻想都市

  • 発売日: 2019/12/06
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
ナイトランド・クォータリーvol.20 バベルの図書館

ナイトランド・クォータリーvol.20 バベルの図書館

  • 発売日: 2020/04/02
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
ナイトランド・クォータリーvol.21 空の幻想、蒼の都

ナイトランド・クォータリーvol.21 空の幻想、蒼の都

  • 発売日: 2020/06/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
ナイトランド・クォータリーvol.22 銀幕の怪異、闇夜の歌聲

ナイトランド・クォータリーvol.22 銀幕の怪異、闇夜の歌聲

  • 発売日: 2020/09/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
ナイトランド・クォータリーvol.23 怪談 (KWAIDAN)―Visions of the Supernatural

ナイトランド・クォータリーvol.23 怪談 (KWAIDAN)―Visions of the Supernatural

  • 発売日: 2020/12/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

※「ナイトランド・クォータリー」Vol.16から編集に参画し、Vol.17から編集長になりました。

傭兵剣士 (T&Tアドベンチャー・シリーズ7)

傭兵剣士 (T&Tアドベンチャー・シリーズ7)

※ジェームズ・ウィルソン「傭兵剣士」「青蛙亭ふたたび」の翻訳チェック・多人数シナリオ寄稿、続編の「無敵の万太郎とシックス・パックの珍道中」と「〈黒のモンゴ―〉の塔ふたたび」が掲載されています。心意気としては第六単著のつもりです。
掠れた曙光 (幻視社別冊)

掠れた曙光 (幻視社別冊)

  • 作者:岡和田 晃
  • 発売日: 2019/11/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
※限定部数のみ刊行した第一詩集が、2019年度の茨城文学賞を受けるなど望外の好評を得たため、増刷し商業流通することになりました。

献本について

 このブログやTwitterにて、アトランダムに献本いただいた作品を紹介しています(原則として商業媒体の新作。すべてを紹介できているわけではありません)。文芸時評をやっている関係上、文芸誌の献本については原則、ウェブログでの紹介はいたしません。時評や書評に間に合った場合、そちらに替えることもあります。

「FT新聞」に、『怪奇の国のアリス+怪奇の国!』リプレイ、「ウォーハンマーRPGを愉しもう!」vol.9が掲載

 2021年6月3日の「FT新聞」に、新刊『蝶として死す』が絶好調の児童文学・ミステリ作家の齊藤(羽生)飛鳥さんによる『怪奇の国のアリス』(T&T完全版)の小説リプレイが掲載されております。
 これまでは、Flying to Wake Island 岡和田晃公式サイトに掲載されたものを「FT新聞」に採録していく形をとっていましたが、今回は「FT新聞」が初出で、Analog Game Studiesに採録していくという形をとっております。許諾をいただいた「FT新聞」の水波流編集長、および齊藤(羽生)飛鳥さんに感謝します。

analoggamestudies.seesaa.net

 2021年6月8日の配信の「FT新聞」No.3058に、「『ウォーハンマーRPG』を愉しもう!」Vol.9が掲載されました。今回は『ウォーハンマーRPG』第4版におけるワープストーンの扱いから、第2版の『スケイブンの書』やクラストパンク・バンドSkavenの紹介までを扱っています。『ルーンクエスト』の『トロウルパック』の話も出てきますよ!

analoggamestudies.seesaa.net

 2021年6月13日配信の「FT新聞」No.3063に、作家の齊藤(羽生)飛鳥さんによる「怪奇の国!」(『怪奇の国のアリス』所収)のリプレイ小説が掲載されました。1977年の古典シナリオを「徹夜本」として楽しんでいただいた、そのプロセスが追体験できます。

analoggamestudies.seesaa.net

 

「ナイトランド・クォータリーvol.25 メメント・モリ〈死を想え〉〜病疾(えやみ)に蠢く死の舞踏」が6月18日頃発売

 僭越ながら私が編集長をつとめております「ナイトランド・クォータリーvol.25 メメント・モリ〈死を想え〉〜病疾(えやみ)に蠢く死の舞踏」、告知出ました。「死の舞踊」をテーマにした翻訳・小説・批評をお届けします。

ナイトランド・クォータリーvol.25 メメント・モリ〈死を想え〉〜病疾(えやみ)に蠢く死の舞踏 2021/6/18ごろ店頭へ! - アトリエサード Atelier Third

 

テキストの画像のようです

 

