はじめに

※蔵原大さんの遺稿追悼文集をこちらで無償頒布中です。・自己紹介 ・Twilog ・訂正記事 単著ほか最近の仕事 現代北海道文学論―来るべき「惑星思考(プラネタリティ)」に向けて藤田印刷エクセレントブックスAmazon※編著『現代北海道文学論』が発売になりました…

『サロメ幻想〜ワイルド、ビアズリーから現代作家まで』刊行

お手伝いした『サロメ幻想〜ワイルド、ビアズリーから現代作家まで』(アトリエサード)が出ました。「ナイトランド・クォータリー」Vol.29とセットでお愉しみください。 「サロメ幻想〜ワイルド、ビアズリーから現代作家まで」 2022/8/30ごろ店頭へ! - ア…

「Role&Roll」Vol.215に、戦鎚傭兵団の中世“非”幻想事典」の第七十回、「奇跡に満ちた、血で血を洗う宗教国家――オットー朝東フランク王国」が掲載

「Role&Roll」Vol.215に、戦鎚傭兵団の中世“非”幻想事典」の第七十回、「奇跡に満ちた、血で血を洗う宗教国家――オットー朝東フランク王国」が掲載。メールゼブルク司教ティートマルの『年代記』、オットー朝の始祖ハインリヒ1世、息子のオットー1世、オットー…

「図書新聞」2022年9月24日号に、「〈世界内戦〉下の文芸時評 第九一回 「国葬」の動因となる日本的抒情にこそ「否」を突きつけよ!」が掲載

発売中の「図書新聞」2022年9月24日号に、「〈世界内戦〉下の文芸時評 第九一回 「国葬」の動因となる日本的抒情にこそ「否」を突きつけよ!」が掲載されています。「国葬」なる馬鹿げた企てに断固として「否」をつきつけつつ、以下の作品を取り上げています。 ・…

「21世紀文学 旭川の文学者たちⅠ」の様子を紹介

3年ぶりに帰省して、旭川文学資料館の展示「21世紀文学 旭川の文学者たちⅠ」を見て参りました。ここでは光栄なことに、実は、この展示会では私についての展示もあります。好評につき、メガセンタートライアル旭川店および市役所にも拡張される予定とのことで…

2022年9月23日開催、オニオンワークスさん主宰「《じゅまこん2022》~聖珠伝説パールシード30周年!~」にゲストGM

2022年9月23日開催、オニオンワークスさん主宰の「冒険企画局様クラシックTRPGオンリーコン《じゅまこん2022》~聖珠伝説パールシード30周年!~」にて、ゲストGMとして参加いたします。『聖珠伝説パールシード』30周年記念本「魔の謔れ」に寄稿したショート…

「岡和田晃 朗読&講演会 形而上詩からプロレタリア詩まで」開催

8月26日、旭川はれての日本茶CAFE・和風居酒屋WHIZにて、岡和田晃の朗読&講演会を開催いただきました。 柴田望さん、木暮純さんら「フラジャイル」の皆さんのご尽力で実現しました。改めてお礼申し上げます。内容は全編動画で上がっており、林美脉子さん…

「読書人」2022年9月2日号に、島村一平『憑依と抵抗 現代モンゴルにおける宗教とナショナリズム』(晶文社)の書評が掲載

「読書人」最新2022年9月2日号に、島村一平『憑依と抵抗 現代モンゴルにおける宗教とナショナリズム』(晶文社)の書評「歴史の再考へ――シャーマニズムとヒップホップ」が掲載。インド出身のメタルバンドBLOODYWOODの話題や、アイヌ民族衣装を「コスプレ」と非…

共同通信より、小川哲『地図と拳』(集英社)の書評が配信

共同通信配信記事として、小川哲『地図と拳』(集英社)の書評を書きました。「北日本新聞」2022年8月20日号、「高知新聞」8月20日号、「琉球新報」8月21日号への掲載が確認できております。同書と併読をおすすめしたいのが、西田勝『「満洲文学」の発掘』(…

「図書新聞」2022年9月3日号にスタニスワフ・レム著・後藤正子訳『マゼラン雲』(国書刊行会)の書評が掲載

「図書新聞」2022年9月3日号に、「ユートピアという統制的理念をリアリズムで示す二十世紀SFの古典 レム自身が再刊や翻訳を拒絶してきた問題作がついに日本語で読める」と題した、スタニスワフ・レム著・後藤正子訳『マゼラン雲』(国書刊行会)の書評が掲…

