「北海道新聞」2016年3月24日夕刊に「河崎秋子――犠牲の構造を断ち切る」(岡和田晃)が掲載されました。

 日本SF大賞最終候補作となり、星雲賞参考候補作にもなった『北の想像力』ですが、そのコンセプトを受け継いだ連載を「北海道新聞」夕刊で月1回のリレー連載という形にて展開開始しています(2015年4月21日の「北海道新聞」夕刊より)。「現代北海道文学論 「北の想像力」の可能性」と題し、「北海道文学」の特質や可能性を新たな視点で捉え直すという連載です。
 第12回は岡和田晃「河崎秋子――犠牲の構造を断ち切る」と題し、三浦綾子文学賞受賞作『颶風の王』を中心に論じています(2015年3月24日夕刊)。「北海道文学」の文脈を意識しつつ、連載一周年の総括を兼ねた内容になっております。実は『北の想像力』では北海道新聞文学賞佳作「北夷風人」のレビューも掲載されておりますので、あわせてお読みください。


上は北海道新聞文化部の紹介ツィートですが、寿郎社のTwitterでも紹介されていますよ。
北の想像力 《北海道文学》と《北海道SF》をめぐる思索の旅

北の想像力 《北海道文学》と《北海道SF》をめぐる思索の旅

颶風の王

颶風の王


※読者の方よりご提供いただいた写真です。