 幻視者のためのホラー&ダーク・ファンタジー専門誌《ナイトランド・クォータリー》。vol.25の特集は「メメント・モリ〈死を想え〉」。

 踊るように生きる人生で、踊るように死んでいく――
 死ほどリアルな幻想体験を予感させる概念はないだろう。
 メメント・モリ――死を想え
 死を想うことで、生を見つめる、作品たち。(いわためぐみ)

 小説は、T・F・ポウイスヨハネス・イルマリ・アウエルバッハ、ヤン・ゲルハルト・トーンデル、アラン・バクスター、モーラ・マクヒュー、カリーナ・ビセット、吉田親司高原英理、伊野隆之。
 また、大和田始インタビューをはじめ、
 エッセイ、ブックガイドなども読み応えたっぷりです!
=========
■主な内容
=========
【Story】
■T・F・ポウイス「鍋と布巾」/訳:岡和田晃
ヨハネス・イルマリ・アウエルバッハ「自殺競技会」/訳:垂野創一郎
■ヤン・ゲルハルト・トーンデル「蜘蛛」/訳:渡辺健一郎
■アラン・バクスター「王の和睦」/訳:待兼音二郎
■モーラ・マクヒュー「闇の芯にまばゆい灯り」/訳:待兼音二郎
■カリーナ・ビセット「毒気を抱きしめて」/訳:徳岡正肇
吉田親司「ワールシュタットZ」
高原英理「〈精霊語彙集〉目醒める少し前の足音」
■伊野隆之「月影のディスタンス」
【Interview】
大和田始インタビュー――静かなラディカリズムを翻訳や批評に活かして/聞き手=岡和田晃・岩田恵/構成=岡和田晃
【Essay】
■死を想う/いわためぐみ
■死の世界から湧き上がる異形の生命力――二階健/沙月樹京
■『Tokyo Butoh Circus 2021』10組の舞踏家による競演、〈スペクタクルとしての舞踏〉/いわためぐみ
■魔女たちの終わらぬ舞踏/鈴木一也
■「死の舞踊」と恐怖をめぐる解釈学――ペトラルカから「ウィアード・テールズ」、T・Fポウイス藤枝静男の照応まで/岡和田晃
■死を想い死を描く夢を見る/深泰勉
■エロティシズムと内宇宙が、「未来学」批判で響き合う!――「NW-SF」と「血と薔薇」/岡和田晃
■墓場から帰ってきた兄貴! ハリウッドを凌駕するハイチのリアル・ゾンビ奇譚/丸屋九兵衛
■死者を黄泉がえらせる「反魂の術」――ユニヴァーサル/アミカスの映画から西行の“人造人間”まで/浅尾典彦(夢人塔)
■命がけの音楽――ヨーロッパ近代音楽にみる「死と生命の舞踏」いくつか/白沢達生
■海の向こうの気になる本・気になる人――イギリス編〜コニイとワトソン〜イギリスSFの異色作二編に注目/安田均
■「SF宝石」とその時代 ――〈海外作家現地取材シリーズ〉を概観する/岡和田晃
■『女王陛下のユリシーズ号』がやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!/待兼音二郎
【Serial】
■〈覚えておいて欲しいこと〉第三回/井村君江
  イエイツの墓碑銘――馬に乗る人、空駆ける者――
  『ローマの休日』とキーツ――スぺイン広場の階段――
【Book guide】
マルチリンガル幻想文学がさまざまな層の怪異へと波紋を広げる/岡和田晃
■表紙/二階健
―――――――――――――

 

 

「図書新聞」2021年6月12日号に、「〈世界内戦〉下の文芸時評 第七六回 ガザ空爆が示す非-人間化のメカニズムに私たちは巻き込まれている」が掲載

 発売中の「図書新聞」2021年6月12日号に、「〈世界内戦〉下の文芸時評 第七六回 ガザ空爆が示す非-人間化のメカニズムに私たちは巻き込まれている」が掲載されました。
 今回は、岡真理『ガザに地下鉄が走る日』(みすず書房)を参照しながら、殺していい相手を矮小化するメカニズムと、安全地帯に居直る姿勢を徹底批判しています。関連し、ジャン・ジュネやレイチェル・コリー(山田和子訳)も紹介いたしました。
 次いで、以下の作品に言及しています。
 ・ロベール・パンジェ『パッサカリア』(堀千晶訳、水声社
ジャン=フィリップ・トゥーサン「風景の消滅」(野崎歓訳、「すばる」)
・塚本昌則「メランコリーの織物――〈写真小説〉論にむけて」(「思想」2021年5月号)
・石沢麻衣「貝に続く場所にて」(群像新人文学賞当選作)
・吉田恭子「ジャックと梟」(「三田文學」)
・ジェイムズ・M・ケイン『ミルドレッド・ピアース――未必の故意』(吉田恭子訳、幻戯書房
・勺禰子「瑕持たぬ腹」(「扉のない鍵」)
・橘夏生『歌集 セルロイドの夜』(六花書林
・神品芳夫『木島始論』(土曜美術社出版販売
・伊勢功治『北方の詩人 高島高』(思潮社
・若松伸哉「「孤独(アインザーム)」な交友――太宰治『惜別』と地方文化運動」(「日本近代文学」)
・王坤「現代中国における「天皇」についての認識――『人民日報』(1946~2019年)の論述を中心に」(「アジア社会文化研究」)
 