KOTOBA SLAM JAPAN北海道大会2022で準優勝

8月14日に開催された北海道の詩の朗読大会で準優勝いたしました。 初出場・リモート参加のKOTOBA SLAM JAPAN北海道大会2022、終了。準優勝でした。ご清聴感謝します。予選で朗読した「我らは自分たちの共感、良心を利用されている」(47:00~)、決勝で読ん…

「図書新聞」2022年8月13日号に、『眠れぬ夜と息つけぬ昼』の書評(中村俊也)が掲載

発売中の「図書新聞」2022年8月13日号で、中村俊也さんに『眠れぬ夜と息つけぬ昼』(ホビージャパン)を書評していただきました。これが物凄いクオリティで、なぜ本作が複数プロットなのか、「劇」を強く志向する本作が「シナリオ」形式を取る意味は何か、シェ…

8月26日、旭川で朗読&講演会

「フラジャイル」の皆さまのご厚意で、旭川でイベントをやります。すでに定員に達しましたが、後日配信されますので、その際には何卒よろしくお願い申し上げます。

「壘」13号に、新作詩「匂いとともに棘で刺す――風刺詩人・小熊秀雄に」が掲載

「壘」13号(2022年7月15日号)に、新作詩「匂いとともに棘で刺す――風刺詩人・小熊秀雄に」が掲載されています。本作は長めの作品ですが、あえて無料公開いたします。昨今の状況に鑑み、著者名表記・改変禁止は前提としつつ、自由にお読みいただければ幸いで…

「潮流詩派」270に新作詩「タコの阿Qよ井上伝蔵よ」と「石毛拓郎論」が掲載

「潮流詩派」270(潮流出版社、2022.7)が刊行されました。石毛拓郎へのオマージュを含んだ新作詩「タコの阿Qよ井上伝蔵よ」と、長編批評「秩父困民党と阿Qを結ぶ階級的哄笑から民衆性の新たな弁証へ――石毛拓郎論(前)」が掲載されています。

「TH」No.91に、裸のラリーズ論・『夜のガスパール』論、山野浩一連載、その他レビュー2本が掲載

発売中の「TH(トーキングヘッズ叢書)No.91 夜、来たるもの〜マジカルな時間のはじまり」に、「裸のラリーズという《夜の夢》」、藤元登四郎さんの「『夜のガスパール』の魔法を精神分析する」とコラボした「『夜のガスパール』でのディジョンと音楽」、そし…

「図書新聞」2022年7月30日号に、今年上半期の読書アンケート回答が掲載

発売中「図書新聞」2022年7月30日号に、今年上半期の読書アンケート回答が掲載。他の私の書評で扱っていない以下3作を取り上げました。 ・上田早夕里『獣たちの海』(ハヤカワ文庫JA)・李良枝『ことばの杖 李良枝エッセイ集』(新泉社)・駒井一慶『ふぞろ…

「Role&Roll」Vol.213に、戦鎚傭兵団の中世“非”幻想事典」第六十九回「異教徒支配下での出世の階段? それとも血税? バルカンのデヴシルメ制度」が掲載

発売中の「Role&Roll」Vol.213に、戦鎚傭兵団の中世“非”幻想事典」第六十九回「異教徒支配下での出世の階段? それとも血税? バルカンのデヴシルメ制度」が掲載されています。イェニチェリ、イヴォ・アンドリッチ『ドリナの橋』、ヤーノシュ等3人のバルカンで…

「小熊秀雄協会 会報」二五号(二〇二二年六月三〇日)に、「「美しい日本語」を揺るがすこと――小熊秀雄・向井豊昭・江口カナメ」を寄稿

「小熊秀雄協会 会報」二五号(二〇二二年六月三〇日)に、「「美しい日本語」を揺るがすこと――小熊秀雄・向井豊昭・江口カナメ」を寄稿。小熊秀雄の研究史における特異点としての「飛ぶくしゃみ」(向井豊昭)と向井「怪道をゆく」を繋ぐ新発見に、最新の小熊…

『T&Tビギナーズバンドル 魔術師の島』が発売

『トンネルズ&トロールズ完全版』の新作、『T&Tビギナーズバンドル 魔術師の島』(グループSNE/新紀元社)が発売されました。 唯一無二の雰囲気を醸したゴシックファンタジーRPGが単体で楽しめます。入門用の『ビギナーズバンドル』と、『魔術師の島』がシ…

