岡和田晃の第一詩集『掠れた曙光』(幻視社)が刊行されます

 岡和田晃の第一詩集『掠れた曙光』(幻視社、2019年8月刊)の見本が届きました。
 古典文学を下敷きにした形而上詩を中心に、長短様々なスタイルで書かれた現代詩14編を収めています(A5判、124ページ)。

 初版は限定80部のみの発行ですので、ご興味のある方はakiraokawada@gmail.comまでお知らせ下さい(以下は見本の現物をカメラで撮ったものです)。

åçã®èª¬æã¯ããã¾ããã

 収録作は以下の通りです。

イシスのヴェエルをめくって

恍惚のベアータ

倒立するクライスレリアーナ

黄昏の丘へ

掠れた曙光

 

聖女リドヴィナの墓標

大理石像の瘢痕

海賊コンラッドの出奔

黄金の坩堝

 

災厄の阿呆船

 

4 

コンクリート・ポエトリー?

カウンター・カルチャー?

 

【あとがき】

 

これはプロレタリア詩だ!