 その他、アラン・ロブ=グリエ『反復』、クロード・シモン『フランドルへの道』『歴史』、W・G・ゼーバルトアウステルリッツ』『土星の環――イギリス行脚』、ローデンバック『死都ブリュージュ』、アンドレ・ブルトン『ナジャ』等にも言及しています。

『史学研究とゲーム研究の徒・蔵原大ー遺稿と追悼ー』補遺を公開

 このたび、散逸していた蔵原大氏の遺稿を一つ発見しましたので、『史学研究とゲーム研究の徒・蔵原大ー遺稿と追悼ー』の補遺として公開いたしました。Analog Game Studiesのサイトで告知し、BOOTHからもダウンロードできるようにいたしました。 
題して「「現実の戦争」としてのクラウゼヴィッツ宇宙戦争』」。2018年12月5日、岡和田晃東海大学文芸創作学科で開講したSF論のゲスト講師としての特別講演のレジュメとなります。戦略論および構造主義の観点から、『宇宙戦争』を読み解くという試みです。

analoggamestudies.seesaa.net

「SF Prologue Wave」に、「TH(トーキング・ヘッズ叢書)」No.86 不死者たちの憂鬱」および『エクリプス・フェイズ ソースブック サンワード』の紹介が掲載

 「SF Prologue Wave」2021年5月23日号に、「TH(トーキング・ヘッズ叢書)」No.86 不死者たちの憂鬱」の紹介文(高槻真樹)が掲載されました。

sfwj.fanbox.cc

 また、5月30日号に、『エクリプス・フェイズ ソースブック サンワード』の内容紹介(岡和田晃)が掲載されました。

sfwj.fanbox.cc

「TRPGフェスティバルオンライン ~Role&Roll200号記念開催~」内公式イベント『エクリプス・フェイズ』オンラインセッションのゲストGM

 2021年5月29日に開催された、「TRPGフェスティバルオンライン ~Role&Roll200号記念開催~」において、公式イベント『エクリプス・フェイズ』オンラインセッションのゲストGMをしてまいりました。

 拙卓の概要は以下のとおりです。おかげさまで、すぐに定員が埋まりました。

 システム:『エクリプス・フェイズ』
種類:フルセッション
参加費:3300円
プレイ時間:3~4時間
GM岡和田晃
募集人数:2~4人
セッション形態:ボイス付きセッション
使用ツール:「ユドナリウム」+「Discord」
卓の内容:

 ポストヒューマンSF-RPG『エクリプス・フェイズ』を実際にプレイします。
精神がデジタル化し、身体が義体(モーフ)として取替可能になった近未来、宇宙まで進出した人類の危機を救うため、プレイヤー・キャラクターは、ファイアウォールという秘密結社の一員(センティネル)となり、数々の冒険をこなします。
 今回は「Role&Roll」Vol.198に掲載された「木星外交官アンジェリカの亡命」をプレイします。既読の方の参加はご遠慮ください。
 「木星共和国の女性外交官が亡命を願い出ている。それも単なる亡命ではなく、残した家族に危害が及ばないように、犯罪組織ナイン・ライヴズの下部グループによる拉致を偽装してほしいというのだ。この困難な任務を、君たちセンティネルは成し遂げられるのか?」
 『エクリプス・フェイズ』初心者大歓迎です。SFやTRPGについて、詳しくなくても、問題ありません。
 時間が余ったら、参加者と相談して2本目のシナリオをプレイするかもしれません(「Role&Roll」Vol.92以降に掲載のものからセレクトします)。
Discordチャンネル:公開チャンネル
見学・視聴:不可

 

 当日の雰囲気はこんな具合です。参加された方々の感想ツィートもご紹介。