「図書新聞」2022年7月16日号に、「〈世界内戦〉下の文芸時評 第八九回 文壇政治と差別の野合を繰り返さず、多角的かつ開かれたナラティヴを!」が掲載

発売中の「図書新聞」2022年7月16日号に、「〈世界内戦〉下の文芸時評 第八九回 文壇政治と差別の野合を繰り返さず、多角的かつ開かれたナラティヴを!」が掲載されています。 今回は第六回芝不器男俳句新人賞で特別選考委員が起こした差別事件を批判し、そ…

旭川文学資料館で「21世紀文学 旭川の文学者たち 1」が開催

2022年7月6日から10月22日まで、旭川常盤公園の常磐館(ロータリーのすぐそば)内にある、旭川文学資料館で「21世紀文学 旭川の文学者たち 1」が開催されます。「現在進行形で活躍している、旭川ゆかりの文学者たちの著書、自筆原稿、下書きメモ、写真など…

「ナイトランド・クォータリー・タイムス」Issue14発行

「ナイトランド・クォータリーVol.29 サロメ、無垢なる誘惑者の幻想」の見本が到着。版元サイトから申し込まれた定期購読者には内容みっちりの特典ペーパー「ナイトランド・クォータリー・タイムス」Issue14が同梱されます。 まず1面は「詩人トム・ディッシュと…

「ナイトランド・クォータリーvol.29 サロメ、無垢なる誘惑者の幻想」が発売

僭越ながら私が編集長をしております「ナイトランド・クォータリーvol.29 サロメ、無垢なる誘惑者の幻想」が、2022/6/29頃に発売。サロメとファム・ファタル表象を軸に、幻想文学とセクシュアリティを問い直す試みです。 幻視者のためのホラー&ダーク・ファ…

『エクリプス・フェイズ』基本ルールブックが増刷

『エクリプス・フェイズ』基本ルールブックが増刷され、すでにショップには出回っています。ISBNは同じですが、こちらで発見した&ユーザーの方々ご指摘のエラッタを可能な限り反映した実質的な改訂版です。すでにお持ちの方にも有用かと! 見分け方は、表紙…

「白亜紀」163号に、新作の現代詩「惨ましい呻きの架けた虹」が掲載

形而上詩誌「白亜紀」163号に、新作の現代詩「惨ましい呻きの架けた虹」が掲載されました。パーシー・ビッシ・シェリー『鎖を解かれたプロメテウス』への応答作です。

2022年6月26日(日)14:00より、朗読&講演会「プロレタリア詩再生計画」

2022年6月26日(日)14:00より、茨城詩人会議のお招きで、岡和田晃の朗読&講演会「プロレタリア詩再生計画」を開催します。 場所は茨城県立図書館(最寄り駅:JR水戸駅)3階会議室。参加費用は無料です。 ぜひお越しください。問い合わせは、『茨城現代詩…

「図書新聞」2022年6月18日号に、「〈世界内戦〉下の文芸時評 第八八回 国家や制度のくびきを超えた、存在の様態を示すための文学は奈辺か」が掲載

発売中の「図書新聞」2022年6月18日号に、「〈世界内戦〉下の文芸時評 第八八回 国家や制度のくびきを超えた、存在の様態を示すための文学は奈辺か」が掲載されています。 今回は、知床遊覧船の沈没事故を、地方への「格差」、ロシアと日本の地理的な連続の問題…

TRPGフェスオンライン2022春お疲れ様でした&『エクリプス・フェイズ』基本ルールブック再販

TRPGフェスオンライン2022春、拙卓『エクリプス・フェイズ』セッション「敏腕ネゴシエーターは今日も完璧」にご参加いただいた皆様ありがとうございました。 技能の絡ませ方がクリエィティヴな方が揃い踏み。楽しくセッションをすることができ、GMとしても勉…

「Role&Roll」Vol.211に「戦鎚傭兵団の中世“非”幻想事典」の第68回「古代の神々や遊牧民との狭間で——キエフ・ルーシの宗教」が掲載

発売中の「Role&Roll」Vol.211に、「戦鎚傭兵団の中世“非”幻想事典」の第68回「古代の神々や遊牧民との狭間で——キエフ・ルーシの宗教」が掲載されています。『過ぎし年月の物語(ロシア原初年代記)』や「異教」の神々等を中心に、聖職者による雄弁文学や『イー…